恋愛・セックス

ツボ押しで性感スイッチをON! 痛みを和らげる効果だけじゃないエッチなツボ

【この記事のキーワード】

 人間のカラダに張りめぐらされている神経は、流れが滞りやすいらしく、神経の通りを改善して体の機能を回復させるのに適しているのはツボを刺激する「ツボ療法」で、肩こり・首こり・腰痛・冷え性などなど、数え切れないほど、ツボは、いろんな症状を改善すると言われています。

 女性は、月に1度訪れる生理。軽度なものから重度なものまで、生理痛に悩まされている方も多いのではないでしょうか。私は生理痛が酷いほうだと思いますが、実際に生理痛が酷いときに実践して、少し和らいでいる気がするツボ押しを紹介します。

◆合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が交差する所から少し人差し指側のくぼみにある合谷。「万能のツボ」とも言われ、さまざまな痛みを和らげる効果を持っていて、生理痛以外にも、冷え性・むくみやイライラした精神状態にもいいそうです。合谷にもう片方の手の親指の腹を当て、人差し指側のほうへ押しこみます。簡単お手軽に出来るので、是非お試しください。

その他、セックスにもってこい! のツボもあるってご存知でしたか? 快感度が増す? 彼の勃起力回復がいつもより早くなるかも?

快感を向上させる「性感ツボ」押し、男の勃起力回復を促すツボもグッ

はじめに、全ての場所に共通のツボ押しワンポイント。ツボの部分を親指でゆっくりと押して、優しすぎず痛すぎず“痛気持ちいい”と感じる強さでツボを押したら5秒キープ! その後、少しずつ力を緩めていき、また同じように押す! 1カ所につき、10回~20回ほど繰り返します。これがツボ押しの鉄則のようです。力強くグリグリしてみたり、ソフトタッチすぎると意味ナッシングになってしまうので要注意!

ツボ押しは、大体1日に1~3回の刺激で十分です。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

ふたりのLOVEマッサージ