ゴシップ

狩野英孝の「川本真琴を100好きだった」に涙の怒りを見せた加藤紗里の被害者ぶりっ子

【この記事のキーワード】
加藤紗里オフィシャルブログより

加藤紗里オフィシャルブログより

 12月8日に放送された『にけつッ!!』(読売テレビ系)に出演した狩野英孝が、今年1月下旬に勃発した川本真琴と加藤紗里の二股騒動についての“真実”を明らかにした。

 狩野は千原ジュニアから「100のうち加藤さんが何パーで、川本さんが何パーだった?」と聞かれると、即答で「川本さんが100ですね」と答え、自身は川本にしか好意がなかったと弁解。、加藤の登場さえなければ今でも川本と付き合っている可能性があったとも言った。さらに「世間から川本が悪く言われることが本当に心が痛かった」「川本とは今でも連絡をとっている」と、加藤とは違って2人の関係は良好であることを覗かせた。

 この放送に怒ったのが、「0パー」と言われた加藤。ブログで「さすがに見て泣いたよね」「まぁもうどうでもいいから別に最近は話してなかったんだけど好きで付き合ったのは事実だし」「別に紗里が好きで好きで付き合ってくれって頼んで付き合ったわけじゃないし」「あれ見て、テレビって言いたい放題言ってもいいんだっ、、、て感心したよーん」と狩野を批判した。

 そして加藤が出演した12日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でもこの話題に。鈴木紗理奈は「私がこれ言われたら(狩野を)殴り飛ばしに行く」と加藤に同情を見せ、加藤が「あの時の好きで付き合っていたのは全部嘘だったの? ってなってすごい悲しくて」と神妙に語ると、ブラックマヨネーズ・吉田も「これ辛いと思いますよ」「川本さん100で、0って。エロ本と同じなんですよ」と加藤に肩入れをしているようだった。まるで加藤が狩野に遊ばれた被害者のようにすら見える展開だ。

1 2

[PR]
[PR]
ふとしたことです