恋愛・セックス

床や枕で圧迫する「押し付けオナニー」…強烈な刺激に要注意!

【この記事のキーワード】

 「床オナニー」というオナニー方法は男性特有のものだと思っている方も多いようですが、何かに押し付けるような「押し付けオナニー」は、女性も割と多いです。ただ床だけでなく、布団に押し付けたり、クッションや枕を挟む、なんて方も多く見受けられます。

 オナニーもセックスもクリトリス派の女性は、床などに押し付けてクリを圧迫しているこのスタイルは手っ取り早く気持ちよくなれて、イケる方法なのかもしれません。ただ、続けているとセックスでイケなくなる可能性があることを覚えておいてください! 圧迫することで得る快感はセックスの時には受けない刺激。シャワーオナニーの水圧の刺激と同じように、強烈な刺激に慣れてしまうと、セックスではどれだけ彼がクンニに精を出していても「感じない……」ということになってしまうかもしれません。

中イキ・膣イキするには「ヴィーナスの丘」が、絶頂の近道になるかもしれない。

「恥骨ほぐし」をすると、男性の場合「ホルモンの分泌が活性化され、勃起力が高まった」。女性の場合、感度が高まり、濡れやすくなり、より深い快感が得られるようになった」なんて感想が……。ってことはやるっきゃないですね。女性で1番簡単なやり方を解説して締めましょう。まず、うつ伏せの姿勢から肘を立て上半身を起こすと、恥骨が床に当たると思います。そのままお尻を左右に動かすと「恥骨ほぐし」になるそうですよ。床オナ的な姿勢なので途中で気持ちよくなってしまいそうですが、それもまた良し!

 クリや大陰唇、小陰唇に圧迫刺激がかからないとイケない、強い刺激をどんどん求めるようになる……というのは正直言ってキケンのはじまり。クリだけをグリグリと攻撃しすぎないように大陰唇や小陰唇全体をまんべんなく、さらに圧迫する強さも強く押し付けすぎず……など、ソフトな刺激での心地よさも味わえるように試行錯誤してみませんか。なんだかオナニー修行みたいですね!

(大根 蘭)

【Amazon.co.jp限定】 R-STYLE 高弾力でふっくら気持ちいい 抱き枕 本体 中身 等身大抱き枕の中身に (1500×500mm サイズ お得な2本セット)