インタビュー

失恋の数だけ資格アリ! お盛んゲスドル考案のベッドインを誘う必勝法「手ックス」とは?/中村愛さんインタビュー【2】

【この記事のキーワード】
nakamura

中村愛ちゃん

ラジオ・テレビ出演やコラム執筆のほか、Youtubeではご自身のチャンネルを毎日更新しています。仕事もプライベートも今が1番充実した生活だと語る、ゲスドル・中村愛さん。30歳を迎えた彼女は、これまでに経験した苦い恋愛をバネに資格取得に励む努力家な一面を垣間見せながらも、男性を落とすためのゲスいテクニックも、今なお考案中のようです。

インタビュー【1】/オマンティス! 放送できないネタが9割のゲスドルの充実生活

資格の数は、別れの数

――中村さんは、付き合っていた彼と別れるたびに資格を取得されているとのことですが……今現在いくつの資格を取得されているんでしょうか。

中村 22個です。

――多いですね……。別れ=資格取得 になったキッカケは何だったのでしょうか。

中村 フラれるたびに毎回、「あ、私……何も残ってない」って思うのは嫌で。フラれて悔しい! 見返してやる! っていう気持ちから、何か資格を取ろうと思って、勉強をはじめました。「別れそうだな、ヤバイな」って危機を感じたら、資格の勉強を始めます。先に保険をかけて「別れても、私には資格が残ってる」っていう思いからでしょうね。

――今まで取得した資格のジャンルは、幅広いですよね。

中村 そうですね。キャンドル職人、トラック運転免許、大型バイクの免許、パソコン系とか。トラックは受かるまでに3回落ちました。でも、私に乗れないものはないって言いたいので、フォークリフトの免許とかタクシードライバーで必要な普通第二種免許も取りたいです。失恋だけじゃなくて、この仕事がダメになっても次の仕事が探せるように、なにか資格を持っていれば役に立つかなっていう考えもあります。なんでも保険をかけておくタイプなんですよね。

――堅実な一面ですね。次に取得を狙っている資格はありますか?

中村 男性との別れとかは関係なく、今勉強しているのは「日本ダイエット健康協会」というところが実施している「ダイエット検定」。10代後半くらいのとき、今から25キロくらい太ってたんですね。そういう私がダイエットインストラクターの資格を取得してダイエット講座をやれたら説得力あるかなって。

10代後半。パーンッ!とした肌質が、若さですね。

10代後半。パーンッ!とした肌質が、若さですね。

――今と全然違う! 若いから顔がパンパンですね。雰囲気も別人ですね。

中村 整形はしてないですよ! ギャル時代があって、その時は痩せていたんですけど、白い肌が流行った時期にいきなり太っちゃって。もともと太りやすい体質なんですよ。私自身は、炭水化物を抜いてダイエットしたんですけど、誰かにアドバイスするなら、ちゃんと健康的なダイエット方法を勉強したいなぁと思って。今は太らないように週1のプールと毎日の体重測定をして体型維持してます。

体重増量前のガングロギャル時代

体重増量前のガングロギャル時代

――仕事の合間に勉強をされてるんですか?

中村 そうですね。移動時間が長い時とか、待ち時間も多いので。もともとボーっとしているのが苦手なタイプなので、資料を持ち歩くようにしてます。あと、スタバで勉強するタイプです。「私、やってるよ!」アピール。携帯ばかり覗いてる女子より、1人で本を読んでいるほうがモテそうじゃないですか? だから、勝手にアピールしてます。声はかけられてないですけど。

――スタバでやるのはモテたいからなんですね。声をかけてほしい、好きな男性のタイプは?

中村 今まで、どちらかというと、ダメ男にハマるタイプでしたね。私が頑張って働きたい性分だからか、自分より稼いでる男性と付き合う機会は少なかったですね。たまに「頑張ってお会計払おうとしてくれてる~!」みたいな人もいたんですけど、付き合うと「あれ? 借金あったの?」みたいな。さすがに借金ある人はイヤだから別れましたけどね。あと、ダメ男っていう括りとは違いますけど、「売れそうなアーティスト」が好きですね。売れるまでが好きなんです、多分。

――発掘するのが好きなんでしょうか。

中村 そう、私が最初に目をつけた! って言いたいのかも。

――今まで資格が22個あるってことは、それくらい別れがあったということじゃないですか。どちらから別れを告げることが多いですか?

中村 ほとんどフラれてますね。1年は続くんですけど、1年経過すると、なぜだか……。

――理由はわからず?

中村 もうね、頭の中で別れの記憶を削除してるんですよ。そして資格の勉強で上書きしているのでね。ちょっと泣いてもいいですか?(笑)。一生懸命思い出してみます……あ、そうだ、喧嘩した流れで、本気では思ってないけど口が滑って「別れよう!」って言っちゃうことってあるじゃないですか。その時に「わかった」って納得されちゃって本当に別れたとか。浮気されたこともありました。あ、忘れもしないNくん!

――Nくんは過去に付き合っていた男性ですか?

中村 半同棲していた彼だったんですけど、ある日家に帰ったら……浮気してたんですよ。

――え? 現場を目撃したんですか?

中村 いや、2人とも部屋にはいなかったんですよ。多分彼女をどこかまで送っていってる間だったんじゃないかな。でも、部屋には2人が飲んだお酒の缶とかそのままになっていて、もうひとつ、使用済みホヤホヤのコンドームもあって……。明らかに事後!

――それで、彼が帰ってきますよね?

中村 私はもちろん感情的になって、「もういいっ! 別れるっ!」って言ったら「うん、そうだね、別れよう」って言われて……。「え? うそでしょー!」って。ここからは情けないんですけど、私のほうが彼のことをすごく好きだったんで、「2番目の女でいいから!」ってすがっちゃったんですよ。

――2番目の女として、関係は続いたんですか。

中村 半年くらい続いたんですけど、だんだん虚しくなって。相談していた友達に「そんなの愛ちゃんじゃない!」って言われて、目が覚めて別れました。そのNくんは、顔がすごい格好良くてタイプだったんですけど、浮気されたショックが大きかったから、次は全くタイプじゃない男性と付き合ったんですよ。でもその人にも浮気されて!! 自分がタイプじゃない相手に浮気された時のショックったら、ないですよ! だから、結局、自分のタイプの人がいいなという結論に至っています。

――ご自身は浮気したことはないんですか?

中村 気付いたら5股かけている時が……ありました。若いときですよ! その中の1人にヤンキーみたいな人がいたんですけど、その人に5股がバレて、ボコボコにされて鼻の骨にヒビが入ったってことがありましたねぇ……今もたまに痛みます。

――埋められなくて良かったです。最近は、普段の生活の中で素敵だなぁ~なんてひと目ぼれしたりは?

中村 あったんですけどねぇ……。私ちょっと変かもしれないんですけど、すごい細かいことが気になって。この前電車に乗っていた時、隣に立ってた人が、私が掴んでいるつり革を間違って掴もうとして手が触れたんですよ。その時にふと顔を見たら、顔がすごいタイプで。そして、降りる駅も偶然一緒で、改札を通る時に私の前だったんです。ときめくじゃないですか? で、ICカードってチャージ残金が表示されて、次通る人にも見えるじゃないですか。その人1000円もなかったんですよね。それで、あぁ残念、って。

――チャージを使わない人(定期通勤)の可能性もありますよね。

中村 あー、うーん。私自身がいつもSuicaに2万円入れて、残り1万円を切ったら再度1万円をチャージするのが当たり前になっているから、チャージ残額が少なすぎるのが気になっちゃうんですよ。あとは、男性と一緒に車に乗ってて、ガソリン入れる時も、レギュラー1000円分とか2000円分とか言うのが理解できなくて。「満タンでいいじゃん! ケチくさいなぁ」と思っちゃうんですよ。本当は、そんなこと気にしないのがイイ女なのかもしれないですけど。

1 2 3

[PR]
[PR]
マジックワールド