ゴシップ

専業主婦希望で育児丸投げだったオリラジ中田を180度変えた!豪腕・福田萌のやり方

【この記事のキーワード】
福田萌

お似合いです(画像:福田萌公式ブログより)

 タレントの福田萌(31)が、夫であるオリエンタルラジオ、中田敦彦(34)との間に第二子を妊娠し、性別が男の子であることを11月11日のブログで公表した。

「私自身が弟2人の成長を見てきたこともあり、男の子育児をいつかしてみたいとの思いがあったので、願いが叶い、とっても嬉しいです。ただ、男の子ママのママ友を見てると『た、体力勝負だなぁ~』とも思うので、今から戦々恐々としています(^_^;) これから筋トレかな~?笑」

 現在妊娠7カ月の福田は2013年に、第一子となる長女を出産している。このときの妊娠、出産から長女1歳8カ月頃までの生活を『福田萌のママ1年生日記。』(扶桑社)に記しているが、今回は子育てや夫婦円満のヒントを得るべく、こちらを紐解いていきたい。というのも、長女誕生後の中田はすっかり“育児に一家言あるコメンテーター”然として育児世代向けの番組やイベントに頻出するようになり、良き父親のイメージを身に纏った。だがもともとは「育児は妻丸投げ」だったらしいのだ。

「結婚後は家庭に入ってほしい」と言われていた

 福田は横浜国立大学出身で、中田は慶應義塾大学出身。いわゆる高学歴夫婦だ。出産後にテレビで福田は「子供にも英才教育で学力をつけたい」「私たち夫婦は自分の力で学歴をつかみとってきたという誇りがあります」「勉強は自分が青春を費やしたもの」と、学歴や勉強に費やした日々が現在の自分の糧となっていることを明かし、炎上したことがある。まあ、このような発言から考えると、子供の教育になみなみならぬ力を入れているのではないか、1歳の時点で長女の習い事をバンバンやっているのではないか……などと思いながらページを繰ってみたが、その本の中では、さほど教育ママの片鱗を見ることはできなかった。それよりも、ブログ記事を抜粋し掲載している『Diary』の章を読むと、長女が予定日より1カ月早く産まれてきたことにより里帰り出産の予定が狂い、慌ただしい育児生活のスタートとなったこと、また中田が仕事で多忙なためほぼ1人で子育てを担ってきたことなどから、戸惑いと苦労を繰り返しながら日々を送っていることが伺えた。

 特に長女が1歳になってからの日々は精神的に苦しいものがあったようだ。完全断乳したという報告の直後の日記にこうある。

「授乳が終わり、肩の荷がどっと下り、蓄積されていたものがボカーンと飛び出し、気づけばアツヒコさんに当たっていました(中略)でも、アツヒコさんは原因をズバッと言い当ててくれました。『これまで、孤独な戦いだったんだね』と。そしたら、涙がポロポロ止まりませんでした。娘はほんとにほんとに可愛いけど、ここまで、ほんとにしんどい、孤独な戦いでした。それを一番近くにいる旦那さんにわかって、ねぎらって欲しかったんだと思います」

 確かに日記には夫である中田がこの時期まで育児に積極的に参加している様子はうかがえなかった。仕事で多忙だったと何度も記載があるため、そうだったのだろう。しかしその後中田は「子育ては24時間子どもの命を守る重大な役割を果たしているのに、誰からも褒められない、頑張りは昇華されない、孤独な仕事だと思う。だから子育ては仕事よりも大変だと思う」と伝えてきたのだという。そして、すぐに仕事を調整し週1で休みを取ることにした。ここで中田が「俺だって仕事で休みなくて大変なんだよ」と溜息をつくような反応をしなかったからこそ、第二子妊娠に至ったのではないだろうか。そして中田が育児を自分事として捉える姿勢を示したからこそ、福田は中田を“父親になる”よう“育てた”。

1 2 3

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

福田萌のママ1年生日記。