恋愛・セックス

性感染症を回避するゴムフェラには、生(ナマ)とは違う興奮がある

【この記事のキーワード】

 一般の男女に、コンドームなしでのフェラチオ(オーラルセックス)は性感染症のリスクが高いという情報はどこまで浸透しているのかは定かではありません。他方、「ゴムフェラ」プランのある性風俗店は意外と多いみたいですね。……といいながら私自身、まだゴムフェラ経験はないのですが、少しでも性病リスクを回避するためにゴムフェラのやり方を習得しておくべきですよね。

 恥ずかしながら<フェラ用コンドーム>があることも、最近はじめて知りました。“生より気持ちいい”というウリ文句で販売されていますが、使用した人の感想には、「確かに通常のコンドームよりはつけてる感はないけど、やっぱり、生にはかなわない」と……。やっぱりそうなんでしょうか? かと思えば逆に、性風俗店でゴムフェラを体験して「ゴムフェラ最高!」と賞賛する男性もいます。「女の子にゴムを付けてもらうという行為に興奮する」という意見も。

 ゴムフェラをするには、まず、しっかり・ぴったりコンドームをペニスの根元まで装着することが第一。そのうえで唾液やローションを使って濡らし、通常のフェラと同じように唇や舌で刺激していきます。ただ、女性としては、「ラップやビニールを舐めているみたい」「どうしてもゴムの臭いが気になる」という懸念もありますよね。しかし美味しいフレーバーローションも豊富に売られている昨今、臭い問題に関してはこうしたグッズで解決できそうではないですか? 喉が弱い方や、口内炎が出来てしまって……という時こそゴムフェラを試す良い機会。まずはチャレンジしてみることですね。

脱・フェラ無精…小道具フェラ・4パターンを実践、男の反応は?

フェラ用コンドーム。今回は「トリップスキン」という商品を使用。通常のコンドームに比べてラップっぽい素材で(超極薄の特殊ラップとのこと)、中に付属のローションを入れて使います。男性のオナニー用としても使えるそうです。口の部分には中心に切れ目の入ったスポンジ状のカバーがついており、これで中のローションがこぼれることを防ぐようです。コンドーム特有のゴム臭がほとんどないのもポイント

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

【Tripmild】 トリップスリキンマイルド性感染症と性病の予防に、お口が苦手な方にも嬉しいフェラ専用コンドーム