連載

「彼の愛撫ポイントがずれている」という悲劇を防ぐには?

【この記事のキーワード】
Photo by Léonard Porché from Flickr

Photo by Léonard Porché from Flickr

 こんにちは、「ラブリーポップ」のリンと申します。

 このコラムでは、女性専用のアダルトグッズショップ・ラブリーポップでの日常や、女性の性の動向、最近のセックスのトレンドなどを読者の皆様にお伝えしていきます。

 さて今回のテーマは「愛撫のポイント」

 以前、ラブリーポップのWEBサイトで女性300人にアンケートを取りました。

セックスでオーガズムを得られない原因は何だと思いますか?

1位:彼の愛撫のポイントがずれている

2位:相手が(イッてしまうのが)早い

3位:セックスに集中できない

 相手が早いのは仕方がないから、2回連続でやってもらって満足するとか? セックスに集中できないのも、自分の内面や、環境を整えれば解決できそう。テレビをつけっぱなしにしてるとか、ムダ毛の処理が甘かったりとかすると、集中できないものね。

 でも1位の「愛撫のポイントがずれている」、って“ある!ある!”なんだけど、意外に乗り越えるのが難しい壁なんだよね。なんというか、解決策がコメディになりがちな感じ。

 だって、盛り上がっている最中に、
「えっと、2ミリだけ右にずれているの」とか、
「もうちょっと下に下げてもらえると嬉しいです」とか……
 なんとなくだけど、コメディになりがち。

 かといって、メイクラブの最中でないフツーの会話をしているときに、愛撫のポイントを伝えるのってどうしたらいいの?

 図面を書いて見せるとか、自分で触ってみせる?

 他の女性たちは、これってどう解決しているのだろうか? ちょいとネットでリサーチしてみた。そして、愛撫のポイントがズレていることを悩んでいる女子に、成熟している男性たちが回答しているページを見つけました。「この世は捨てたもんじゃない」とホッとしちゃいました。

 それは、「BIGLOBEなんでも相談室」に寄せられた、「9歳年上の彼氏。愛撫の要望を伝えても、いつもほんの少しでワンパターンに戻ってしまう。どう伝えたらいいの?」という女性からのお悩み。 (コチラ)

 そこに寄せられた男性たちからの回答を抜粋します。

■私の場合は、若いときは「挿入」を急ぎました。が、今は余裕?をもって相手を「じらしています?」
■「今のタイミングでコレをして欲しいよ」って言うだけです。
■きっと身構えないで、して欲しいタイミングの時に言えばいいだけだと思います。最初はぎこちないかもしれないけど も、そこは……ソレ慣れってもんです(笑)
■普通、相手の反応を見ながら、男性は愛撫をするものですから(彼は、まだH初級?)女性が求めていることは分かるはずなんですが。
■SEXの最中に言うのはタイミング的に難しいのであれば、始める前や終わった後であればいかがでしょうか?

 なるほどなるほど。こうしたアドバイスを元に、ポイントをまとめてみると、

1:可愛く・肯定的に・口頭で・素直に伝える
(例:「ここの部分をもうちょっと長めに触ってくれるともっと気持ちイイよ」「背中って物すごく感じちゃう」「じらされるのがスキ」)

2:愛撫が気持ち良かったら、「そこ!」と伝えるため、2倍増しで大げさに反応する
(例:身体をのぞける、あえぎ声を我慢せず大きく出す等)

3:セックス以外の時間に、相手のセックスを肯定しながら、何が気持ち良かったか、どうされるのが好きなのかを伝えてみる

 最初にパートナーとのセックスを肯定しつつ、要望を伝えるというのが、ポイントですね。現段階での彼のセックスを「気持ち良くない」とバッサリ否定せず、「今も最高に気持ちいいんだけど、もっと気持ち良くなりたい」というニュアンスで要望を伝えていくのが大切みたい。

 相手のことを否定して、自分の要求だけを伝えても、コミュニケーションはうまくいかないもの。「もっとこうして」という要求を受け入れて頑張ってくれるどころか、お互いにお互いを【全否定】してしまう最悪の展開に陥ることも。ゆっくりでもいいから、相手の様子を見ながら「こういうふうにしてみよう」と伝えて、2人のオリジナルなメイクラブを見つけられたらいいですよね。

■ラブリーポップ http://www.lovelypop.com

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

女を10倍Hにさせる愛撫術 (Oh!BOOK)