インタビュー

変わりゆくラブホテルを見つめる、ラブホ評論家というお仕事/日向琴子さんインタビュー

【この記事のキーワード】
日向琴子さん

日向琴子さん

漫画家でありグラビアモデルでありドラマの原作者でもあり、そして「ラブホテル評論家」でもある女性・日向琴子さん。多彩な顔を持つ彼女の好奇心に迫ります。

ラブホテル評論家って、何?

――22歳の時には漫画家としてデビューされていますが、いつから「ラブホテル評論家」という肩書きが加わったんですか?

日向 19歳のときに漫画家になるために上京して、今でいう読者モデルのような仕事も並行していたんですが、当時は「下着や水着の衣装は絶対にイヤ!」と線を引いていたんですね。ところが、28歳くらいでグラビアにスカウトされて「やっぱり若いうちに撮っておこうかな~」と考えが変わって(笑)、夕刊フジのラブホテル紹介コーナーにモデルとして出演することに。ラブホテルの一室で、水着姿の女性の写真を2,3枚撮って掲載するわけなのですが、セクシー女優の方やレースクイーンの方をキャスティングしてはドタキャンされるという非常事態が頻発していて、「こいつなら何年も漫画連載してるし、音信不通になることはないだろう」と私に白羽の矢が立ったんです。

――最初からいきなり評論家を名乗ったわけじゃなくて、あくまでもモデルとしてラブホテルに関わったんですね。

日向 記事を書いていた記者さんが、私の感想やコメントも拾ってくれたりはしましたが、評論なんてとてもとても。その連載に定期出演して1年ほど経ったときに、いくつかの週刊誌から「ラブホテルに詳しい女性なんですよね?」って特集ページなどに呼んでいただいて。「ラブホテル評論家」という肩書を付けてくださったのはライターの山田ゴメスさんです。ある雑誌でゴメスさんが「変り種評論家」という特集記事を書いて私のことを紹介してくださって、それからラジオやテレビでも呼んでもらえるようになって、今に至ります。だから、自分で「ラブホテル評論家」というものになろう、とは思ってなかったですね。

――肩書きが先についてから、ご自身で色々勉強されたということなんですね。

日向 そうですね。もともとラブホテルは好きではあったんですけど(笑)。でも「評論家」としてメディアに呼ばれ出した時に、好きだからそれなりにラブホには行ってはいるけど、周りが驚くほどの回数を行ってるわけでもないし、現場のことなんて全く知らないから評論するほどの自信もないし、ポッと出のワケのわからない女が「ラブホテル評論家」を名乗ってるなんて、きっとラブホテル業界の方たちも面白く思わないだろうという不安もあったんです。だから勉強しましたね。

――実際、業界の方々の反応はいかがでした?

日向 10年前当時、業界ではラブホテルのイメージをよくしたいという動きがすごく強かったのと、「ラブホテルで女子会」を流行らせるべく女性をどう取り込むかということを考えている時期だったんです。その頃、レジャーホテル・ラブホテル検索サイト「ハピホテ(ハッピーホテル)」で連載をスタートさせたタイミングだったので、業界の方々と協力して試行錯誤させていただきました。ハタチくらいの若い女の子ではなく、当時30歳という私の年齢も(それなりに経験を積んでいそう、ということで)ちょうどよかったんだと思うんですけど、ラブホテル業界の方たちも意外とすんなり受け入れてくださったんです。

――ラブホテルについての勉強って、具体的にどういったことをされたんでしょうか。

日向 評論家というからには! と、書籍や参考資料をひもといての勉強はもちろん、経営者の方にお話を伺ったり、「ハピホテ」の取材でお会いしたスタッフさんにお話を聞くようにしたりとか。あと毎年1回、ホテル開発や運営、最新設備機器システムと新サービスの展示会などを行っている「レジャーホテルフェア」というイベントを開催しているんですけど、そこにも顔を出して最新情報を調べたりとかもしてますね。

1 2

奇跡のラブホ活用術―本当に気持ちのいいセックスをするために