カラダ・美容

Gスポット刺激のポイントは「圧迫」。

【この記事のキーワード】

 

 Photo by Tomek Augustyn from Flickr

Photo by Tomek Augustyn from Flickr

Gスポットとは?

 「中イキ」や「潮吹き」というワードにつきものなのが、「Gスポット」。膣内にあるこのスポットが、女性に快感を与える部分だと認識している方は多く、色んな意見が飛び交います。アンチ潮吹きの私としては、Gスポットなんてどうでもいい! っつーのが本音ではありますが、「気持ちよすぎて、頭の中真っ白になっちゃうぅ~!」という女性がいるのも事実。

 私がアンチなのも経験をしたからこそであり、未経験の女性は「1度でいいから吹いてみたい」と、歌●師匠ばりに口を揃えていいます。やっぱり、未知の快楽は知りたいものですよね~。セックス時は、彼のテクニックが必要になってきます。未経験の女性が多いということからもわかりますが、ちゃんとGスポットを刺激するテクをご存知の男子が少ないのでしょう。

Gスポットの場所

 ところで、自分自身のGスポットがどこにあるかはご存知ですか? イラストで見てみても、なかなか難しい場所ですよね。なにしろ肉眼で確認できない、体の内側の部位なんですから。というわけで、指先の感覚で「ココか!」という場所を探し当ててみましょう。

 簡単な説明をしますと、Gスポットは恥骨の裏側あたり。指を膣内に入れる際、仰向けで膝を立ててた状態で寝転ぶ体勢が、1番見つけやすいと思います。その姿勢で、人差し指か中指を1本軽く曲げながら膣内へ……(指を入れる時は、指は清潔な状態で! そして膣内は、ローションか愛液で濡れている状態にすること!)その挿入した指の第2関節が入り口あたりにくるとき、第1関節を曲げると指の腹辺りの場所がGスポットといわれています。

 手触りとしては、ザラっとしている方が多いかと思います。Gスポット刺激初体験の方は、尿意が襲ってきたり、痛みを感じたりすることもあるので、指先で少しずつソフトな刺激を与えることから始めましょう。

オナニーでGスポットを開発!

 Gスポットを刺激するときのポイントは「圧迫」。Gスポットらしきものを見つけ出したら、指で軽くトントンと圧迫するように刺激を与えてみましょう。それから小刻みに振動させてみたり、円を描くように指を動かしてみたり少し力を入れてみたりしながら、自分に合ったGスポット刺激を探し出してみてください。

 膣内に指を入れて動かすのは怖いと感じる女性は、小刻みな振動で快感を与える、ちょっと長めのローターを使ってみてはいかがでしょうか。Gスポットに特化した商品もあります。とにかくGスポット開発をしたい! という方は試す価値アリです!

潮吹きラバー必見!“女性の射精”に特化したバイブの仕組み

潮吹きに特化した作りになっていて、Gスポットを刺激しやすいようにクッと曲がっています。クリバイブ部分のパワフル振動により、Gスポットをさらに押し上げるように刺激し、快感度数を極限まで高め、潮を吹きやすく導いてくれるという仕組みですね

 もうひとつ覚えておいていただきたいのは、AVの影響で<潮吹き=Gスポット>の方程式が大きく取り上げられるようになったものの、女性なら誰もがGスポットを持ち合わせているわけではないですから。既に退化して確認できない人もいるそうなので、まず女性は自分で確認してみた方がいいと思います。もし、確認されない(退化してなくなっている)状態にも関わらず、グリグリされたら痛みだけが襲ってきちゃいますからね。それでも、彼に早くテク習得をしてほしい方や、自分で確認したい方は、「潮吹き名人」と名高いAV男優から学ぶのが1番。

潮吹き名人・阿川陽志さんに訊く「ピュ~と吹く潮の話」

阿川さんのわかりやすい解説を見ながら自分で探し当てた方が早いかもしれません。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

Hieha 女性用バイブレーター静音 激震 医療用シリコンセックストイ刺激 ハンディマッサージャー Gスポットのデュアルショックスティックマッサージ