恋愛・セックス

女性のオナニー、やりすぎても弊害なし! カラダに嬉しい効果まで

【この記事のキーワード】

 messy調査でオナニーに関してのアンケートをした際、女性は平均週3.2回という結果が出ました。男性の行うオナニーは、強く握りすぎることや動画を見ることで強い刺激に慣れてしまい、実際のセックスではイキづらく、膣内射精障害が起こってしまう可能性があったり、ちゃっちゃと短時間で終わらせようとすると早漏になってしまうおそれもあるということですが、女性の場合、オナニーのしすぎによる障害はほとんどないそうですよ!

 それどころか、オナニーをすることで“女性ホルモンが活性化する”といわれています。女性ホルモンが活性化することは、カラダに様々なメリットをもたらします。ホルモンバランスの乱れが原因で引き起こされる生理不順や肌荒れが快方に向かう可能性があるからです。ホルモンバランスの乱れをオナニーで修正できるなんて、オナニー万歳!

オナニーで快眠ライフ!? 原点回帰オナニーのススメ☆

<久しぶりにエロ動画以外でオナニーをしましたが、やっぱりオナニーは気持ちいいですね。セックスとは全く違うからこそ、自分のタイミング、自分の好みで楽しめるところがポイント高いです。そして、オナニーすると体の緊張がほぐれるような気がして、スッと眠れるんです。イクと、身体がぽかぽかしてくるし。私の回りにも、寝る前オナニー派の女性は何人かいます。結婚したり、子どもが産まれると自分の思うタイミングでオナニーできなかったりするかもしれませんね。でも、「あの時のあのオナニー」を思い出して、たまにはオナニーを楽しんでみてください。今日も私はオナニーをして寝ます! オナニー最高!>

 (大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
女のオナニー教本