恋愛・セックス

クリトリスって何? どうすると気持ちいいの? クリトリスについて知る!

【この記事のキーワード】
クリトリスって何? どうすると気持ちいいの? クリトリスについて知る!の画像1

Photo by Moxie G from Flickr

 クンニは好きですか? 私は大好きです。焦らしとかいりません。同じくクンニ好きといっても、クリ攻撃派やマンコ全体をベロンチョされる派など好みのタイプは様々でしょう。

クリトリスとは

 前戯の鉄板とされるクンニ。その中でも性感帯の代表として挙げられることの多い、クリトリス(陰核)は責めが集中しがちなポイントです。でも、そもそもクリトリスってどんなものでしょう?

 クリトリスの位置は、尿道口の上にある突起したところ。突起部分の大きさは人それぞれですが、ちょこんと出ているように見えるクリトリスも、実際の長さは数センチから10センチ近くだといわれています。男性でいうところのティンコの亀頭部分。構造もティンコと似ていて、血管と神経組織が集合している部分のようです。ただ、ティンコがおしっこを出す場所「泌尿器」と生殖器の両方の役割を持っているのに対して、女性のクリトリスそのものには、生命にかかわる機能は存在していません。ティンコの名残だともいわれているみたいですね。

 ではなぜ、進化の過程で退化してしまわなかったのでしょう。クリトリスは「性的興奮に特化した器官」として存在していると考えられています。ティンコ同様、血液が集まり充血することで勃起もする仕組みですが、男性の勃起時とは違いクリトリスは、見た目ではわかりにくいことが多いようです。

 ただ、「性的興奮に特化した器官」とはいえ、全女性がクリトリスは快感部位! というわけではありません。

 クリトリス絶対説、崩壊!! クリが感じない女性たちの存在

 <女性がセックス時にクリで感じなければいけないという理由は全くないし、性感帯は人それぞれ。指先や鎖骨、腰骨、背中、内腿、肛門……多種多様>

AV・雑誌情報や、今までの女性経験のデータに基づき、「クリは絶対に感じる場所」と認識している男性は少なくないはず。性感帯といわれている部分でも、そうではない人もいる。ということを忘れず、セックスする際は相手女性の気持ちいい場所をゼロから探求していただきたいです。

クリトリスの気持ちいい攻め方は?

 クリトリスは女性の股をぐいと広げると、膣が終わる一番上の小さい突起部分。陰毛がある場合はそこに隠れて存在してることも多いと思います。興奮して勃起している状態であれば特にわかりやすいですが、小さくて目立たない女性もいます。

  Gスポットやその他の「中イキ」などは、テクニックが必要で難易度が高いものとされていますが、クリトリスへの刺激やクンニに関しては、テクニックよりもいじったり、軽く舐めればそれなりに感じると思っている男性、いるんですよねぇ~。クンニでイカせるほどになると難易度は相当高いし、イカせるまでいかなくとも気持ちよくするテクニックは必要だと思います。個人的にはクンニも指でクリをイジるのも、クリの扱いはその男性の性格が表れるなぁ~と思っています。

  簡単でやりやすいテクニックとしては、指先を使ったクリ攻めで気持ちよくなってからのクンニがイイです! すでに勃起してるクリに対して指で刺激を与えるのは、最初から舌だけでどうにかしようとするよりラクなはず。キスやその他の部分を愛撫しながら、指先ではクリを愛撫(※ゆっくり丁寧に、撫でるようにしないと痛い場合もあります)。刺激を受けて、固く勃起したクリを認識できたらクンニへ突入! がスマートな流れだし、女性も気持ちいいんじゃないかなと思います。

  舌の使い方も一様ではありません。舌先を固く尖らせて刺激する方法、舌全体を使って舐め上げる方法などなど、触りかたも舐めかたも工夫次第でいろいろあるのです。受け手も、ソフトなタッチが好きな女性、強めが好きな女性と本当に様々なので、男性たちは反応をみながら相手女性の開拓をしてほしいものですね。

 「マインドフルネス・クンニ」とは? 女優人気NO.1のベテラン男優・田淵正浩のセックス

<「好きですよ。僕にとってクンニはキスしてるのと変わらないんですよ。おまんまんも唇みたいな形をしてますし、チュッチュチュッチュってすると口当たりも柔らかくて気持ち良いんですよね」>

クンニの心得は、田淵さんに習えっ!

クリトリスもチンコのように勃起する?

クリトリスって何? どうすると気持ちいいの? クリトリスについて知る!の画像2

Photo by Paco Rives Manresa from Flickr

 チンコを同じ構造のクリトリスは、気持ちいい快感で勃起をします。ただクリの勃起は、セックスやオナニーの時だけでなく、男性の朝勃ちとおなじように無意識に睡眠中に勃起していることもあるようです。

  クリはペニスに比べれば小さいこともあり、自分自身で朝勃ちを実感する女性は少ないみたいですが。さらに女性は、副交感神経の働きで女性器周辺の血流がよくなり、愛液の分泌量が増えることによって、勃起だけでなく「朝濡れ」現象も起こります。

  女性の朝勃ちおよび朝濡れはあまり認知されていないことから、起床してパンツが濡れていることを「ビョーキ!?」と心配している女性も多いようですがカラダがリラックスした状態だということなので、全く心配する必要はありません!

 「朝勃ち」するし、ジュワっちゃうこともある。朝濡れも気にしなくてOK

<「クリ勃起」に気付いたことはありませんが、目覚めて濡れていた時は「ンフ、私ったらヤラしい女ね」と思ったものです。これも実は「朝勃ち」と同じく、副交感神経の働きで女性器周辺の血流がよくなり、愛液の分泌量が増えていただけの生理現象。「朝濡れ」で自分がエロいことばかり考えているから……と反省したり、体調の不安を感じていた方も、カラダがリラックスして、健康な状態を保っているということなので、心配無用!>

  男性の朝勃ちに、「起きたら勃ってるとか、どんだけエロイのっ!?」と勘違いしていた女性も、自分もビンビンに勃っている上に濡れているということをお忘れなく。そして、「起床して、すぐ下着を替えた」という朝濡れ経験女性も多いようなので、不安な方や朝濡れ経験者は、おりものシートを装着でおやすみください。 

オナニーでのクリトリスの触り方は?

 オナニーをたしなむ時、女性は中(膣内)を刺激する派と外(クリトリス)を刺激する派に分かれるんじゃないでしょうか。

 クリトリスとひとことでいっても突起している物体のため、上・下・左・右・正面、もっと細かくいうと左上~などいくつもの領域があるといわれています。どこを触っても同じ刺激ではありません。それは指であろうと舌であろうと同じこと。セックスで男性からクンニを受けるときに、どこを舐められれば一番快感を感じるのかを知るためにも、自ら日々のクリオナニーで探ってみていはいかがでしょうか。刺激の種類や強度も、押す・潰す・なでる・さする・こする……様々ですからね!

女性がオナニーをする際、半数が自分の「指」を頼りにしているそうです

【messy調査】「指でオナニー」が半数。セックスを意識してオナニーをする人も多数

<小学生の時に、指や手のひらでのクリの刺激でイクことを覚えて、ちょっととまどいながらも、寝る前の習慣や朝起きる前にしたりで長~い付き合いです。シャワーもしばらくハマったことがありました。結婚も出産も経験しましたが、クリオナ歴が長すぎたせいかエッチではなかなかイクことができず、こっそりバイブを購入。時々使いましたが、結局指が手軽でクリオナにもどりました。旦那とのエッチはとても気持ち良いけどイケないので、後で指でスッキリしています>

実際にセックスの相手から受ける愛撫に近い感覚を得られるのは、自分の指かもしれません。人間の手指って本当に素晴らしいギフトですよね!

 やり方・触り方は、クリの周りを円描くように触る。指を左右に動かしてクリのコリコリとした感触を楽しむ。皮の上から、そして剥いてから指でトントントンと刺激を与える。などなど、指を使ったオナニーといっても、どれか1本の指を使ったり、数本の指で刺激をするなど方法も様々。色々と試して見て、気持ちいい部分やイク感覚を掴んでみるのもいいかと思います。

  ここ最近は、機能面でも優秀なバイブやローターが登場しています。指に飽きてきたら、道具を使った楽しみや快感を味わうのもいいものですよ。最近世の女性に多く見られるマン毛全剃りのパイパン(ハイジニーナ)は、オナニーの際も毛があるより感じやすいという声もありました。単純にクリを刺激するときも、毛がないと見やすそうでいいですよね。

クリを”チュパッ”と吸ってくれるグッズ発見!

 オナニーでは、クリだけでイっちゃう”クリイキ”が好きな女性も多いのではないでしょうか。正直、振動するだけのおもちゃはたくさんありますし、バイブでなくともスマホのバイブレーション機能で……なんて方もいるようです。が! クリを吸われることが好きな女性もいるのではないでしょうか。はい、私もですっ! でも吸引ばかりはセックスの時の楽しみしかないか……と肩を落としているアナタに朗報です。クリ吸引が好きでクリイキするために作られたおもちゃがあるんですよ!

ウーマンラブ ローズ

 ウーマンラブ ローズ

もちろん吸引とともに振動もあるので、振動のみで楽しみたい時にも対応できるものです! 4,000円ほどで購入できるので、高級バイブには手を出しにくいなぁと思っている方も、挑戦しやすい! オナる回数が増えてしまうかも……♪

仮性も真性もある「クリトリス包茎」

 クリトリスは、神経がとても多く集まり、快感を得るためだけに存在していると言っても過言ではないカラダの部位。男性のカラダで例えると、亀頭部分に当たります。と説明すると「感じて当たり前!」と思われがちですが、「クリが感じない」という女性も意外に多く存在します。

  10代のころに管楽器をやっていた女性や、バレーボールなど跳躍の回数が多いスポーツをしていた女性に多い、という見立てもあるようですが、個人的には信ぴょう性には欠けるかなぁ~と思います。そういえば小学校の頃、スポーツをしている女性はセックス未経験なのに処女膜は破れている……なんてウワサがクラスで騒がれていたなぁ~。また、オナニーをしない・やり方に問題があるためクリで感じない、ということはあるかもしれません。刺激を受けないまま皮を被っていると、クリの感度が鈍くなっちゃうのかなぁ……と、これも個人的な見解でしかありませんが。

 私の周辺にも「気持ちよさがわからない……」という友人がいます。恥ずかしさもあるとは思いますが、舌が近づくとビクンッと逃げてしまうんだとか。そのため、ビクンッの先にある気持ちよさを経験していないようであります。“性的な感覚を得るためだけ”の部位であるクリを放置しておくのはモッタイナイ。友人の場合は、ビクンッとなるので感覚はあるんでしょう。ただ、この感覚に慣れていないことが大きな要因だと思います。手っ取り早く慣れるためには、自分で刺激をすること。道具を使って味わったことのない気持ちよさに慣れちゃいましょう!

満を持してバイブを導入! クリ派女子に教えたい、快感のステップアップ術

「バイブを挿入しつつ、クリでイク」というクリ攻撃が好きな人向けに作られたバイブがオススメですね。<膣でイケないときはイケないのに、クリなら100%イケる>という方も満足させる優秀なクリ付きバイブでクリ慣れしてください。「違う! こそばゆい感覚すらないんだってば!」という方は、もしかしたらクリ包茎かもしれません。

 感度の問題だけではなく、「クリトリス包茎」という可能性もあります。このクリトリス包茎は、男性と同じように「真性」と「仮性」があるようです。

クリトリスが感じない…「クリ包茎」問題

<クリと包皮が完全にくっついている場合は真性包茎ですが、サイズが小さいことなどから自分では気づかないことが多いようです。>

クリ包茎のチェック方法もありますので、気になる方は、チェック!

 完全に皮を被っている真性包茎だとしても、安易に手術を考えるのはやめておきましょう。クリニックによって色々と不安を煽るようなことも書かれていますが、排泄器官のチンコと違い、弱酸性に保たれている女性の膣液。男性のように細菌感染を起こしやすくなってしまうようなことはないとされています。どうしても気になる方は、切除する手術ではなく他の治療法などの話を聞いてみてはいかがでしょうか。

クリトリスの大きさ

 クリトリスが大きいという話題でよく見かけるのは、「オナニーでクリをいじりすぎるとデカく育つ」とオナニー原因説を唱えはじめる人。必ずいますよねぇ。はい却下! そんなこと言ってたら、クリオナニーを長く続けてる方やクンニ好き彼氏と付き合っている方は、すでにティンコ並のサイズになってると思います(クリトリスは、ティンコの亀頭と同じ存在だといわれていますから)。

 ひとことでいってしまえば「体質」ですが、男性ホルモンが多めだとクリトリスも大きくなる、との学説があります。スポーツ選手や女性ボディビルダーが、筋肉強化のために男性ホルモンを服用したことでクリトリスが肥大したという例もあるそう。だからといって生きていく中で支障はありません。クリトリスが大きいことで日常生活に支障が出る場合(パンツに擦れて痛いなど)は、然るべき医療機関に相談した方がいいと思いますが、ただ大きいことで彼に見せるのが「恥ずかしい」「引かれるんじゃないか」という悩みなら心配無用! 大きめクリトリスを見て「うわっ! デカッ! マジかぁ~!(テンション↓↓)」とデリカシーゼロの発言をするような男性だったら、大きいクリを顔面に押し付けてから立ち去るべし! 立場を置き換えてみて、彼のティンコの亀頭が大きめだろうが、ティンコが小さかろうが、それが好きな男性だったら別に引くようなことではないでしょう?

 AV作品で女優さんのマンコを見たり、彼の言葉でクリの大きさに悩んでいる女性もいて、クリニックで「クリトリス縮小」という手術を受けようと悩んでいる方もいるようです。<余分な皮膚を取り除き、適度な大きさにする“クリトリス切除法”>という手術のようですが……すごく神経が集中したデリケートな箇所です。彼の言葉で簡単にデリケートゾーンの手術を考えないようにしてくださいね。その人と別れて次に付き合った人が大きいクリが好きな人だったら? 後悔しますよ~!

 大きくなっているクリが「オナニーのせいかも?」と思っている方は気にせず、クリオナニーを引き続き、お楽しみください。

 「クリトリスってかっこいい…!」小5の私がan・anセックス特集で得た知識

<「正常位」「後背位」「側位」などの名称もこの時に初めて知りましたし、“感じるポイント”の紹介としてまんまんのパーツが詳しく描かれている図を見てクリトリスの役割を心得ることができました。それまで、クリトリスは友達の間で「引っ張ると伸びるところ」と呼ばれていました。「クリトリス」とか、カタカナでなんかカッコイイ……! 私が翌日友達にそれを広めたことは言うまでもありません>

クリトリスが「小さい」悩み

 クリが小さいと感じる人は、皮で隠れているだけで勃起すれば見えるケース、勃起をしても皮が剥けにくくて見えないケース、勃起しにくいケースなど様々だと思います。

 そもそも皮が剥けやすい人、剥けにくい人、剥けない人もいます。皮が剥けやすい人は、比較的刺激に慣れているので、剥いても大丈夫な場合が多いですが、反対に、普段からクリが小さめ&皮が剥けにくい人は刺激に弱い傾向があるようです。そのため、手でグイッと持ち上げて剥いて刺激を与えると不快感や痛みを感じることもあるかもしれません。

 皮を剥いて刺激することが気持ちいいわけではなく、クリが小さく刺激に弱い場合は、剥かないで皮の上から刺激するくらいが気持ちいいこともあるんですよ。これは、あらゆる男性に知ってほしいことですね。クリトリスの大きさや皮の被り具合などよく観察して愛撫してほしい! ですが、そのためには、女性もちゃんと自分の感じる快感と痛みなどは伝えていくべきだと思います。「見られるの恥ずかしい!」なんて言わずに、じっくり観察の機会を与える必要もあるでしょう。

気持ち良い場所を伝えられていますか? バイが教える「性感帯チェックリスト」

たとえ自分のポイントを把握できたとしても、相手に伝えられなければセックスにおいては意味がありません。気持ち良い場所や責め方をオーダーするには「お互いの身体を知っていこう」という雰囲気作りが必要です>

場所も感度もみーんな違うので、まず自分が自分のカラダを知っていくことと、それをお互いに伝え合っていくことが、より楽しく気持ちいいセックスに繋がると思います!

クリトリスが、痛い! かゆい!

 たま~にクリがムズっとかゆくなることってありませんか? 強い痒みが毎日のように続く方は今すぐ病院へ行っていただいた方がいいかと思いますが、たまに発生するクリトリスのかゆみは、デリケートゾーンの蒸れで起こることが多いようです。恥垢やオリモノ、尿、生理中と、雑菌が繁殖し蒸れやすい状況になってしまうのは仕方のないことでもありますが、「毎日、丁寧に洗うこと」と「おりものシートや生理用ナプキンは、こまめに取り替える」ことを心がけましょう。クリトリス付近は(皮の中は特に)、汚れの溜まりやすい場所でもあるので、しっかり洗えていないと、「カンジダ」や「細菌性膣炎」の原因になってしまいます。とはいえ、デリケートな場所なので、ゴシゴシ洗うのは厳禁ですよ! 私はたっぷりの石鹸の泡で手で洗うようにしています。くれぐれもかゆみに負けて、傷がついてしまうほど掻いてしまわぬよう、お気をつけください。

 かゆみだけではなく、クリトリスや周囲が痛みを感じ、腫れてしまうと「外陰炎」という炎症になってしまう可能性もあります。さらに、「外陰炎」と同時に「膣炎」を併発することが多いようです。これは出血や性交痛なども伴ってしまい大変ツライですよね……。清潔な下着と正しい洗い方を心がけましょう。

挿入時にヒリヒリ痛い! 婦人科はしごでやっと気付いた、「膣前庭」の炎症

<セックスの挿入時による刺激だけではありません。タンポンやきつめのパンツ(ボトムス)、自転車に乗ったときなど圧迫によって痛みを引き起こすこともあるそうです>

 (大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
クリトリス愛撫教本 第2版