恋愛・セックス

本格的なSMショーや気軽に楽しめる空間まで…SMバーに行ってみよう

【この記事のキーワード】

 「SMバー」……その響きだけでちょっぴりドキドキしてしまいますよね。ウィキペディア情報だと<店内にはムチやロウソクなどのSM道具が用意されており、女性スタッフに軽いプレイを受けることができる。また、監獄などを模したつくりになっている店もあり、それなりのムードを漂わせる。店内のスペースの一角にはショーのためのスペースが設けられていることが多く、ここで定期的にSMショーが行われたりする>なんて書かれていますが、果たして本当でしょうか。

 友人が行ったことがあるという東京都内のSMバーは、こぢんまりとした作りで定員15名ほどのバーだったそうで、唯一ふつうのバーと違うのは、天井に「吊るし」用のフックがついている点だったとのこと。不定期に、そのフックに縄をかけ、ショータイムが開かれるそうです。「店内でのプレイ」に関しては、希望のM男性客やM女性客は、スタッフによりムチで打たれたり、縛られたりできるバーが多いよう(多くの店舗で無料)。基本的に、店内での性器の露出は禁止ですから、セックスがしたいなら別の場所へ移動しましょう。SMプレイとセックスはまた別物でございます。

 実は私も2回ほど西麻布と新宿のSMバーに行ったことがあります。同行した男性が目の前でパンツ1枚になり、女性スタッフによって縛られているのを爆笑しながら見ていた記憶です。入店前は、薄暗い店内で鞭で叩かれて絶叫している人を見守るのかなぁとビクビクもんでしたが、いざ入店してみるとお店のスタッフの方やお客さんなどワイワイと楽しんだ空間でとても楽しい思い出となりました。

 私や友人が訪問したお店がすべてではなく、ワイワイと見ているだけでも楽しいお店や、本格的なSMショーがあるようなところ、客層も新規が多いところもあれば、ディープに嗜んでいる方まで、SMバーと一括りにしても、お店の雰囲気や内容は様々です。初訪問の際には、ネットや口コミでリサーチすることをお忘れなく。

「縛っていいよ~」ビアン心も刺激された・SMバー初潜入!

ママいわく、初来店のお客さん同士が今回のように遊べる日はそんなに多くないとのことですが、ちょこっとでもSMを知るのにはやっぱりSMバーって魅力的ですね! 個人的には、元来のビアン要素と最近マイブームのSM要素の両方が詰まっていて、とーっても楽しかったです♪

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
乱交・SM・ハプニングバー初体験記 (秘密の体験記)