恋愛・セックス

唇をハムハムする「甘噛みキス」は、興奮度と癒しを感じるキス!

【この記事のキーワード】

 唇同士でチュッチュと軽いキスを繰り返す「小鳥キス」が好きな方や、ねっとりディープキスが好きな方などキスにも好みがあると思いますが、私は普通に唇同士のキスの合間にいれる「甘噛みキス」が大好きです。相手の上唇や下唇を軽く甘噛みをするんですが、普通のキスにはない気持ちよさと心地よさを感じることができます。

 「甘噛み」といっても、実際に歯で噛むのではなく、自分の上下の唇でハムッと挟むイメージです。ハムッと挟んで唇で唇を撫でる感じですね。相手の柔らかい唇の感触がやっている側も気持ちいいんですよねぇ~。ハムっている時は、唇の感触を確かめているせいか無意識にゆったりとしたキスになるんですが、これがまたお互いにエッチな気分になっている気がします。個人的には、甘噛みをされるよりする方が好きなんですが、上唇より下唇のほうが、厚みと柔らかさを確認できて、気持ちいいと思います!

 実際に歯を使って噛む方もいるようですが、興奮してきて知らないうちに強く噛んでしまわないようにしてくださいね。自分では夢中で愛情表現しているつもりでも、相手は苦痛に感じる可能性もあります。

キスマークや痣、性交時のマーキングは「愛情表現」で受け入れていいもの?

キスマークもアザも、情事の後でもすぐには消えない痕が残るわけで、いわばマーキングなようなもの。そこに「征服欲」や「所有欲」が見え隠れすることは、言うまでもありません。ただ、それを含めてのプレイ、つまり「性癖」ということもあります。性癖は人それぞれ、お互いが納得していれば、外部がとやかく言う必要もないことです。ここまでならOK、それ以上はNOというボーダーラインも、おのおの違います

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
偉人たちの困った性癖 ソクラテス、カエサル、司馬炎、ルソー、武田信玄も!? (impress QuickBooks)