ゴシップ

タモリとSMAPの濃密な関係に涙…最後の『SMAP×SMAP』と紅白出場

【この記事のキーワード】
『SMAP×SMAP』公式HPより

『SMAP×SMAP』公式HPより

 SMAP解散まであと10日あまり。冠番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)も、12月26日の特別版放送で最後だ。実質最終回である通常放送がおこなわれた19日の内容は、タモリ(71)をゲストに招いてのビストロSMAPコーナーがメインだった。90分スペシャルでの放送となった19日の平均視聴率は16.3%と発表されたが、近頃は10%台を切る回も多くなっていただけに、この数字は久しぶりに叩き出した高視聴率であり、注目度の高さが伺えるというものだろう。ちなみに瞬間最高視聴率は午後10時56~57分の18.6%で、タモリが草なぎ剛(42)香取慎吾(39)ペアの料理に舌鼓を打ち、タモリのふん装をした香取がデザートの仕上げをするという場面だった。

 筆者はリアルタイムで同番組を見ていたのだが、やはりタモさんがそこにいるというだけで、この日はスタジオの雰囲気が最初から違ったように思えた。とはいっても、タモさんは特に張り切っていたわけでもなんでもない。いつものごとく飄々と、マイペースに振る舞っていただけのように見えた。だが、コーナーを仕切るMC中居正広(44)は明らかにテンション高く楽しそう(まるでタモさんのそばにいられることが嬉しくて仕方がない、というような)に進行していたし、タモさんとお互い“友達”であることを認め特に親交が深い草なぎ、同じく『笑っていいとも!』レギュラーで長年世話になった香取もどこかリラックスした表情で収録に挑んでいるかのようだった。

 番組内では、これまでのタモさんとSMAPメンバーとの共演シーンを集めたVTRが「タモリ&SMAPヒストリー」として流された。15歳当時の中居と木村拓哉(44)が光GENJIと共に(欠席メンバーの代理として)『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)に出演しガチガチに緊張しきっている姿、そして同じく中居と木村が『いいとも』の「テレフォンショッキング」コーナーに初出演した際の姿が、特に筆者には印象深かった。あどけない少年そのものの顔をした二人、まだ幼さの残る屈託のない笑顔で「俺たち、同級生で……」とタモさんに話す木村の楽しげな様子。今年、あらゆるメディアでメンバー間の確執や深い溝を報じられてきた彼らだけに、「あぁ、この頃はまだなんの確執もなかったんだろうな。ふたりで『絶対スターになろうぜ』とか熱く語り合ったりしていたんだろうな」と、不覚にも涙ぐみそうになったほどだ。筆者は特別SMAPを応援してきてはいないし、もちろんファンクラブ会員でもなく、思い入れの強い“推しメン”もいないのに、それでも胸の奥に込み上げるものがあった。30年近くにわたり彼らの成長を近くで見守り続けていたタモさんはこの収録の日、きっと万感の思いがあったことであろう。

1 2 3

SMAP 25 YEARS (初回限定仕様)