連載

やっぱり気になる「同世代は、どのくらい貯蓄してる?」 大切なのは目的と貯蓄スパイラルにハマらないこと!

【この記事のキーワード】

banner500*

 こんにちは! ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の川部紀子です。お金一筋22年になる今年、私の著書が3月10日発売(予定)されます。タイトルは、『家計簿不要!お金がめぐる財布の使い方 財布の中に神棚を!』(永岡書店)。女性向けのお金に対する心構えを一生懸命書きました。読者の皆さん、こちらもどうぞよろしくお願いします。

 さて、今日はみんなの貯蓄額についてのデータを紹介したいと思います。「みんなどのくらい貯めてるの?」他人の懐具合というのは気になるものですよね。

 私は毎年、「家計の金融行動に関する世論調査」という調査に注目しています。金融広報中央委員会(愛称は「知るぽると」)という、政府や日本銀行等と協力して金融に関する広報活動をしている団体が調査しているもので、ホームページにはお金にまつわる基本的な知識からアドバイスまで紹介されていて、とても勉強になります。

年代別の貯蓄額の平均が知りたい!

 この仕事をしていると、「みんなどのくらい貯めているの? 平均的な貯蓄額は?」という質問にしばしば出くわします。収入も家族構成も趣味もライフスタイルも何もかも違うのでそんなものを知っても意味がありませんよ! と言いたくもなるのですが、皆さんどうしても気になるようです。ということで、早速年代別の平均を発表しましょう。

20代 184万円
30代 395万円
40代 588万円
50代 1128万円
60代 1509万円
※「家計の金融行動に関する世論調査[二人以上世帯調査](平成28年)」
金融資産保有額(金融資産を保有していない世帯を含む)

 気になるというからなくなくお伝えするのですが、多くの方は落ち込むか、逆ギレの表情を浮かべます。これらの金額と同じくらい、あるいはこれ以上に貯めている人は少ないのです。実は貯蓄ゼロの人が3割以上もいるというデータもあるくらいですから、このデータを見て納得いかない気持ちはよーくわかります。

1 2

川部紀子

ファイナンシャルプランナー(CFP® 1級FP技能士)。社会保険労務士。1973年北海道生まれ。大手生命保険会社に8年間勤務し、営業の現場で約1000人の相談・ライフプランニングに携わる。その間、父ががんに罹り障害者の母を残し他界。自身もがんの疑いで入院する。母の介護認定を機に27歳にしてバリアフリーマンションを購入。生死とお金に翻弄される20代を過ごし、生きるためのお金と知識の必要性を痛感する。保険以外の知識も広めるべく30歳でFP事務所起業。後に社労士資格も取得し、現在「FP・社労士事務所川部商店」代表。お金に関するキャリアは20年超。個人レクチャー、講演の受講者は3万人を超えた。テレビ、ラジオ等のメディア出演も多数。近著に『家計簿不要!お金がめぐる財布の使い方』(永岡書店)がある

twitter:@kawabenoriko

サイト:FP・社労士事務所 川部商店 川部紀子】

[PR]
[PR]
家計簿不要! お金がめぐる財布の使い方