恋愛・セックス

気持ちいいフェラチオのポイントは? 唾液と音で興奮度アップ! 

【この記事のキーワード】
Photo by Skeyndor Cosmética Científica from Flickr

Photo by Skeyndor Cosmética Científica from Flickr

 フェラチオとは? 男性の肉体面と精神面を快感に導くもの

 女性が男性から受けるクンニもそうですが、自分の手やアイテムを使用したオナニー時の快感と、唇や舌を使って愛撫される快感は、別物ですよね。

フェラチオの際、女性は「上手にできているかな? 気持ちいいかな?」と気にしがちなのに対して、男性はテクニックよりも「好きな女性が、俺のモノを咥えてくれているぅ~!」という状況に精神的興奮と喜びを覚える方も多いようなので、さほど不安に思うことはありません。

紗倉まな熟考、技術を磨くより「フェラミケーション」!

<「どうしたらすぐにオーガズムを得られるのか」というのは、自身の快感の近道を一番熟知している本人に聞いたほうが絶対に早いですよね。でも実際は、近道を辿ることが一番気持ちいいフェラではないんじゃないかな、と思います。つまり、技術的なことで相手に快感を得てもらうのではなく、相手の男性がどうしたら気持ち良いのかを「私自身が考えて」フェラをするという、その思いやりの姿勢が必要なのではないかなと。その姿勢自体が、男性への“本当の前戯”なのだなと思うことが最近多くなりました>

 ただ……セックスの前戯、コミュニケーションとしてフェラをすることが当たり前になっている男女は多いと思いますが、フェラはとても危険性の高い行為でもあります。仮にどちらかが性病に感染している場合、フェラは病原菌をうつしあってしまう可能性がある行為です。性病でなくとも、女性の口内の衛生状態によっては、男性が尿道炎になってしまう可能性もあるといいます。リスクを伴う行為だということをお忘れなく。

フェラのやり方よりも重要なアイテム「唾液」

 自分のフェラテクに自信のある一般の女性は、どれほどいるのでしょうか。堂々と「アタシ、上手なフェラテク、持ってるよ★」とウインクできちゃう女性って、そんなに多くないと思います。前の彼のときは彼の気持ちいいポイントを熟知していたから「うまい」と言われていたとて、今の彼にもそれが気持ちいいかはわからないですもんね。ベテランを気取らず、初心を忘れずに。

ズル向けにしたり、包み込んだり…フェラ自慢が実践するリアルなテクって?

<◆唾液をフル活用「とにかく唾液をいっぱい口に溜めて、口からこぼれるくらいの勢いでフェラすると好評」◆むき出しで感度アップ「ちんこの皮が余ってたら、それを片手で根元まで寄せ集めた状態にして舐めてると気持ちいいって言われる」◆包容力を発揮「亀頭を舌全体で包み込むようにして舐める。舌の中心に亀頭を押し当てるようなイメージと。その状態で強弱をつけながら舐めるのが好評」◆合わせ技で新感覚「ちんこに歯が当たらないようにして唇を使ってくわえつつ、そのまま上下に動きながら舌を上下左右にベロベロさせるのはよくやる>

 咥えたまま上下に動かすのが好きな人もいれば、チロチロと亀頭を舐め続けてほしい人もいるし(女性だって好きなクンニ方法は人それぞれだし)、フェラの時に手を使ってほしい派・口だけでしてほしいから手を繋いでまで阻止してくる派、さらにはフェラのときに、一緒にタマタマを触られると堪らない! という人や、逆にタマタマを触られると萎えちゃう人などなど、好みは十人十色。このテクさえ覚えておけば! という簡単なものでもないと思います。

  どんな男性に対してのフェラでもコレだけは大事! っていうコツはナンダロウ? と考えてみましたが、個人的には「唾液」だと思っています。フェラをする際、唾液がちょっとしか出なくて苦戦することはあれど、多すぎて困ることはないかと。私は歯科医師に唾液の多さに驚かれ、唾液を吸い取るアレが常に口内を動き回っていたことが恥ずかしかった苦い思い出がありますが、フェラの場面では大活躍してくれるこの唾液。逆に、唾液が出にくい方は、口に入れても安全なローション(食べられるものまでありますよ)を使ってみてもいいかもしれません。唾液まみれのフェラでイカせることが出来れば、ドヤ顔で特技=フェラだと公言しちゃってください。

 Photo by Alberto Arego Pulido from Flickr

Photo by Alberto Arego Pulido from Flickr

バキュームで必要なフェラテクは「音」がポイント

 これは女性にとっては、実は、舌を色々と動かす舌先テクニックよりもやりやすいかもしれません。重要ポイントを簡単にお伝えしたいと思います。

 1番の重要ポイントは「とにかく唾液でヌルヌル状態に」。通常のフェラでも唾液は重要ですが、バキューム仕様の場合、口をすぼめた状態で吸いつきながら上下に動かすので、唾液の量が少ないとちんこに痛みを与えてしまう可能性もあります。口の中に唾液をたっぷり含んだ状態にして、ちんこ全体をコーティングするイメージでまんべんなくつけていきます。ここでも唾液が出にくい方はラブグッズでサポートをしてもらいましょう。たっぷり口に入っても問題のないローションを活用!

 それでも、ローションを口に入れることに抵抗がある方! 私のオススメは……コンビニで買えるごく普通の「ゼリー(果実なしver)」。これなら普段から食べるものなので、ツルンと飲み込んでしまっても抵抗はないはず。注意点はいくら常温で置いていても、敏感なちんこに塗ると冷たくて萎えてしまう可能性があるので、ゼリーを口に含ませてぬるい状態にしておきましょう。

「簡単だけど奥深い…「ローションプレイ」を楽しむコツとは

<フェラやクンニなどは最中に舌やあごが疲れてきたり、臭いが気になったりしますが、フレーバー付きならその美味しさで長時間楽しめます。さらにサラサラやネバネバなど、テクスチャーにも種類があったり、温感タイプやクールタイプなどのバリエーションもあるので、その日の気分や季節に合わせて使い分けるのも楽しそうですね>

 ちなみに、ローションやゼリーを使ったらヌルヌルしすぎじゃない? と女性は心配になるかもしれませんが、どうやら男性のちんこは、女性が思っている以上にヌルヌルしているくらいが気持ちいいようです。さらに、ヌルヌルにした状態は、通常よりも感度が高まり、いつも以上に敏感になっているようなので、ヌルヌル時の愛撫は優しいソフトタッチで充分らしいです。ということは、唾液で濡らしながらのフェラよりも、ローションやゼリーを使用したほうが女性もラクに出来るかもしれませんね。

 次にバキュームで“それっぽさ”を醸し出すのに必要なのは、「空気を入れて音を立てること」。この音こそが、バキュームフェラならではの醍醐味ではないでしょうか。ジュパッジュパッと鳴る激しい音に、男性は聴覚でも興奮を覚えるようです。

 通常フェラの場合は、自分の口とちんこは密着状態のはずですが、バキュームフェラは、吸い付きながら口とペニスの間に空気を入れて音を出します。歯が当たらないように気をつけながら、ずっと密着状態を続けるよりもラクかも?

「絶対にイカせる男」が伝授する究極のフェラテク

<特筆すべきは、掃除機をかけているときのような轟音を響かせるバキュームフェラだ。「わたしだって、日々の練習が大切なのよ。たとえばさ、寝る前に10秒、舌を動かすのもいいわよ。仰向けに寝て、10秒間、舌を突き出してれろれろ動かして、稼動域を広げるの。それから、ペットボトル……>

 バキュームの強さの好みは人それぞれ。必死に強く吸いはじめると、痛いと感じる男性もいるようです。吸引力は弱からスタートして、彼に確認しながら徐々に強めにしてみてはいかがでしょう。ちなみに、音のすごいバキュームに対して「下品」「フェラに慣れすぎ」という意見を持つ男性もチラホラいるので、引かれたくない場合は空気を読んで加減してください。

疲れないためのフェラチオテクニックは?

  いくらフェラ好きの女性でも、長い時間のフェラはアゴ&首が疲れますよね。AVのように最初からガッツリ咥えて、顔を上下に動かす! みたいなことはしなくていいと思います(あれも、男性用AVのパフォーマンスでしょう)。同じようなことをしてしまうと、フェラ=疲れる(苦痛)になってしまいます。セックス時の大切なコミュニケーションですからね、楽しくないと!

  フェラで疲れないための方法も様々なところで紹介されていますが、「すぐ咥えるのではなく、軽く先っぽを含んだままゆったりとスローテンポで」や「咥え続けるのも疲れてしまうので、手で愛撫しながら」というテクニックがメジャーです。そう、咥えなくても舌先で色々なところを舐めたり、そこで緩急をつけるだけでも相当な刺激になるし、何より疲れないですよ! きっと男性は、一刻も早く咥えてほしいでしょうが、ここで「焦らす」というのもまた一興。焦らしながら、自分自身がラクに長く楽しいフェラが出来る方法を探し出すことが第一だと思います!

 手コキを組み合わせれば、彼へ与える気持ちよさも倍増&自分もラクになる……一石二鳥!(手コキを組み合わせようとしても「口だけでやって」と手を抑えられてしまった、という経験もありますが……)。

 1番やりやすいフェラ+手コキは、口に含む部分を少な目にして竿を手でコスる方法です。口は亀頭~カリを往復してフェラをしている状態。口に含んでいない竿の部分に手を添えて(親指+人差し指+中指の3本か、薬指も追加の4本がベスト)、頭と一緒に上下するだけ! これなら、奥まで咥えるために大きく口を開かなきゃいけないこともなくなり、口に入っていない部分も刺激されていることで、彼のちんこも快感が上がるはず。

 次にオススメのフェラ+手コキは、親指と人差し指で輪っかを作って上下に動かす「指輪っか手コキ」。やっぱり「カリが1番感じる~」という男性が多いかと思います。指輪っかで竿も刺激しつつ、口や舌で刺激を与えているカリ部分まで指輪っかを移動させてカリに引っ掛けるように上下。口と指でカリをダブル攻撃!

   もうひとつ、「おしゃべりフェラ」も疲労回避にオススメ。私自身、この方法は毎回やっております。感じている男性の顔を見るのが好物だということもありますが、“口を休ませるため”が第一の理由です。手は休めずにちょいと会話をしながら感じている顔を見て自分の興奮度をアゲます。

フェラ疲れ、マンネリ解消に効果的?「手コキ四十八手」ハウツー

手コキ自体は、女性の身体に直接的な快感はないので、大人のおもちゃを当ててもらいながら挑戦するなど、お互いに気持ち良い状態を探しながら試してみてもいいかもしれません♪男性によってはひとりエッチのし過ぎで、「セックスでも最後は手コキでイキたい……」と陰ながら思っているという声もちらほら聞きます。フェラに疲れた時や責めたい気分の時、さらにマンネリ解消にも使えそうな「手コキ四十八手」今夜、試してみてはいかがでしょうか?

 女性がデリケートゾーンである性器を大事に扱ってもらいたいと思うのと同じで、男性もちんこへの急な刺激を加えられると当然痛いです。竿が乾いた状態での素早い手コキはやらないでください。口や舌を使ったフェラで唾液を垂らしたんまり濡らしたあとに、唾液を潤滑油にして手コキを追加するのが良いでしょう。

フェラをしながらオナニーする「オナックス」女性急増中?

 女性がフェラしながら自分の手でクリを触るなどのオナニーをする姿に興奮する男性は多いようです。「フェラ オナニー」と検索してみると、AVのタイトルがドバーっと並びます。やはりAVの影響でしょうね。実際に彼女にお願いしたものの、「恥ずかしいからイヤ」と断られた人もいるとか。

 しかし、ここ最近「オナックス」という言葉が女性の中で浸透しているようです。彼とセックスした時にイケない。でも、フェラやセックスをしながら自分でクリを刺激することでイクことができる……いくら大好きな相手でもカラダの相性はありますからねぇ。せっかくセックスをしているなら、気持ちよくなりたいですもんね。

 定番オナックスは、フェラをしながら自分でクリトリスを触ったり中に指を入れて刺激するもの。興奮度が上がり、その後のセックスで感度が上がっている状態になるようです。もうひとつの定番は、挿入しながら指でクリを刺激する方法。男性が指で刺激すればいいのに……とも思いますが、自分が感じるポイントを刺激した方が、イクためには手っ取り早いという方もいるようです。その他にも、乳首を攻撃されてる時に・クンニされてる時に……など自分に合った色々な組み合わせを見つけてみるのも楽しいかもしれません。

セックスができない彼女へ「せめてフェラ」の注文、どう思う?

 どんなにセックスが好きでも、できない時やしたくない時ってありませんか? したくない時ならまだしも、セックスしたいのにできない状態は、女性でも悶々してしまいます。まさに生理中がその状態! という女性も多いのではないでしょうか?

 男性の中には、「彼女は生理中だから出来ない、ガマンガマン」と自分に言い聞かせているものの、頭の中にある“ヤリたい!”の欲望には勝てず、フェラだけお願いする男性もいますよね。色々と調べている中で、「生理中でセックスできない女性は、彼をガッカリさせないために自分からフェラしようか? と聞いてあげて!」的な内容をネット上に書いている方々がいて驚きました。<男性からはなかなか言い出せないから、女性のほうから言えば彼は喜ぶよ!>とか、<彼を満足させるためにフェラの技術を身につけよう!>って……若干のイラつきさえ覚えました。

 「エッチがダメでもせめてフェラを」と頼んでいる男性は、フェラをしてもらってスッキリするでしょう。でもしかし! 女性の方もセックスしたくても生理中でできなくて悶々している状態だったら? フェラではスッキリしません。ますます悶々するということを考えていないのでしょうか。残念です。

 女性は、したくない時・できない時の「せめてフェラ」に対して断ることに心苦しくなる必要はないですし、断られたことで機嫌が悪くなるような男性であれば、付き合いを見直すいい機会です。心ではガッカリしていても「お互いに我慢しようね」を提示する男性もいますから。「せめてフェラ」を言っている男性は、「お互いに我慢」を言える男性になっていただきたいと切に願っております。

生理中でセックスが出来ない時、せめてものフェラを“要求”されるのは「普通」のこと?

10代は性欲が勝って要求しちゃうお猿さん。20代は相手の様子を伺いながら。30代は相手を労り諦めることも覚える(キレた時の女の怖さも知っているからか……)。そして、実は多かった「お願いしたことがない人」の理由は「精子処理みたいなことは頼めない」とのこと。意外と紳士はたくさんいるんですね!!

オーラルセックス(フェラ)に潜む危険性

 オーラルセックスの危険性について、どれくらい知っていますか? 「オーラルセックス」と表現する人は少ないかもしれませんが、口を使って行う性行為のことです。クンニリングスやフェラチオですね。このオーラルセックス、性器にある性感染症の原因となる細菌やウイルスが口や喉にも感染する危険性が高いのです。

 中でも感染率が高いといわれるのは「咽頭クラミジア」。喉の違和感、腫れや痛み、発熱したり微熱が続いたり……と風邪とよく似た症状が表れます。そのくらいの症状なら大したことないや、と思っている方! 咽頭クラミジアを放置しておくと、エイズや淋病などそのほかの性感染症もかかりやすい状態になってしまうそうなので、少しでも口腔周囲に異変を感じたら、医療機関で受診してください。また、感染しても風邪のような症状が出ないこともあります。

 フェラはしたい、少しでも感染を防ぐ方法は……となると、フェラのときでも、コンドームをつけること。ただこれも、逆に違和感を感じるしイヤだ……という方は、喉の奥まで深く咥えるフェラは避けたほうがよさそうです。そもそも喉は、傷つきやすくデリケートな粘膜です。たとえば、ちんこを奥深くまで咥える「ディープスロート」。“喉の締まり”が通常のフェラでは味わえないほど快感といわれ、経験のある男性は好きな方が多いと思いますが、女性の肉体のことを考えたら奥まで咥えすぎないように気をつけたほうがいいのです。そして! フェラで興奮して女性の頭を押す男性もいると思いますが、撫でるだけにしといてください!

 今も以前も、不特定多数と関係を持ったりせず特定のパートナーとしかセックスしていないとしても性病感染はあり得ない、とは言えません。彼氏の前の彼女や、前の前の彼女が性病に感染していたかもしれないし、あなたの前の彼氏やその前の彼氏だってその可能性がゼロと断言できるでしょうか。1対1のセックスパートナーが出来たら、お互い性病検査を受けておくと安心してセックスを楽しめると思います。

「フェラはクンニよりもリスクが高いなんて…」ゴムフェラの必要性を知ったビッチの決意

「フェラをする際は、男性器が女性の喉付近まで触れることがある。喉付近は病原体が非常に繁殖しやすい環境だが、クンニする際に女性器が男性の喉に触れることは女性器の形上ないに等しい。そのため、フェラはクンニよりも性感染症のリスクが大きいと考えられるのでは」との回答を得ました

男のロマン「即尺(即フェラ)」は危険!

 「即尺」(即フェラ)とは、字のごとく、シャワーを浴びる間もなくすぐにフェラチオをすることですが、もともとは高級ソープのサービスからはじまったといわれています。ヘルスサービスの風俗では即尺専門店もあるようで、男性からの人気の高さが伺えます。

 「即尺は男のロマン」と語る方もいるようです。本来の「即尺」は男性が部屋に入ったと同時(シャワーに入る前)にフェラを受けることをいいますが、「即尺前にシャワーを浴びること」「タオルで陰部を拭くこと」などの注意書きがあるお店も増えていることに「それじゃあ、真の即尺じゃないっ!」と憤慨している人も……。

 いち一般女性として個人的な意見にはなりますが、少なくとも一般カップルの男性で、彼女に即尺を要求している人、しようとしている人がいたら……やめていただきたいなぁと思います。あくまでも、風俗店のプランやAV作品のテーマであるということをお忘れなく。風俗店でも正直、性病予防の観点からいえば危険なサービスです。

 洗っていない状態のちんこは汗・カスが付着している状態で、菌&キツイ臭いを発している可能性大。その菌を彼女の口の中に充満させぬようお願いいたします。もちろん、「やってみたい!」と申し出る彼女ならば、この限りではありませんが……。

「男性器は臭くて当たり前」? 一般カップルの“フリー即尺状態”から見えた女性のリアリズム

女性向けのまんこ専用ソープ等を使い、もしシャワーを浴びる前にセックスしてもいいようにとケアをする女性もいます。そうしたアイテムが開発・発売されたのは、「彼にアソコが臭いと言われた」という悩める女性の声がきっかけのひとつ。であれば、男性のデリケートゾーンの臭いについて、女性側ももっと声を上げてもいいのではないでしょうか。ちんこ専用ソープなんかもデート前の男性の必須アイテムになるかも……?

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
フェラチオ教本