ゴシップ

「やっぱり女は夫を立てないと」? 蓮舫の『金スマ』恐妻家アピールをどう捉えるか

【この記事のキーワード】
蓮舫公式twitterより

蓮舫公式twitterより

 民進党の蓮舫代表(48)が、18日放送の『金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)に出演、自宅にテレビカメラを招き入れ、家族を公開した。蓮舫は元タレントであり、スタジオには1980年代後半~90年代の同時期に若手タレントとして活躍した仲間としてRIKACOがゲストで招かれた。二重国籍問題を追及された“渦中のオンナ”蓮舫に対する世間のイメージを、番組では「キツそう」「恐そう」「家庭のイメージがない」「プライベートが見えない」等とパネルにまとめて紹介。そこで自宅にカメラが初潜入、そのプライベートを明かし、イメージアップを図る企画……と思われた。

 だが、放送内容がむしろイメージダウンにつながってしまったかもしれない。結果的に彼女の「キツそう」「恐そう」の面がクローズアップされるばかりで、Web上でも「これで好感度が上がると思ったのか?」と計算違いを指摘する批判が多数上がっている。どのような内容だったか。

 目黒区に立つ一戸建ての豪邸が蓮舫の自宅。庭にも草木が生い茂る邸宅はそもそも蓮舫の実家であり、彼女の母親と夫、よく吠える愛犬たちや愛猫と暮らしている。19歳の娘と息子(双子)は海外留学中だというが、この二日前から、ニュージーランドの高校に通う娘が日本の大学受験のために帰国していた。

 結婚生活24年めだという夫婦の寝室にはベッドがふたつ、離して置かれていた。レポーター役の男性アナウンサーに「別々に寝るんですか? 旦那さんと」と質問され、「もちろんです」。

アナ「たまに、一緒に寝たいなあというときはどちらかのベッドに?」
蓮「ない。ない」
アナ「甘えたいときとか?」
蓮「ないですね。その気持ちがないですね、感情として」

 といった具合で、番組冒頭で示した“世間のイメージ”を裏切るどころか強固にするスタートを切った。「仮面夫婦なのではという疑惑はさておき…」とナレーションが入る。ここで早速登場した娘・翠蘭さんは1000年に一度のフレーズでお馴染み・橋本環奈にも似たアイドル並の可愛らしさ。彼氏の存在や、恵比寿の庶民的な居酒屋でのアルバイト経験なども明かしていたが、プライベートを追うストーカーが出没しないか心配になるほどだ。

1 2 3

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

「恐妻家」が成功する22の法則