ゴシップ

元オリンピック選手・村主章枝の「お金のためにヌードに」発言に疑問

【この記事のキーワード】
村主章枝 インスタグラムより

村主章枝 インスタグラムより

 プロフィギュアスケーターでオリンピックにも2度出場経験のある村主章枝が、ヌード写真に挑戦したことで話題を集めている。その写真集『月光』(講談社)は2017年2月に発売予定で、『週刊現代』(講談社)12月19日発売号では先行で写真が掲載されているのだが、世間からは「一体なぜ?」「そこまでお金ないの?」と疑問の声が。今年の4月にも週刊誌のグラビアでセミヌードを披露していた村主。しかし今回は一切の下着をまとわない全裸ショットも数多く撮り、バストトップも晒しているフルヌードだ。

 12月5日の深夜に放送された『あの天才のその後…今を追跡してみました』(テレビ東京系)にはまるで「すっかり落ちぶれてしまった人」のような扱いで出演。収入について「普通のOLさんよりないと思う」と話し(ちなみに番組によるとOLの給料の平均は276万円とのこと)、ヌードグラビアについても「やるときはやるしかない」「仕事ですから」とお金のためにやったというようなことを匂わせた。

 仕事がないというわけではない。大人向けや子供向けのスケート教室を行っているし、『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)や『アウト×デラックス』(フジテレビ系)などの人気バラエティ番組にもちょくちょく出演、シーズンにはスポーツ新聞などでスケート評論も行っている。『あの天才のその後』では、月の半分以上がホテル暮らしで、食事はコンビニのサラダなどで済ませてしまうという話をしていたが、実際これは、全国各地を転々としてコレオグラファーとしての仕事をしているためである。時には海外遠征もあり、月の半分も家に帰れないほど仕事自体は多く入っているということだ。

1 2

[PR]
[PR]
フィギュア・スケーターズ3 FIGURE SKATERS Vol.3 2017年 02月号