インタビュー

女性向け性感マッサージ。キスも挿入もなし、純粋に全身の快楽を提供するその全容とは

【この記事のキーワード】
性感マッサージサービスを提供していたMさん

性感マッサージサービスを提供していたMさん

 女性向けの性風俗は、男性向けのそれと比べて決して多くありません。男性の性欲は「解消すべきもの」と位置付けられてきましたが、女性の性欲はそうではなかったからです。そもそも性風俗利用の目的は性浴の解消に限らず、ユーザー側は癒しや触れ合いも求めています。女性がそうしたものを求めたとき、提供されるサービスが少ないこと、そして一般的でないゆえにグレーゾーンで安心感を伴わないサービスに出くわしてしまう懸念があることは、問題ではないでしょうか。

▼挿入NGのはずが…「女性向け性感マッサージ」で体験した恐怖

 今回、女性ユーザーを対象にした「性感マッサージ」を個人のサービスとして無料で行っていたという男性・Mさんのお話を伺うことができました。本業は会社員で、かつての交際相手の影響で独自サービスを始めたというMさん(38)。ヒャダインこと前山田健一さんに似た、小柄で朗らかな雰囲気を持つ男性です。その目的は何だったのか、サービス内容はどうだったのか、なぜ今は閉じてしまったのか。詳細を探ってみましょう。

元カノ仕込みのエステテクニック

――Mさんが女性を対象にした性的なマッサージサービスを始められたのはいつ頃ですか。

Mさん「5年前ですね。2011年に個人ブログを立ち上げて、メールで受付をしていたんですが、2014年度以降は新規の方は受け付けていないんです」

――そもそも、どうしてそんなサービスを?

Mさん「動機は話すと長いのですが、もともと僕は若い頃にスポーツをしていました。体育系の大学を卒業して、そのままスポーツチームに入って……そういう生活だったので、マッサージといったらゴリゴリ系しか知らなかったわけです。競技を辞めて会社員になった頃に、エステティシャンの女性とお付き合いするようになって、何度かオイルマッサージをしてもらったんですが、『うわあ何だこれ、気持ちいい!』とびっくりしました。女性がエステで受けているマッサージっていうのは、全然ゴリゴリ系じゃなくて、とても心地いいものなんだと知りました」

――痩身エステだとゴリゴリ系もあるかもしれませんけど、リラックス目的のマッサージは本当に至福ですよね~。

Mさん「あまりに気持ちよくて感動でしたね。で、その彼女と付き合っていくうちに、『今度はあなたが私にして』と言われまして、イチからエステマッサージのやり方を指導されたんですね。わたし専属のセラピストに育ちなさい、と(笑)、結構スパルタな感じで仕込まれ、半年くらい経って合格のお墨付きをもらえました。その頃には僕もマッサージするのが楽しくなっていて」

――それは別に性的なマッサージではなく?

Mさん「全然、普通の、オイルを使ってリンパを流すようなマッサージですね。そのうち、彼女が女友達を連れて来たんですよ、『この子にもやってあげて』と。いつの間にか何人も連れてくるようになって、今思えば彼女は友達から金をとってたんじゃないかって気もするんですけど(笑)、ともかくも様々な女性にマッサージをするようになったんですね」

――マッサージが得意な彼氏さん、だったわけですね。

Mさん「何年かしてその彼女とは恋愛関係が終わってお別れしたんですけど、彼女の友達で一度マッサージをしたことのある女の子数人から『疲れた~またやってー』と連絡が来たりしててまだつながっていたんです。それで、不定期にマッサージをしてあげていたら、友達の友達、そのまた友達とクチコミで『無料でオイルマッサージしてくれる人がいるぞ』と広まったようで(苦笑)。普通に考えたら初対面の男と密室で、裸に近い格好でマッサージ受けるなんて女性は嫌だと思うんですけど、“友達の紹介”ということでハードルが下がったんだと思います」

――無料でやっていたということですけど、少額でもお小遣い程度にお金をもらおうと思わなかったですか?

Mさん「全然思わなかったです、そんなプロじゃないんだし、と思って。趣味の延長のような形で。それに、風営法がありますから、法的な許可を得ていない以上、お金をいただいて接客することはしてはいけません」

――Mさんの本業は?

Mさん「本業は普通の会社員ですよ。ただ勤務体系がゆるやかな仕事なので、平日の昼間に請け負うこともありましたね」

――なるほど。では、非・性的なオイルマッサージから、性感マッサージに移行した転機は何だったんでしょうか?

Mさん「それが5年前ですね。友達の友達の知り合い、くらいの関係性の方から、『××さんに聞いたんですけど、マッサージお願いできますか?』とメールをもらって、『いいですよー』と受けて、指定のシティホテルへお伺いしたんですね。それは40代半ばの主婦女性だったんですが、いつもどおり、紙パンツとバスローブに着替えていただいて、うつぶせでベッドに寝てもらって背面のマッサージをしたんです。もうそろそろ終わりだなという頃に、ふっとその人が顔を上げてこちらを振り向いたんですね。あっ、痛かったかなと思って『すみません、痛かったですか?』と聞いたら、『や、そうじゃないんです』と。『今あなたに全身をマッサージしてもらって、感じてます……』とおっしゃったんですね」

――それを言うの、勇気が要ったでしょうね。

Mさん「非常に驚いたのですが、聞くと『ずっと夫とはセックスレスで、このまま女性としての人生を終わらせるのかなとずっとすごく悩んでいた。でも今こうして触られて、濡れている自分がいることに気づいて、正直言ってすごくうれしい』と。えーって思って、一瞬でウワァァァって頭の中でいろいろな考えが巡って……全然そういうつもりでマッサージしてなかったのにそんなことになっちゃったらまずい、いけないことだ、とか。でもその女性が『もしご迷惑でなかったら、もっと直接触っていただけませんか』と真剣だったので、それまで触ることのなかった、体の性的な部分にも触ってさしあげたんですね。そうしたらものすごく喜んでいただけて、帰り際の笑顔がとても綺麗で、僕もうれしい気持ちになったんです」

――全身マッサージでほぐしてもらってからの、性的な満足も得られるって、サービス満点特盛り状態ですもんね。

Mさん「それからいろいろ類似のお仕事があるのか調べていくと、性風俗というかたちでそうしたサービスを運営している業者さんもいくつかあることや、個人で同じようなことをやっている男性が何人かいてブログを開設していることなどを知りまして。僕もブログを立ち上げて、『こういうマッサージを行います』と告知したところ、思った以上に問い合わせがありました。カウントしてないですけど、最終的に、2011~2013年で200件ほどですかね」

1 2 3

ヴェレダ アルニカマッサージオイル 100mL