インタビュー

女子が選ぶ、使えるラブホ・行きたいラブホ! ラブホテル評論家のビッグデータに基づくオススメホテル/日向琴子さんインタビュー

【この記事のキーワード】
日向琴子さん

日向琴子さん

漫画家でありグラビアモデルでありドラマの原作者でもあり、そして「ラブホテル評論家」でもある女性・日向琴子さん。日本に約3万件あるというラブホ事情を知り尽くした日向さんのオススメホテルとは?

前編はコチラ⇒ 変わりゆくラブホテルを見つめる、ラブホ評論家というお仕事/日向琴子さんインタビュー

ラブホ選びの主導権は女性が握っている

――現在、女子会利用でも大人気の一大レジャーホテルといえば、“バリ島旅行気分が味わえる”がウリの「バリアン」ですよね。前に新宿の同ホテルを訪れたとき、ロビーでアメニティを一緒に選んでいるカップルがわんさかいて、オープンな雰囲気に驚いたことがありました。

日向 それがこの10年の変化ですよね。昔はもっと、人目を気にしながらビラビラした暖簾みたいな布を潜って入っていく、っていう感じで、いかがわしい雰囲気があったと思います。今は、女子会も増えてきてたり、ラブホテル=セックスをする場所だけじゃなくなったこともあり、いかがわしさの薄いホテルが増えてきました。

――日向さんは、『奇跡のラブホ活用術―本当に気持ちのいいセックスをするために』(イーグルパブリシング)というハウツー本も発表されています。これまで何軒ほどのラブホテルを訪れましたか?

日向 おおよそ3000軒くらいなんですけど、どんどん自分の持つ情報を更新していかなければいけないので、今年は1年かけて、全国のラブホテルを再訪して見直していこうかなと思っています。毎日は難しいけれど、毎週1回ラブホテルに行けば、1年間で48週だからちょうど47都道府県を回ることができます。

――ラブホ業界も日進月歩なんですね。3000軒見てきた中で、それぞれのラブホテルに特徴があるかと思うのですが、たとえば都会のラブホテルと地方のラブホテルって土地の広さも全然違いますよね。印象深いホテル、あるいはオススメホテルを教えてください。

日向 北海道に印象深いラブホテルがあります。札幌競馬場に隣接する「Blue Hotel OCTA」には、広い窓から競馬を観戦できる、ラブホテルとは思えないお部屋がありました。地域的な特徴として、北海道は白樺の壁紙とか、白を基調としたインテリアが多いように思います。他方、名古屋だとデコトラというかパチンコというか、ギラギラと派手な装飾にこだわるホテルが多く、プールもドーン! コネクティングルーム、ドーン! とゴージャスなホテルが目立ちます。大阪はブランドものでプレミアム感を演出する傾向があり、「GODIVAのアイスあります」とか「ブルガリのアメニティ揃えてます」とか宣伝しがちですね。あ、大阪は休憩が1時間単位であります! フリータイムもありますが、休憩が1時間からあるのは珍しいですよね。

――せっかち!

日向 県民性の違いでしょうか。九州だと性に開放的な土地柄といわれているだけに、「アダルトグッズが充実してます」と大々的にウリにしていたり、ラブホなのにオーシャンビューが楽しめるホテルもありますね。そして、侮れないのは四国! 意外といっては失礼ですが、都会的な感じでオシャレなラブホテルが多いんですよ。オーナーさんも勉強熱心な方が多くて、東京のトレンドをいち早く取り入れていますし、センスの良いホテルが多いです。飲食メニューで面白いのは沖縄。沖縄は肉ブームなので肉推しのホテルも多いですね。

――ラブホで肉推し!?

日向 たとえば、飲んだあとのシメに食べるものの定番って、ラーメンじゃないですか。沖縄では今、シメにステーキを食べるほど、肉がブーム。だからラブホでも肉のメニューが充実しているんです。

――いや、そもそもラブホテルに飲食メニューを用意しているのは、当たり前なんでしょうか。

日向 風俗利用が多いホテルだと、割り切って用意してないところもあります。ラブホテルって、3つの黄金バランスがあるんです。宿泊するカップル、昼間は不倫のカップル、夕方以降のサラリーマンが利用する風俗。この3つのバランスがいいと、1日中稼動する感じになるんですね。なので、黄金バランスの崩れないホテルや、池袋や新宿のようにデリヘル利用の多い地域であれば、一般カップルへ向けた飲食充実などのサービスを作らなくても稼動するし、むしろ飲食を提供することで、スタッフの手を煩わせるくらいだったら……と、飲食メニューはないところもあります。

――セックスするだけじゃなくて、デートとして長時間滞在するカップルにとっては、飲食メニューの充実も大きなポイントなのかもしれませんね。

日向 東京都国立市にあるホテル「ウォーターホテルS」は、料理に相当なこだわりを持っていて、とっても美味しいです。専属のシェフが4人もいて、パティシエもいます。料亭と同じルートで素材を仕入れていて、メニューも軽食レベルではなく本格的な内容。オマール海老のパスタが3000円くらいなので、ちょっとお高めだと思うかもしれませんが本当に美味しいんですよ。

こだわりといえば、シーツや枕にこだわるホテルも増えてきているのですが、「ウォーターホテルS」はドバイの7つ星ホテルと同じシーツを使用しているという点もすごすぎます。贅沢な繊維として世界中で珍重されているコットン・ピマ綿の肌触りは最高です。お客様の中には「ラブホテルだから汚いだろう」という先入観を持っている方もいらっしゃると思いますが、「ラブホテルだからこそ、よりキレイに清潔に」とオーナーさんをはじめ、従業員の方たちは本当に気を遣っているのが伺えます。

――余計なお世話ですが、採算取れているんでしょうか……。

日向 ここだけの話ですが、飲食だけで月450~500万円売れるらしいですよ。ラブホテルではあるけど、その料理を目的にして「ウォーターホテルS」を訪れる方も多いみたいです。

――知る人ぞ知る名店みたい! インテリアはもちろん、アメニティや美味しい飲食メニューなど、女性の好感度を狙うラブホテルが本当に多いのですね。

日向 実際のところ、ラブホテル選びの主導権を握っているのは女子なので。カップルの場合、女性が「あそこのホテル、また行きたい!」となれば、男性は「じゃあ、そこ行くか」ってなるんですよ。

1 2

[PR]
[PR]
ヤセなきゃクビ! 人生がけっぷちダイエット (エッセイ(富士見))