連載

上手くないけど愛おしい! 「内気男子×活発女子モノAV」のポイントは“ぎこちなさ”

【この記事のキーワード】

getuona_top

初めて観たAVのことを覚えていますか? アラレはまったく覚えていません(笑)。今まで食べたパンの枚数を覚えていないように、今まで観たAVの数も覚えていません。でも、初めて自分で購入したAVのことは今でも覚えています。

購入と言っても、アラレの場合はDVDではなく、オンラインで動画を視聴するタイプのものでした。まだピチピチ20代の頃の話です。いつものように男性向け無料アダルト動画サイトをパトロールしていると、非常に気になるタイトルとサムネを見つけました。しかし、その動画は無料ではなく、クリックすると購入ページに飛ばされる広告のようなものだったんです。そして、気づいた時には16桁のクレジットカード番号を入力し、購入ボタンを押していました。今回は、アラレが初めて購入したAVについてご紹介したいと思います。

タイトルが長すぎる、でお馴染みの『Hunter』

気弱な僕はAVを見たがるクラスの女子が家に無理矢理来ても断れない…。しかもAVを見てHな気持ちになった女子が、僕の股間を触ってきても何も言えない。そう僕は彼氏ではなく、その場でヤラれるだけの男子。』

『気弱な僕はAVを見たがるクラスの女子が家に無理矢理来ても断れない…。しかもAVを見てHな気持ちになった女子が、僕の股間を触ってきても何も言えない。そう僕は彼氏ではなく、その場でヤラれるだけの男子。』

アラレが初めて購入したAVは『Hunter』というメーカーの作品で、イケてる女子学生とイケてない草食系男子の同級生が一緒にAV鑑賞をするというものでした。その名も『気弱な僕はAVを見たがるクラスの女子が家に無理矢理来ても断れない…。しかもAVを見てHな気持ちになった女子が、僕の股間を触ってきても何も言えない。そう僕は彼氏ではなく、その場でヤラれるだけの男子。』。タイトルが98文字もあります。驚くほど長いですよね(笑)。でも、これはまだまだ序の口! 『Hunter』はタイトルの長さに定評のあるメーカーで、なんと200文字超えのタイトルもあるのです!

もはや、タイトルが作品紹介のレベルに達しており、タイトルを読むだけで設定や登場人物のことが丸わかり。視聴するAVを選ぶ時に、とても参考になります(笑)。

1 2 3

アラレ

年間3,650本のAVを観る独身アラサー。東京某区在住。好きな言葉は有給休暇。2014年、日課のオナニー中に「女性向けアダルトサイトの運営」を閃きsugirl(シュガール)を開設。思春期から男性向けAVを観まくっていた経験を活かし、女性も楽しめる動画を厳選して公開中。

sugirl

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

気弱な僕はAVを見たがるクラスの女子が家に無理矢理来ても断れない・・・。しかもAVを見てHな気持ちになった女子が、僕の股間を触ってきても何も言えない。そう僕は彼氏ではなく、その場でヤラれるだけの男子。(ギャル編) DVD