恋愛・セックス

菅田将暉くんへ一通のラブレターfrom人妻二児の母(34)

【この記事のキーワード】
オフショットに、イイネが約13万!(菅田将暉オフィシャルTwitter)

オフショットに、イイネが約13万!(菅田将暉オフィシャルTwitter)

 先日、またしてもセックス紳士からおセックスのお誘いを受けました、二児の母の私です。

 不倫を躊躇する私に、紳士はこうレクチャーしました。

「不倫て(笑)。違うよ? これは夢だ、そう脳に言い聞かせればいいんだよ?」

 いや、夢じゃない、あきらかに夢じゃない。

 腹たっぷんたっぷんの中年オヤジとのセックスって時点で、おもいっきり現実という名の拳で殴りつけられていると思うんですが。

 夢、というのはもっと、菅田将暉くんのような男性と、ふいに出会い、恋に落ち、でもなかなか気持ちが通じ合わなくて、やっとお互いの気持ちを確かめ合い、遠慮がちな上唇ついばみキッスから始まるベッド・イン、みたいなことだと思うんですが。

 ……こうして、菅田将暉、と文字を打ち込むだけで耳まで赤くなってしまう私は今、菅田将暉くんに恋をしています。

意図的に、菅田将暉を避けていた

 私が初めて菅田将暉くんを認識したのは、2013年夏、映画館で主演映画『共喰い』の予告編を見たことがきっかけでした。滴る大粒の汗と、ぼそぼそと喋る声、生々しく光る目に、釘付けになったものです。

 その威力ゆえか、同映画以降に菅田くんの露出は倍増。それまでは映画もドラマも(ダブル主演をつとめた『仮面ライダーW』を除く)ちょこちょこと脇役を務める程度だったのに、主演や準主演ばかりになりました。

 だけれども、私が次に認識したのは映画『海月姫』。しかも原作ファンゆえ、「なんでこんなゴツイ人が蔵之介役なんだよー」と不満を持っていました。やはり予告編しか見ていなかったのですが、『共喰い』の人と同一人物だとは思っていなかったんですね。

 “旬の人”として人気が確立したと思われる2015年には、CM契約ラッシュに。その頃、『au』のCMに鬼ちゃんとして出演した菅田将暉くんを見て初めて私は、“菅田将暉”を意識的に認識し、あれもこれも菅田将暉くんだったのか、と脳内に散らばった残像が結びつくにいたりました。

 役柄によってこんなにも劇的な変化を見せるところが菅田将暉くんの俳優としての特徴であることは、私のような名もなきライターが言うに及ばぬところであり、映画専門誌等を読んでいただきたいんですが、“旬”到来以降の菅田将暉くんはわりとどれも変わらぬ空気感で演じているように思います。

 もう、ただただ、かっこいい。かっこよすぎて、実は旬以降の菅田将暉くんを、否応なしに目に入ってしまうCMや映画館の予告編以外では見ないようにしています。出演ドラマはもちろん避けるし、なにげなく見ていたバラエティ番組に登場したら、すぐチャンネルを変えます。だから「最近の空気感は……」とかしたり顔で言ってますが本当はわかりません、すみません。

 少し前までは、

「若いのに妖艶な色気をまとった目つきをする、演技の上手い俳優さんだなあ。よく見れば全然イケメンじゃないのに、目が離せなくなる。ずっと見ていたくなるのはなぜかしら。ああ、隣の山崎賢人がじゃがいもに見える」

と思って見ていられたのに、ある時期を境に直視できなくなってしまったのです。

 原因は、2015年10月の「週刊文春」の記事にあります。

1 2

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。

+act. ( プラスアクト )―visual interview magazine 2017年 1月号 セトウツミ ハート型ウイルス