ゴシップ

まさかのおネェ化? 堂本剛の女子力が炸裂

【この記事のキーワード】
堂本剛

お肌つやつや~!これがバスオイル効果か~☆

 TBS系にて毎週土曜日の朝9時半から14時まで、長丁場で生放送されている『王様のブランチ』(以下『ブランチ』)は、毎週新鮮なトレンド情報を視聴者にたっぷり届けてくれている。

 10月26日の放送では、「エンタメTV」というエンタメ情報を発信するコーナーにKinKi KidsがVTR出演していた。1年9カ月ぶりに、両A面シングルの「まだ涙にならない悲しみが/恋は匂へと散りぬるを」(ジャニーズ・エンタテイメント)をリリースしたKinKi Kids。「デビューから33作連続シングルチャート初週第1位」というギネス記録の更新もかかっているその新曲宣伝を兼ねて、同番組から派遣されたブランチリポーター青木英李にインタビューされていた。

 久々にリリースされた新曲について、今の心境を聞かれると「もう、やっと出んのかと思いましたねぇ……」と、ややキレ気味でボヤき始める堂本剛。だいぶ前にレコーディングをしたはずなのに、「なかなかリリースをしないので、このままスタッフが趣味で聞くだけの何かに作ってるのかな? とドキドキしてました」と、剛は心に軽く不信感まで宿してしまう始末だったという。今回めでたく新曲リリースの運びとなり、やっと安心できたようだ。

 一方、相方の堂本光一は、そんな不安はちっとも無かったかのようにゆったりと構えて「(ファンの)みなさまには、お待たせしてしまったのかなと」と、新曲を待ちわびていたファンに対し配慮した穏やかな口調で話していた。

 青木リポーターが新曲のお気に入りフレーズを二人に尋ねると、光一は歌の冒頭にある「合鍵を外すKeyholder」というフレーズを挙げた。その最初の一行からこの曲のストーリーがいろいろと見えて来るということで気に入っているそうだ。

 光一は感慨深げに「合鍵を外す行為って……、外したことありますか?」と逆に青木リポーターに質問し、「あっ……、あるっけな……?」と、うろたえさせていた。動揺している彼女に対し、深くは追求しないと示し合わせたのか大人配慮でスルーしたKinKi Kids。二人の熟年のコンビネーションが実にスマートであった。

“つけもの”はオカズか否か問題

 デビュー前に出会い、もう20年以上も良きパートナーとして濃密な時間を過ごして来た二人。そんな彼らに今回『ブランチ』が用意した企画は、題して「お互いの頭の中を感じ取れ‼ KinKi Kidsテレパシー3」というものであった。

 まずは、光一の「好きなお弁当のおかずベスト3」を剛が予想することに。

予想結果は、
第1位 やき肉、第2位 ハンバーグ、第3位 フカヒレ、となった。

それに対して光一の回答は、
第1位 ウィンナー、第2位 つけもの(!?)、第3位 なんちゃってナポリタン、であった。

 見事に何ひとつかすりもしない二人の回答。すれ違いKids……。そして剛は光一が選んだ第2位の「つけもの」に対して物申さずにはいられなかった。視聴者も同じ気持ちだったであろう。「“つけもの”って、どういうこと?」と、おかず部門に入れるにはどうかと光一のセンスを疑っていた。ところが当の本人である光一は、あっけらかんと「間違いないでしょ?」と動じない様子だった。

 相方のズレたチョイスに「つけもの~? 美味しいし、間違いないけど(今回選ぶのは)“おかず”ですよ!?」と、冷ややかな目でツッコんだ剛は、さらに「もうちょっと前のめりに出てる感じのやつですよ?」と諭すのだった。青木リポーターもさすがに「つけもの」は無いなと思ったのか「ちょっとサブ的なのが(選ばれましたね)……」と、剛に応戦していた。

 剛は「ウィンナーですらサブっぽいですよ!」「ウィンナー弁当って無いでしょ!?」と、“つけもの推し”する光一を説得していたのだが、これが逆に光一の“つけもの愛”に火をつけてしまったようで「(“つけもの”は)間違い無く美味い‼」と、精一杯に豪語するのだった。なんだ、このコンビ……。なぜか“つけもの”でアツくなってるんですけど~。

 結局、オール不正解ということで、一回戦目のテレパシーは大失敗に終わった。名誉挽回になるか、次のお題では剛の「好きな部屋の場所ベスト3」を光一が予想することになった。

予想結果は、
第1位 ソファー、第2位 ベッド、第3位 キッチン、となった。

それに対して剛の回答は、
第1位 リビング、第2位 寝室、第3位 お風呂、であった。

 一回戦目の「好きなお弁当のおかず」とは打って変わり、見事にツートップを順位までズバリ当てることのできた光一だったが、「お風呂の存在忘れてたわ~」と、第3位の答えが当てられなかったことを悔しがっていた。

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

一流の男のボディケア