恋愛・セックス

乳首責めは、超ソフトタッチで「挟む」「圧迫」がポイント 

【この記事のキーワード】
Photo by lucyfrench123 from Flickr

Photo by lucyfrench123 from Flickr

乳首責め(女性篇)

 感じ方は個人差がありますが、性感帯だという女性も多い「乳首」。実は、「側面」と「正面」があり感度が異なります。敏感なのは正面なので、急に正面から攻撃されると刺激が強すぎてしまう可能性もあるので、まずは側面から愛撫をしていくことが大切です。側面を指先で挟んで、「クリクリ」「引っ張る」「キュッとつまむ」と刺激したり、舌先を使って側面をチロチロ舐めて愛撫していきます。

 同じ舌の動きを、乳首の正面に行ったらちょっと痛みを与えてしまうかもしれません。正面の場合は、「圧迫」がポイント。指でギューと押してトントン……を繰り返します。好みの強さは反応を見ながらですが、トントンを強めにしてみたり、圧迫したままちょっとグルグルっと回してみたりしてみてください。

 側面も正面も片手で出来る愛撫方法なので、空いているもう片方の手で同じく乳首を刺激するもよし、カラダを撫でるもよし、クリを刺激するもよし!

 乳首とはズレてしまいますが、おっぱいをグイングイン揉みしだく男性にお伝えしたいことがあります。揉んでいる方はおっぱいの柔らかい感触が気持ちよくて楽しいのかもしれませんが……好き嫌いはそれぞれとはいえ、私は正直「別に」という感想です。気持ちよさを感じたことはないし、生理前だと痛いです。アンケート調査でも気持ちよくない派の女性が多いことも、男性は確認していただければと思います。おっぱいモミモミよりも、乳首責めテクを覚えていただければ幸いです。

【messy調査】エッチの最中におっぱいを揉まれることは女性にとって気持ちいいのか結果発表

「YES:27%」「NO:67%」と、NOが多数派という結果が出ました。「どちらでもない」は、「相手を好きであれば気持ち良いと思い込むことができる」「相手による」ケースや、「男性がおっぱいに甘えていることに対するちょっとした優越感みたいなものがある」「彼氏があそこを勃起させて、おっぱいを必死で揉んでる姿をみて、視覚的には興奮する」といった、気持ち良くはないけど悪い気はしない派のご意見を「どちらでもない」にまとめました

乳首責め(男性篇)

 本来、男性の乳首は性感帯ではないといわれていますが、触れられると声が漏れてしまうほど感じるよ! という方は多くいらっしゃると思います。舐めかたも、指での刺激も強め・弱めと好みはそれぞれだとは思いますが、乳首の構造は一緒なので前述した(女性篇)と同じ方法を相手男性にも試してみてください。舐めかたは基本的に、自分だったらこうされたい! という舌の動きをして反応を見ながら変えていったらいいと思います。

 舐めていないほうの乳首や指だけでの乳首責めでは、乳首をつまんだり指で弾くようにしてみましょう。脇の下から乳首までを指先でつたうように移動して、乳輪あたりまで到達したら大きく円を描くように少しずつ乳首に向かう……なんて、軽いS気分で焦らしテクも交えてみるのも楽しいかもしれません。

 性感帯ではなくまだ開発されていない男性への愛撫は、ほんの少し強めの刺激を与えたほうが開発されるかもしれませんが、 乳首責めのやり方の基本は……超ソフトタッチ(フェザータッチ)で行うことをオススメします。ほんの少し触れるだけの方が焦らされてる感とこそばゆい感覚が快感になりますよ。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
今日からセックスが大好きになる: 気持ちよく感じるための秘密テクがココに