連載

飲み屋での出会いマニュアル!~「ひとりで入りやすいお店まとめ」は参考にならん~

【この記事のキーワード】

mihotantop

みなさんこんにちは、みほたんです。以前、周りで新しく出来たカップルや結婚した方々の出会いのきっかけを聞いた時、何人かが「よく行くバー・飲み屋で知り合った」と言っていました。それを聞いてからというもの、ちょこちょこ淡い期待を抱いて足を運んでおりまして。今回は、足繁く飲み屋に通った中で、いくつかわかったことをご紹介します!

・知り合いが働いていたり、友達が既に常連になっているお店に行く

結構頑張ってひとりでお店を開拓していたのですが、結局これが手っ取り早いんですよねぇ。最初だけでも知っている人と同行できれば、かなりお店に馴染みやすくなります。人の多い時間帯や、どういうタイプの人が集まってくるお店か教えてもらえますしね! かなり特殊な例なんですけど、先日“今夜飲める人を探すアプリ”の「JOIN US」でコンタクトを取った人がバーを経営している人で、まんまとお客さんになってしまいました。アプリの趣旨とは違うけど、そのお店を介して他にも知り合いが増えたし、まぁいいかな……と思っております。

・アングラ系のお店も勇気を出して入ってみる

私の経験では、独特なムード漂う入りづらそうなお店(私は“アングラ系のお店”と呼んでいます)は、一度入ってしまえば結構絡みたがりの人が多くて楽しい展開になることが多いです。入りやすさ重視で「女性がひとりで入りやすい立ち飲み屋まとめ」なんかを参考にすると、人気店が多くて、周りとコミュニケーションを取れる感じじゃなかったりするんですよねぇ。

ただ、時間帯やタイミングを選ばないと、内輪で盛り上がっているパターンもあるので注意が必要! 一度何も考えずに入ったアングラ系バーで、見事に店長の誕生日に巻き込まれてものすごく気まずい思いをしたことがあります。あれはむしろ他のお客さんも申し訳なさそうでしたね! ひとしきり盛り上がり終わった、人がまばらになった深い時間のほうがお勧めです。

1 2

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~

Hanako FOR MEN 特別保存版 BAR入門