連載

マン屁(膣ナラ)や尿意も利用できる! セックス中の「恥ずかしい失敗」対処法

【この記事のキーワード】

asukatitle001

セックスに集中していたのに、突然やってくるハプニングのせいで、高まっていた興奮は覚めていき、気持ち良さも半減しちゃう……なんて歯がゆい体験をしたことはありませんか? そんないつ襲ってくるかわからない“セックス中のハプニング”の対処法を、リバの目線からまとめてみました!

Photo by Samantha T. from Flickr

Photo by Samantha T. from Flickr

フェラの時に歯が当たっちゃって痛がられる

「彼のために一生懸命舐めたのに痛がられてしまう」という残念な結果は絶対に避けたいですよね。まずは、いきなり奥まで入れないことが大切です。自分の奥歯の幅と彼のサイズのバランスを考えながら、徐々に深くストロークしていきましょう。痛がられた経験がある人の中には、歯並びや口の形などが原因の場合もあります。そんな方は、奥まで含めないテクニックを使うのもオススメです。

おしっこを漏らしそうになってしまう

オーガズムを感じたことがない女性から相談されることが多いのですが、「イキそうになると、おしっこが漏れちゃうような感覚になる」とのこと。しかし、その感覚は“潮を吹く前”にも起こりやすいんです。例えそれが本当に尿意だったとしても、パートナーが興奮することもあるので、我慢せずに出してみちゃってもいいのではないでしょうか?

心配なら「イキそうになると漏らしちゃいそうで集中できない」とパートナーと相談し、タオルを敷くなどの対策をしてからエッチしてみるのもいいですね。気持ち良くなってくれるなら、相手もきっと嬉しい準備になりますよ♪

1 2

谷川明日香

芸能経験を経てライフスタイル、美容の会社を設立。モテ男育成や婚活講座の講師や男性用コスメ「オールインワンメンズケア」をプロデュース。TVなどメディアでバイセクシャルをカミングアウトしている。

@t_asuka

Lagrangeオールインワンメンズケア

公式ブログ

[PR]
[PR]
おなら (かがくのとも傑作集―どきどきしぜん)