ゴシップ

木村拓哉にかかる「高視聴率男」の重圧…20%超が当たり前という高いハードル

【この記事のキーワード】
『A LIFE ~愛しき人~』公式サイトより

『A LIFE ~愛しき人~』公式サイトより

 昨年末をもって、解散したSMAP。SMAPファンは今年からのそれぞれのメンバーの動向が気になるところだが、草なぎ剛と木村拓哉は一足先にドラマ主演が決定。特に木村は、「高視聴率男」としての期待がかかっており、クリアを要求されるハードルが高い。華々しい再スタートを切ることができるのか、注目が集まっている。

 木村が主演を務めるのは、1月15日から放送が開始される予定のTBSドラマ『A LIFE ~愛しき人~』。日曜21時の同局看板枠であり、2桁台の視聴率獲得はマストだ。まだ木村が一度も演じたことのない職業・医師役に挑戦するという触れ込みで、話題性は高い。肝心のストーリーはこうだ。親友の思惑によって居場所を奪われ、恋人を置いて単身アメリカに渡った外科医・沖田一光(木村)。10年後に職人外科医として超一流の腕をもち日本に帰ってきた沖田を待ち受けるのは、元恋人(竹内結子)や自分を追い出した親友(浅野忠信)、そして一癖も二癖もある医師や看護師たちだった……。

 木村の周りを固める役者陣には、竹内や浅野をはじめ、松山ケンイチ、及川光博、木村文乃と実力派が揃った。初回視聴率が二桁を割ることは、まずないだろう。しかし初回の視聴者が二話以降、視聴を続けるかどうかは、どの役者が出演しているかだけに左右されない。また、右肩上がりで20%まで視聴率を上昇させた同局ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のように、評判を呼ぶことで視聴者がどんどん増えていくパターンもある。

 ただ、木村に要求されるのは、及第点の15%でも、好成績と呼べる20%でもなく、「平均20%、最高は30%以上」レベルだというから厳しい。確かに木村といえば「視聴率を持っている男」だった。2000年に今回と同じ枠で放送された『Beautiful Life~ふたりでいた日々~』では、第1話でいきなり視聴率31.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を叩きだし、最終話ではなんと41.3%を記録。この数字は2013年の『半沢直樹』(TBS系)が最終回で42.2%を記録するまで、平成ドラマでトップの記録だった。

1 2

ロングバケーション DVD