恋愛・セックス

アヘ顔・喘ぎ顔対策にもってこいの体位・後背位(バック)! 

【この記事のキーワード】

バックで気にするのはケツ毛だけ

Photo by Beverly from Flickr

Photo by Beverly from Flickr

 

 セックス体位の定番といえば……個人的に外せないのは「正常位」と「バック」なんです。後背位(バック)といってもやり方は様々ですが、女性が四つん這い(または膝はついてお尻を突き上げる状態で)、後ろから挿入されるバックが定番でしょうか。この体位は、挿入している瞬間、出し入れしている局部が非常に見やすいとのことで、男性も興奮を覚える体位のようです。女性の中には、バックだと「彼の顔が見えない」「触れられない」という理由で寂しがる女性もいるようです。確かに、最中は常にどこかを触れていたい私もその気持ちはわかりますっ!

 しかーし! 違う視点で考れば、女性にとっては嬉しい体位だと思います。正常位・騎乗位・対面座位などで「アヘ顔を見られるのが恥ずかしい!」という女性も非常に多いそうです。横を向いたり手で表情を隠してみたりといった努力をしている方もいます。せっかくの気持ちいい最中に余計なことは考えたくないのに……。そんな方でも、このバックなら表情を見られる心配もなし! 唯一気をつけるならば……局部が見えやすいので、ボーボーすぎるケツ毛(Oライン)あたりは気をつけておきましょうか。バックでガンガン突かれるのが苦手な方は、バックよりはソフトな突き方になる背面側位(横バック)にしてみたらいいと思います。バックよりも密着感が高いですし。

セックス中の「ブサイキ顔」を回避する4つの方法

<正常位や座位などの顔が見える時だけはとにかく表情を作って自分なりの可愛いイキ顔を徹底し、本来のブサイキ顔は、顔が見えない体位の時に解放するというシンプルな技です。顔が見えている限り、全力で感じられないというリスクがあるので、ブサイキ顔を晒すことと感じまくることのどちらを優先するのかご自身で判断した上で行って下さい>

思う存分、アヘってください!!

 

しんどい立ちバック対策は? 

Photo by Doe, John from Flickr

Photo by Doe, John from Flickr

 

 身長150cm台の私は、相手男性との身長差が20cm以上なんてザラですが、セックスの際、身長差が原因でツライ体位は……69(シックスナイン)と、立ちバック! 立ちバックは、身長の高い彼に合わせてつま先立ち状態になって何度も足がつりそうになった経験があるので早々に切り上げてしまいます。

 何かいい方法はないものかと調べてみました。どうやら<女:足を横に開く・男:足を横に開く&膝を曲げる>が基本的な立ちバックの形のようです。そうなんですね、私はいつも足を閉じていました。ただ身長差がある(女性の方が背が低い)場合のオススメ体位は<女:足を閉じる・男:精一杯足を横に開く&膝を精一杯曲げる>がベストらしく……なるほど、私は無意識に自分がラクになる体勢をしていたようです。女性の方が背が高い場合はこの逆<女:精一杯足を横に開く・男:足を閉じる&膝も曲げない>がグッド。

ながーくセックスを楽しむために…足腰に負担が少なく、疲れ知らずの体位はコレ!

<「立ちバック」。これは、身長差がある場合、男性も女性も、意外にツライ体勢になります。彼の身長が高ければ、彼は膝を軽く曲げたままずっと立ち続け、腰を振る。女性は彼の位置に合わせようとするので、かかとを上げ気味になり、手のひら全体を土台に置くことが難しくなるので、指先プルプル。お互いキツイです……>

 

 お互いの協力が必要になる体位ですが、私のように女性の方が身長の低い場合は、男性は“精一杯足を広げ、精一杯膝を曲げる”わけですからプルプルするのを乗り越えて、相当踏ん張る形になりますよね……頑張っていただきたいものです。彼に協力をするならば、彼の膝の負担を減らすべく、自らのお尻を少し持ち上げるようにすれば少しは膝の負担も緩和して、ちんこの角度変えることなく挿入できるかもしれません。ちなみに、身長差はあまり関係ないかもしれませんが、女性がベッドに手をつこうとすると、これまた足全体的にツライので、支える手は壁だったり自分の肩や顔の延長線上に置くのがいいかと思います。

 

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
NULL ブラジリアンワックス 脱毛ワックス メンズ 【スターターキット】【説明書付】