インタビュー

コンビニがスーパーよりも高いのは、消費者のせい!? 大量廃棄される食品を減らすには

【この記事のキーワード】
『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)

『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』(幻冬舎新書)

賞味期限が1日過ぎたこの卵どうしよう……。冷蔵庫の前で考え込んでしまったことはありませんか。賞味期限を厳密に守りすぎるその姿勢が、家庭や企業での食品ロスにつながっていると『賞味期限のウソ』(幻冬舎新書)著者である井出留美さんは指摘します。なぜ、まだ食べられる食品が大量に廃棄されてしまうのでしょうか?

賞味期限は意外とアバウト!?

――『賞味期限のウソ』は、衝撃的なタイトルですね。まず、よく聞きはするけれど、意外とわかっていない「消費期限」と「賞味期限」の違いを教えてください。

井出 「しょうひきげん」と「しょうみきげん」ひらがなで書くと、一文字しか変わらないので、わかりづらいですよね。消費期限は食べても安全な期限、賞味期限はおいしく食べられる期限です。消費期限は日持ちしない惣菜などに、賞味期限は5日以上の日持ちがするレトルト食品や缶詰などにつけられます。

出典:農林水産省

出典:農林水産省

――消費期限と賞味期限はどれくらい過ぎてもよいのでしょうか。

井出 「消費期限」が表示されたものは、日付を過ぎると急激に品質が劣化します。表示された日付を守ってください。特に注意するのは生ものです。魚や肉といったタンパク質は食中毒になりやすいので、生で食べるときは注意が必要です。

「賞味期限」はかなり短めに設定されているので、物にもよりますが、1日や2日過ぎても食べることができます。たとえば、日本の卵の賞味期限は夏場に生で食べることを前提に設定されていて、パック後2週間ほどの期間で設定されています。しかし、気温が10度程度と低い冬場であれば、産卵から57日、だいたい2カ月弱は本来なら生で食べられます。仮にそれを過ぎていても、加熱調理すれば十分に食べることができます。

ほかの商品の賞味期限も2割ほど日数が少なめに設定されているケースが多いです。メーカーからしてみると、自分の手を離れた後の温度管理に責任はもてませんので、どうしても短めに設定せざるを得ないのです。ですから、賞味期限はあくまでもアバウトな目安として考えていただければと思います。賞味期限を1日過ぎてもすぐ捨てる必要はありませんし、品質も大きく変わることはありません。

――賞味期限はかなり早めに設定されているので、厳密に気にする必要はないと。

井出 中には少し寝かしたほうがいい食品もあります。たとえば缶詰は長期保存を見越して、ある程度日数が経過したほうが、味がしみて美味しくなるようにつくられているのです。

とはいえ、保存状態が悪いときもありますから、においをかぎ、目で見るなど、まずは五感で確かめてから食べることをおススメします。

――冷蔵庫できちんと保存されていて賞味期限が1日過ぎたものと、直射日光にずっと当たっていた賞味期限内のもの。たしかに、前者の方が圧倒的に安全でしょうね。

井出 賞味期限内だからといって、リスクがゼロであることはありえません。賞味期限はあくまでも目安ですので、最終的には自分で判断する必要があります。

野菜や果物、自分で料理したものであれば、においをかいだりしながら、自分で判断して食べたり飲んだりしていますよね。でも、企業が工場生産したものになると、とたんに「人任せ」になって、賞味期限を信じ込んでいる現状があると思います。

1 2 3

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか (幻冬舎新書)