ゴシップ

カンニング竹山がタブーに触れた!? 「実はハワイ危険説」をラジオで明かす

【この記事のキーワード】
カンニング竹山 Twitterより

カンニング竹山 Twitterより

 1月9日、お笑い芸人のカンニング・竹山隆範が、パーソナリティーを務めるラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で、自身が好きなハワイについて、公にはあまり口にされない“危険説”を唱えた。

 ハワイといえば日本人にはお馴染みの観光地。特に芸能界はここ数年またハワイブームの様相を呈しており、特に正月にはモデルも芸人もこぞってハワイで休暇を過ごす。SMAP解散決定が報じられた昨年8月、木村拓哉が家族とバカンスを楽しんでいた土地もハワイだった。美しく豊かな自然、海、日本語で不自由なく過ごせること、買い物天国であることなどから多くの日本人に好まれ、さらにパンケーキなど“カワイイ”フードメニューが頻繁に日本でブームになるなど大人気のハワイ。竹山もハワイ好き芸人として有名だ。お笑い芸人のおぎやはぎに勧められて夫婦で旅行に行ったことがきっかけでハマったそうで、毎年のようにハワイを訪れている。

 しかしいくら日本人が過ごしやすい観光地とはいえ、日本国内ではない。竹山は「ハワイって場所は、楽園じゃない」と断言し、楽園だと思いこんだ日本人が事件に巻き込まれている、と指摘。たとえばOLなどがおでこにサングラスをのせ、ワンピースなど軽装でワイキキなどで自撮り棒を持って歩いている姿は「日本人丸出し」であり、ナンパされやすいことや、日本の感覚で夜出歩くと性犯罪に巻き込まれると話した。さらにビーチではサメが意外と出没しているが日本では知られていないことや、銃による事件が多く最近もハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナショッピングセンター」で発砲事件が起こったことを明かしている。

 こういった事件を「ハワイ州は日本人に隠します」と言い、「日本じゃない。アメリカだっていうのを思っておかないと」と熱弁する竹山。芸能界でこういった話題に切り込むことは珍しい。

1 2

MAKI'S DEAREST HAWAII―――インスタジェニックなハワイ探し