恋愛・セックス

精液が美容にいい説のウソ。性感染症のリスクも覚えておきましょう

【この記事のキーワード】

 「精液を飲むと肌がキレイになるらしい」なんて噂がありましたが、そもそも精液ってなんぞや? 私自身、「精子が含まれている白い液体」くらいの認識でしかありませんでした。調べてみると驚くべき事実! 精液の中に含まれている精子は、およそ1%。残り99%は、タンパク質やアミノ酸、クエン酸。ビタミンC・亜鉛、果糖など。カラダに害のある物質は入っておらず、無害の液体ということになります。ちなみに、精子はたったの1%といっても、1回の射精(2~5ml)の中におよそ1億~5億匹の精子が含まれているそうです。想像するのも難しいですね。

 征服欲からなのか、愛情の証と思いたいのか、飲んで欲しいと願う男性もいますよね。私も以前何回か、口内に射精後そのまま飲んだことはありますが、決して美味しいものでもなく、翌日もノドに何かが詰まったような感覚が残りました(カルピスを原液多めで飲んだ感じ)。

 前述した、「精子を飲むと肌がキレイ」になる説は、きっと精液に含まれている成分を根拠にして、拡散されたのかもしれませんね。残念ながらこの説は迷信です。タンパク質やアミノ酸が入っているとはいっても、1回に放出する量は美容効果があるほどの量はなく、とっても微量だということです。

 「でも、私は肌キレイになったよ!」という人がいるならば……それはおそらく、好きな相手とセックスをしたときに得る快感や幸福感によって、女性ホルモンが活発になったおかげかもしれません。

精液の飲み過ぎで体調に異変が。危険すぎる“飲精健康法”を実行した女性

「実は精液の飲みすぎで食欲がまったく湧かなくなった」と話したという。さらに、常に熱っぽく倦怠感があるとアリサさんを病院へ連れていくと、何と喉の粘膜にクラミジアや淋病などの性病菌が感染しまくっていたことが発覚したのだ>

精液は無害な液体とはいえ、たとえば相手が性病に感染している場合は、精液を飲むことで、性病がうつされる可能性が高くなりますので、興奮材料として安易に精液を飲むのは控えたほうがいいかもしれません。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
er-銀座の女医が解説する 素敵なセックス (eロマンス新書)