ゴシップ

レッドカーペットを歩いたローラに「超チョイ役なのに」の嘲笑は、違うのではないか

【この記事のキーワード】
ローラInstagramより

ローラInstagramより

 1998年公開の映画『アルマゲドン』に出演した松田聖子。2006年に『ワイルドスピード3』に出演した妻夫木聡。「ハリウッド映画進出!!」と日本国内で大きな話題となったものの、実際にその映画を鑑賞してみると「え、出番あれだけ!?」とあまりのチョイ役に観客が呆然となってしまうパターンは多い。妻夫木の台詞は「GO!」の一言だけだったし、松田聖子は一瞬チラッと画面に写り込むのみで、どちらも“カメオ出演”だった。

 タレントでモデルのローラ(26)が、2015年8月に自身のTwitterでハリウッド制作の映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』に出演すると明かした直後は、失礼ながら例に漏れずローラも超チョイ役だろうと思った。『バイオハザード』シリーズといえば、日本のゲームメーカー・カプコンのゲームソフトを原案としたアクションホラーの大ヒットムービーとして全世界的に有名な作品である。主人公・アリスはミラ・ジョヴォヴィッチの当たり役となり、続編がどんどん製作され、2002年8月の第1作目から14年が経つ昨年12月23日に日本で公開となった『バイオハザード:ザ・ファイナル』は第6作目だ。そのサブタイトル通りこれが同シリーズの完結作であるとされている。

 ローラは15年8月21日に、「みんなにご報告があるんだ!実は映画バイオハザードに出演する事がきまったの!とってもかっこいい女性役を演じるの!ハリウッド映画にでることはわたしの夢で英語も演技もずっと練習をしていたから合格してほんとうにうれしい。来月からしばらく南アフリカで撮影なの!がんばってくるね」とTwitterで報告。撮影が始まってからは、撮影場所である南アフリカ滞在中の様子や、共演者とのショットなどを積極的に自身のインスタにアップした。女戦士らしい衣装を身に着けて屈託ない笑顔を見せるそのショットは、ローラがハリウッド映画の制作現場をイキイキと楽しんでいる様子が垣間見える微笑ましいものだった。主演のミラと並んで写る写真をアップしたこともある。そして昨年12月、公開前に劇場に流れた予告編では「What are we gonna do?(どうする?)」とのセリフがあることも確認でき、筆者は「これはひょっとすると……」と大きな期待を寄せていたのだが……。

 やはり実際に公開された映画本編では、ローラの出番はほとんどなかった。結論から言うと、予告編以上のものはなにもなかった、のだ。セリフは「どうする?」と「撃つよ!」、確かに主人公のアリスと行動をともにする女戦士なのだが、登場シーンはわずか5分ほどで、すぐに無残にも食われてしまう。残念ながらメインキャスト感はまったくなかったと言えるだろう。

1 2

ローラ スタイルブック『ROLA'S CLOSET』