恋愛・セックス

慣れすぎ注意! セックスでは再現不可能の快感「シャワーオナニー」

【この記事のキーワード】

 お風呂場でオナニーを楽しむ方法として多くの女性から支持を集める「シャワーオナニー」。シャワーの水圧を自分好みに変えて、膣やクリトリスめがけてシャワーを当てる事で快楽を得るオナニー手法で、1度その快感を覚えてしまうとクセになってしまうという女性が多いようです。水圧の独特な強さ、そしてお湯の柔らかさは、セックスとはまるで違う刺激だからこそ気持ちよいものですが、シャワー意外で再現不可能な快感に慣れてしまうと、戻れなくなる懸念が。通常のセックスでは鈍感になってしまってイキづらいカラダになってしまう……ってそんなの残念じゃないですか?

シャワオナ・ジャンキーの成れの果て。手軽かつ気持ちいいけど…強すぎる刺激に「待て!」

シャワーの水圧はクリにとっては気持ちいいものですが、シャワーだけに任せず、“指”を併用することをオススメします。水圧だけに頼らず、指でクリをいじる行為は、どこをどう、どの程度の圧力・タッチで転がしたら自分が快感を覚えるのか、自覚する絶好のチャンスです。セックスでの感度を高めることにもつながります。どうぞ、指で刺激を加えながらの「シャワオナ」をお楽しみ下さい。また、クリ周辺のみならず膣内まで水圧で刺激する人もいるようですが、これは大変危険です。デリケートな粘膜を傷つける懸念があるうえ、膣内の常在菌を洗い流してしまいます

 シャワー直当てをやめて、湯船につかりながらのシャワオナに切り替えるのもひとつの方法。湯船につかりながら、お湯を出している状態のシャワーヘッドを湯船の中に入れて、気持ちいいと思うところに当ててみてください。シャワーの水圧を湯船の水が抑えてくれるので、強すぎる水圧を緩めてくれるんだそうです。シャワー直当てで感じる「痛い」くらい強すぎる刺激には、慣れないようにしてくださいね。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
オナニー依存性: 【廉価版】