カルチャー

問題は「男なのに、女なのに、ゲイなのに」というレッテルではなくて/『逃げ恥』第8話レビュー

【この記事のキーワード】
nigehaji1130

『逃げるは恥だが役に立つ』公式HPより

 29日放送の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)第8話が、平均視聴率16.1%と自己最高&火曜ドラマ歴代最高記録を獲得しました。「何やってんだ平匡(星野源)!」「急ぎすぎなんだよみくり(新垣結衣)!」「喧嘩しないでぇ~!」と三者三様の意見が飛び交った前回のラスト。ほとんどの視聴者がモヤモヤしながら、じっと放送を待つしかなかった中、27日には日野さん(藤井隆)版の「逃げ恥ダンス」が公開され、そのキレッキレの動きにすべてがどうでもよくなり、安らかな気持ちで火曜日を迎えたのではないでしょうか。しかし、またしても身体の一部が、いや全身が熱くなる神展開だったわけで。

 先週みくりは、平匡さんと二度目のキスをした後に、ハグしながら「いいですよ、私は。平匡さんとならそういうことしても」と伝えたところ全力で拒絶されました。その夜から、何もなかったように過ごそうとするも「あの一言さえ言わなければ、いい雰囲気のまま終われたのに。もっと近づきたいと思って欲をかいてしまって、受け入れられていると思い込んだ自分が痛い女だな」と死にたくなる日々を送っていました。そんな中、容赦なく訪れたハグの日。耐えきれなくなったみくりは「母が骨折して(これは本当)、どうしても帰って来てくれと言うので(これは嘘)、館山に行ってきます。冷蔵庫に食事は入れてあります」という手紙を置いて家を出て行くのです。

 その後の平匡さんの心情は、外でランチ(コンビニのサンドイッチ)を食べている時に母から届いた、赤ちゃんを抱っこした写メと「うちの孫はいつじゃろね~」なんてメールを機にやっと見えてきました。「母さんごめんなさい。あなたの息子は子供を作るどころかハグをしてキスするのがやっと。10歳も年下のみくりさんに付いていけてない。進むべきじゃなかった。みくりさんのように妄想で気を紛らわせたいけど、そんなイマジネーション僕は持ち合わせていません」と。

1 2 3 4

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ザ・ベスト・オブ藤井隆 AUDIO VISUAL