カルチャー

勃つ・勃たないで盛り上がるおじさまたちにニヤけが止まらない! 光石研が文春砲の餌食に!?/『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第三話レビュー

【この記事のキーワード】

 

『バイプレイヤーズ』オフィシャルHPより

『バイプレイヤーズ』オフィシャルHPより

遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(53)、光石研(55)<※50音順>のバイプレイヤー6名が本人役で登場している、“渋くて可愛い”が詰まったドラマ、『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(毎週金曜日00時12分~テレビ東京系で放送中)。

 共演する女優にすぐ好きになってしまう“惚れグセ”のある光石研さん。ドラマで共演中の山口紗弥加さんの自宅に遊びに行ったことをキッカケに、まさかの不倫関係がはじまってしまいます。不倫を文春にすっぱ抜かれた人気上昇中の俳優が、仕事を降板させられ苦しんでいる状況を見て、不倫関係を終わりにしようと思いながらもズルズルと続けてしまう光石さん。そんな中、「明日、文春に載る」と知った山口さんが、シェアハウスを訪ねてきます。ついにバイプレイヤーズのメンバーにスキャンダル発覚か!?

第三話レビュー

 朝の食卓。昨晩、夜中まで起きてたのにシェアハウスに帰ってこなかった寺島進さんを心配する大杉漣さん。「もしかしてコレ、コレ?」と小指を立てる遠藤憲一さんと、「ダメだよ~、家族がいないからってヤンチャしちゃ~」という松重豊さん。「ヤンチャしたいね~! 53になっても」と言いながらも、昨夜は館山(シェアハウスのある千葉県・館山)の友達と飲んでいたといいます。ちゃかす周りに「大丈夫だよ、俺たち、もう勃たないもんな?」と大杉さんの言葉に一同固まります。「勃ちますよ、俺は! え? なに、みんな勃たないの?」と寺島さんの問いかけに、「俺だって、気合だ! って言えば勃つよ」と急に強がる大杉さん、きゃわいすぎる。そうか、50代の5人の中で、1人だけ60代ですもんね……。

 朝食を共にするアシスタントプロデューサーの中国人女性・ジャスミン(北香那)に、この6人の中だったら誰がいい? と聞く大杉さん。「顔が怖い」という理由で消去法をとり、選ばれたのは愛妻家の光石研さんでした。照れる光石さんに「でも、光石さん1回ヤラかしたよね?」と田口トモロヲさんが昔の話を持ち出してきます。恋人役をやるとすぐに相手を好きになってしまう光石さんは、10年前の『バイプレイヤーズ』でヤラかしてしまったようです。「あれ以来、一切!」という光石さんに「本当かな? さっきからコソコソとスマホいじってるでしょ」と目ざとい大杉さん。光石さんタジタジです。

 リビングで大杉さんと2人になった松重さんは、「この間の話ですけど、俺たちの中に“バイプレイヤーズ”のフィルムを盗んだ奴がいるって、どういうことですか?」と共有してしまった監視カメラの件を切り出します。シェアハウスのあらゆるところに隠しカメラを設置して、映像チェックしていることを知ってしまったら、そりゃ気になりますよねぇ。

 大杉さんはフィルム盗難事件について語り始めます。6人で久しぶりに会って楽しい時間を過ごした昨年の新年会。酔っ払って眠ってしまった大杉さんが目を覚ますと誰もいなくなっていました。それからしばらくして、『バイプレイヤーズ』のフィルムを保管していた倉庫を見てみると、フィルムがなくなっていた……。新年会以降、別荘には誰も来ていないことから、5人のメンバーを疑う大杉さんは、「命を懸けて作った作品を盗むなんて、役者失格だ」と相当ご立腹。ストレートに問いただしたところで、役者であるメンバーはうまく煙に巻くと思っている大杉さんは、6人で出演する映画と共同生活の話を受けて、自分の別荘を貸すことを提案。親切心ではなく、ここで犯人を暴こうと思っていたわけですね。そして、シェアハウスに来てから、ずっと誰かとコソコソと連絡を取り合っているという理由で、大杉さんは光石さんを怪しんでいる様子。

1 2 3

[PR]
[PR]
博多っ子純情 DVD