ゴシップ

紗栄子が「モジモジくん」でローション滑り台からケーキにダイブ!長年の夢だった「貴族の遊び」を実行

【この記事のキーワード】
紗栄子

ローションクリームまみれで帰宅したそうです。(紗栄子Instagramより)

 11月16日に30歳をむかえたタレント・紗栄子。誕生日パーティの様子を自身のInstagram(以下インスタ)にアップしたのだが、その内容が大きな話題となっている。

 今回の誕生日は30歳という節目であるためか、所属事務所のマネージャーやスタッフらが「『記念すべき節目のお誕生日、ゲストの皆さんに楽しんでもらえる会にしよう!』ということで、制作会社さんを入れて1ヶ月前から企画制作をしてくれ」たのだという。この投稿から当日の写真や動画が続くのだが、まずはゲストの方々に挨拶がわりにバズーカ砲をお見舞い。ワインやビールと思しき瓶のラベルにも紗栄子。パーティでは友人であり歌手のMINMI(41)による歌のプレゼント。『HENRI CHARPENTIER』からのプレゼントというケーキは巨大なツリー型でその大きさに驚くが、お花の形のケーキが一面に飾られており見た目にも美しい。『アメトーーク!』を模した「サエトーーク」の巨大パネルも設置されている。

 会場は白金台から外苑西通りを進んだところにある「アーフェリーク白金」。プール・庭つきの貸切邸宅で、結婚式場として人気の施設だ。たかが誕生日で、といっては失礼だが、結婚披露宴並みの予算を投じたパーティーだったことは間違いない。実に紗栄子らしい豪華な誕生日パーティである。しかしこの日の目玉はなんといっても、前代未聞の謎イベント、かねてからの紗栄子の夢であったという『モジモジくんコスでローション滑り台からのケーキ突入』だろう。

「お誕生日会を開催するにあたり、マネージャー陣から『なにかやりたいことありますか?』と聞かれました。

 すぐ浮かんだのはただ一つ。

 20代でやり残したこと。 「もじもじくんの格好(キョンキョンみたいに耳出し)で、ローション滑り台でケーキ突入」。

 これ、真剣にやりたかったんです。」

1 2

ブログウォッチャー京子

1970年代生まれのライター。2年前に男児を出産。日課はインスタウォッチ。子供を寝かしつけながらうっかり自分も寝落ちしてしまうため、いつも明け方に目覚めて原稿を書いています。

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ここからは、オトナのはなし