恋愛・セックス

セックスが「面倒くさい」女性の言い分~セックスレス夫婦47.2%という調査結果を受けて

【この記事のキーワード】

2月10日、一般社団法人「日本家族計画協会」が、二年に一度おこなっている「第8回男女の生活と意識に関する調査」のメディア向け結果報告会を開催し、多くのマスコミが集合した。

同調査は2002年から二年おきに継続しておこなわれてきたもの。第8回となる今回は、昨年10月13日~11月22日にかけて、層化2段部作為抽出法で抽出した16歳~49歳の男女を対象におこなったもので、有効回答数は1263人。男性587人、女性676人が回答している。

トピックは大きく分けて10ある。1つめは「セックスレス化の進行」、2つめは「初交年齢とそれに影響を及ぼす要因」、3つめは「未婚者の特徴」、そのほか「避妊状況」「女性ホルモン剤(ピル)」「人口妊娠中絶」「子宮頸がん予防ワクチン」「経口妊娠中絶薬について」「少子高齢化問題」などであった。ここでのセックスレスの定義は、「一カ月以上、性交がない」ことである。

日本家族計画協会理事長である北村邦夫医師は、「婚姻関係にあるカップルのセックスレスの割合が04年の31.9%から増え続け、14年は44.6%、ここで上げ止まるかと思っていたが、16年はさらに2.6ポイント増加し47.2%に到達してしまった」と嘆いた。

セックスに積極的になれない理由について、男性は35.2%が「仕事で疲れている」と答えトップ。これは前回14年調査の21.3%から増えた。次いで「家族のように思える」が12.8%、「出産後何となく」が12.0%となっている。

女性のセックスに積極的になれない理由1位は「面倒くさい」で22.3%、続いて「出産後何となく」が20.1%、「仕事で疲れている」が17.4%だった。

北村医師はこの、女性トップ意見である「面倒くさい」という感覚が、自分にはいまひとつわからない、と述べた。男性では「面倒くさい」との回答は7.2%で他の項目よりも割合が低かった。

女性の「セックスが面倒くさい」という感覚、わからなくもない。「面倒くさい」という言葉に集約してしまうとまるで性行為そのものに価値を見出していないかのように見えるが、複雑な感情をまとめると「面倒くさい」になるのだ。

面倒くさい、の中身

まず、その女性にとって、セックスが気持ちよく、何度も繰り返ししたいと望むようなものかどうか。セックスで快感を覚えないし、セックスが安らぎにもつながらないという場合、「面倒くさく」なって、積極的にしたいと思えないのも自然なことだ。

産後であれば、心も体も育児で疲れていてとにかく眠りたい、ということもあるだろう。子供を寝かしつけてから(自分は寝落ちしないよう踏ん張り)、夫のいる部屋に移動してスキンシップをとるのも「面倒くさい」し、いつ再び子供の泣き声で呼び戻されるかわからないとなるとセックスを楽しめなくてやっぱり「面倒くさく」なる。

体調が優れなかったり、仕事を家に持ち帰っていたり、美容ケアに時間をかけたかったりする日は、セックスの優先順位など最下位になる。誰だって、毎日まったく同じ単調な一日を過ごしているわけではないのだ。

二人目、三人目を妊娠したらどうするのか、という不安もよぎる。仕事をしている母親の場合、子供を保育園に預けられるかどうかは死活問題で(父親に関してももちろん最重要問題のはずだが)、夫婦だから避妊失敗の心配なくセックスを楽しめるかというとそうでもない。

家事育児分担の不平等で不満を覚えやすいのも、女性側が多いだろう。相手に対する不満を抱えている状態で、「この人とセックスしたい!」と思えるだろうか。誘われても「こいつ何言ってんだ」とイラッとこないだろうか。よく「セックスをすることで夫婦関係が良好に保たれる」というが、セックスをするには、そもそも良好な関係が必要なのだ。セックスをして気持ちよくなることで相手への不満が解消されるかといえば、そんなことはないのだから。

こうした様々な「面倒くさい」の理由は、男性側にとっては、些末なことだろうか。

それにしても、有名なDurexの2007~08年調査によると、ギリシャ人の年間セックス回数は164回、ブラジル145回、ポーランドとロシア143回。日本は調査対象国のうち最下位で48回だ。でも、年間で48回ということは、月に4回はしていることになる。月に4回もしていれば全然セックスレスじゃないし、むしろ日本の夫婦では「多いほう」にカウントされる。月に1回だったら、年間12回。半年に1回だったら、年間2回。現在のセックス頻度から、死ぬまでにあと何回セックスするか数値を予測してみたら、みんな思った以上に少ないんじゃないだろうか。

ヒポポ照子

東京で働くお母さんのひとり。大きなカバを見るのが好きです。

[PR]
[PR]
夫のちんぽが入らない