恋愛・セックス

乳首責め4選チャレンジで興奮度アップ! 

【この記事のキーワード】
Photo by Neil Milne  from Flickr

Photo by Neil Milne from Flickr

 ちょっとセックスがマンネリ気味~というカップルに取り入れて欲しいのは「いつもと違う刺激」。今回は「乳首」に絞ってお伝えしたいと思いますが、指やアイテムで経験したことのない快感に悶えてみてはいかがでしょうか。乳首が性感帯の方はより興奮し、今はあまり乳首は感じない……という方も、初体験の刺激で開発されていくかもしれませんよ……。

挿入中の乳首責め

 乳首舐めだけでも充分気持ちいいものですが、挿入中に一緒に刺激を与えられるともっと気持ちがいいものです。挿入時の男性はピストン運動に夢中かもしれませんが、男女ともに両手がフリーの状態なら有効活用して、気持ちよさを倍増させちゃいましょう。

 正常位の時は、乳首を一緒に舐めて愛撫するのが効果的で、女性が上になる騎乗位の場合はオッパイを手で包みながら親指あたりで乳首攻め。おっぱい全体をもみもみするのは、正直あまり快感を得られない女性も多く、乳首攻めでお願いしたい!(乳首に快感を感じない相手だとしても、このダブル攻めが乳首開発に繋がるかもしれません)。

 女性の神経は挿入部分に集中しているものの、集中している時に別の性感帯を刺激することで予想外の快感を感じるといいます。乳首を刺激して快感を得ることによって女性の膣もキュッと締まるので、挿入中の男性も快感倍増に導かれるはず。挿入しているうちに乳首の勃起が落ち着いてきてしまうことも多々ありますが、ずっと勃たせるつもりで攻め続けてみてください。

男性への乳首責めは、指で焦らす! 男性はおっぱいモミモミよりも、乳首テクを覚えてください。

舐めていないほうの乳首や指だけでの乳首責めでは、乳首をつまんだり指で弾くようにしてみましょう。脇の下から乳首までを指先でつたうように移動して、乳輪あたりまで到達したら大きく円を描くように少しずつ乳首に向かう……なんて、軽いS気分で焦らしテクも交えてみるのも楽しいかもしれません

男性から女性にだけでなく、乳首いじりに感じる彼の場合、正常位の際は下から指で彼の乳首を刺激すれば、ちんこが増大する可能性大です。お試しください。

ローションや氷でいつもとヌルヒヤ

 セックスでいつもと違う雰囲気で楽しめるアイテムといえば? そうです、ローションです! 乳首責めにもローションは活躍してくれますよ。家の中でのローションプレイはそのあとのヌルヌルの掃除など大変なので、ホテルで楽しむことを推奨します。

 洋服の上からローションをかけると、透けて見える胸の形や乳首で、彼も自分も興奮度アップ! 見た目だけではなく洋服が擦れる感覚がいつもと違う刺激で気持ちよさアップのようです。(ちゃんとローション用の捨ててもいいようなTシャツを持参することをお忘れなく)。興奮してローションをドバドバかけたくなる気持ちもわかりますが、着衣のときは、乳首が透けてきたなぁ~くらいの少量で充分のようです。

 生温かくて、ザラッとヌルッとしている舌の感覚も最高に気持ちいいですが、いつもと違う感覚を与えてみるのも、新鮮で気持ちいいですよね。セックスのときは、お互いに口に氷を含めばいい話ですが、オナニーのときはなかなか難しい……。口に含んでも乳首には届くわけないし……と思っている方! 素敵なバイブがありますよ。

上下のお口をクールダウン。熱帯夜の快眠を誘う、涼感ONNを試してみない?

<究極のひんやりグッズを見つけました。その名も「アイスエッグ」。オランダ製です。付属のカップに水を張り、おもちゃ本体もそこにセットして、冷凍庫で凍らせること約4時間。カップを取り外すと、見事、おもちゃと氷が合体した“氷のバイブレーター”の完成です。私自身はこれをまだ使ったことがないのですが、氷そのものが振動し、快感をもたらすというアイデアそのものに脱帽です。舐めたり肌に這わせたり挿入したり……想像するだけで楽しくなりますが、当然、彼氏とも使ってみたいですね。男性の乳首が冷えてキュッと縮むのって、かわいいいですもん>

オナニーをはじめて、カラダが火照ってきた時は、気持ちいいでしょうね。

筆でシャワシャワ~

 小学生の頃、無意識に習字の筆で乳首をサワサワして「気持ちいいな」と感じたことがあったな……と記憶が蘇りました。そうです、今回は筆を使った乳首責めをお伝えします。この筆使いは、カップルでも楽しめるし、オナニーでも楽しめるかと思います。やり方を覚えて、立派な筆使いになっちゃってください。

 まず、乾いた筆(少し大きめのフワフワしたものがいいかも)で、乳首の周りを焦らしながら、撫でるようにサワサワ~。充分に焦らしてから、乳首の1番気持ちいいところをサワサワ~。それだけでも不思議な感覚と快感が襲ってくるとは思います。さらに、ローションをつけた筆でシャワシャワ~。これがまた最高に気持ちいいらしい! やり方は先ほどの普通の筆と同じ。ローションをつけた筆で、乳首の周りから焦らすことからはじまって、乳首に向かってシャワシャワ~♪ です。円を描くように撫でてみたり、筆の先で乳首の先をコショコショしてみたりと、様々なバリエーションを試して、自分のお気に入りを見つけ出してください。

 1本じゃ物足りないっ! となってしまったら、思い切って2本使いで両乳首刺激をしちゃいましょう。片方の乳首をローションつきの2本の筆で挟みながら動かすと……、なんということでしょう、まるで人に乳首を吸われているような感覚を得ることができてしまいます。この気持ちよさにハマってしまって、乳首だけでなくあらゆる性感帯を筆で刺激して快感を得ている男女もいるようです。

強気な男子も思わず吐息がこぼれちゃうって言うんだから、試すっきゃないですね。

可愛さと男臭さが絶妙! ワイルド男子・北澤剛の「くすぐり我慢顔」がエロい

まず、綿棒で耳をクリクリと触られると、すぐさまサッと身を引き「ちょ、待って。ちょ、待って」「ああああ、やばいやばい、耳は……」と早速いい反応羽や筆で触られると「はあ~……」なんてため息まで! いつもの“強気な剛くん”はどこへやら! 綿棒で乳首周辺を触られると、身体をねじって避けたり、目を瞑って「うわああ」と嘆いたりと、S心を刺激される良反応のオンパレードです!

洗濯バサミで挟む!

 SMプレイとして、映像で紹介されている作品の中には、胸を縄で縛ってそこから針をさしてみたり、乳首を洗濯バサミで挟んでみたりしている内容だったりするのですが……。確実にSMのプロフェッショナルの方以外は手を出してはいけないプレイです。プロの方は、痛さの向こう側にある快感を見据えてプレイしていますからね。真似事をしてしまうと、相手には痛みを与えるだけであり、その先には事故が待っていますからね!

 ただ、それでも多少の痛みが伴う乳首責めをしたいという方は、乳首を洗濯バサミで挟んだ状態でオナニーやセックスをしてみましょう。通常のものだと挟む力が強すぎるようなので、オススメされているのは木製の洗濯バサミ。これで挟んでから、指ではじいたり、引っ張ったりして乳首を刺激するという方法。こうして充分に洗濯バサミプレイをすると、外したあともジワッとした快感があり、乳首がいつもより敏感になっているようです。乳首は痛みを伴うことで、感度が上がる性質があるといわれていますので、洗濯バサミを外したあとも刺激を続けると、いつもに増して快感度アップ! のようです。

 様々な種類のあるバイブでも、クリ以外にも乳首を挟んで楽しめるものまで登場しているようです。最初から痛みの強いものを無理に試そうとせず、安心できる道具から乳首責めをはじめてみましょう。

挟んで刺激がイイ! バイブコレクター厳選グッズで掴む新たな快感

最近になって私は、「押さえる」刺激よりさらに効率的にクリを気持ちよくできるグッズがありことに気づき、もっぱらハマっているのです。それはクリを〈挟む〉系のグッズ。たとえば、「シークレットガーデン・スカイホール」。ザリガニの爪のようになっている先端で、敏感な部分を挟みます。クリトリス以外にも乳首とか耳たぶとか、いろんなところを挟めます。そこにバイブレーションを加えると、なんというんでしょう、軽く押さえつけての刺激と違い、両側から揺さぶれるの! 上に向かって吸い上げられるような感触すらあります

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

ラブローションの『ラブシロップ』2個セット(食べられるラブローション) ラブコスメ公式