カルチャー

【エロメン☆タイム】一徹、有馬芳彦、北野翔太、月野帯人総出演! 胸キュン必至の“大好きな芸能人との恋&セックス”/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 大好きな芸能人と偶然出会い、好意を持たれて告白される――ドラマや少女漫画で幾度となく扱われてきたテーマですが、2016年12月、ついにSILK LABOに登場です! その名も『ドラマじゃないモン!!』。DMM.comでも配信中ですよ~!

 登場人物は、花屋で働く斎藤花世(羽月希)。長い下積み時代を経て、ようやく大ブレイク中の重森和毅(一徹)。和毅と同じ事務所で、かつて天才子役として一躍有名になったものの、今は下火の神田智也(有馬芳彦)。芸歴では和毅より先輩なため、異常にライバル視しており、プライドが高いナルシストです。和毅のマネージャーには中学時代からの付き合いで、天然気質の中村良太(月野帯人)。ADには、大学時代から花世に思いを寄せる大瀧瞬(北野翔太)。そして、脇を固める俳優陣はYUKITO(渡部拓哉)、吉井流ニ(長谷川直輝)、和毅たちのよく行くBARのバーテンダーには東惣介……そう。シチュエーションだけですでに悶えますが、人気エロメンが集結した、何とも豪華な作品なんです! 早速見てイキましょう☆

 大滝に頼まれてお花を届けにスタジオに来た花世は、迷子になってしまいます。偶然通りかかったYUKITOに場所を尋ねるも、「お花綺麗だね。でもごめん。僕急いでるから」とすぐに立ち去ってしまいます。しかし、わざわざ振り向き「その花に負けないくらい、お姉さんも綺麗だよ。バイバイ」と。続いて、「あの~」と吉井流ニの登場です。花世の持っていた花を勝手に床に置き、突然全力の壁ドン。さらに「俺の女になってくれない?」なんて言い出す始末。もちろんドキドキする花世。しかし、「何か違うなあ」と首をかしげながら「もっとこうか、こうじゃないな」と連続壁ドン! 何ごとですか!! そして、「あ、ごめんなさい。監督に『壁ドンはスポーツだ、数こなせ』って言われちゃって。失礼」と言い残し、エア壁ドンをしながら去っていくのでした。

可愛い…(SILK LABO公式サイトより)

可愛い…(SILK LABO公式サイトより)

どゆこと!(SILK LABO公式サイトより)

どゆこと!(SILK LABO公式サイトより)

 開始早々、怒涛の胸キュンシーンの連発に度肝を抜かれました。これには花世も「テレビで見たことある2人だあ」と胸をときめかせます……が。まだまだ終わらないのが本作です! 今度は智也とぶつかります。そして、智也が花世を見ると“キラキラキラキラ~”というBGMが流れ、花世に一目惚れ☆ 「最近はこんなに可愛い子が花屋さんをやられてるんですね」と言い、「僕は芸能人である前に紳士でありたい」と大滝を呼んできてくれる智也。大昔の俳優のようなキザな智也が良い味出してます。

 そのまま立ち尽くしていると、お次は和毅の登場です! 花世は和毅が駆け出しの頃から大好きで、「昔からファンだったんです!」と駆け寄ります。しかし、「どこかで見たことあるなあ?」と花屋に扮した出待ちだと勘違いされてしまい、和毅激怒。そこへ智也が大滝を連れて戻ってきたことで本物の花屋だとわかったのですが、謝ることはありませんでした。

たまりません(SILK LABO公式サイトより)

たまりません(SILK LABO公式サイトより)

1 2

ノッティングヒルの恋人 (字幕版)