カルチャー

月9また最低視聴率更新、人物描写が薄すぎて魅力伝わらず!/『突然ですが、明日結婚します』第五話レビュー

【この記事のキーワード】
『突然ですが、明日結婚します』公式サイトより

『突然ですが、明日結婚します』公式サイトより

 2月20日放送のフジテレビ月9ドラマ『突然ですが、明日結婚します』第五話は、またまた“月9史上最低視聴率”の更新となりました(平均6.2%/ビデオリサーチ調べ、関東地区。以下同)。初回から8.5%→6.9%→7.6%→6.6%→6.2%と推移。残りはあと四~五話でしょうが、早く底を打ってほしいと制作サイドは胃をキリキリ痛めていることと思います。フジテレビのドラマは『嘘の戦争』以外の『嫌われる勇気』『大貧乏』もここまで全話一桁台ですし、これがフジドラマの正常値になっちゃってますね。

 ただ筆者はFOD(フジテレビオンデマンド)で視聴してるんですけど、こっちにももっとCM入れたらいいのに、入らないんですかね?? 第五話で流れたのはdocomoのCM(秋山竜司ver.)ばかりで、それ以外はFODプレミアムで配信中の作品の宣伝CMでした。ちなみに第四話はアヤノサンドロスばっかりね。ティーバーとかTBSFREEとか、公式の動画サイトは増加中。こっちのほうが「テレビ視聴率」よりも明確に視聴回数およびユーザー数が計測できて、CM打つのに合理的ですよね? 現状、各ドラマの再生回数がどの程度になっているのかわかりませんから何とも言えませんが、今後はテレビ局への広告投下もやり方が変化していくと思われます。

flumpoolが棒じゃない!意外と期待できそうな月9恋愛ドラマ『突然ですが、明日結婚します』/第一話レビュー
早くも視聴率爆死の月9! 結婚願望ガン無視で「会いたい」と迫る男、逃げ切れない女/『突然ですが、明日結婚します』第二話レビュー
友達の家のリビングでエッチするってアリなのか?/『突然ですが、明日結婚します』第三話レビュー
みどころがない、興味がない!? 6.6%で月9枠最低視聴率を更新/『突然ですが、明日結婚します』第四話レビュー

 さて、そんな話は置いといて、『突然ですが、明日結婚します』がなぜ同じように女性向けマンガ原作で結婚をテーマにした『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)みたいに盛り上がらないのか、あるいは『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)のように二桁視聴率に届かないのか。やっぱ話がつまらないのと(多少の膣キュンはあり)、人物造形が魅力的でないのと、細かい設定の矛盾が気になってしまうのと……いろいろ! というわけで第五話、まずはしつこく登場人物のおさらい。

■高梨あすか/西内まりや
大手の都市銀行・いずみ銀行の法人営業部で働く優秀な会社員。仕事熱心で努力を怠らず、金融情報に詳しい。母のような優しく温かく家族を支える女性になりたいと思っている。恋する相手と結婚して専業主婦になることが夢。名波と交際開始。

■名波竜(ナナリュー)/flumpool山村隆太
朝の情報番組で司会を務めるテレビ局アナウンサー。イケメンで主婦層人気が高い。過去に女優・桜木夕子と不倫していた「結婚したくない男」。あすかの先輩・小野の住む豪華マンションに居候中。あすかに惚れて告白、交際開始。

■神谷/山崎育三郎
あすかが勤める銀行の系列・いずみ証券のエース営業マン。名波の勤務するテレビ局で経済番組に出演することになる。第二話で突然あすかにプロポーズ、断られてもアプローチを続ける。イケメンで仕事もデキる男という設定。

■桜木夕子/高岡早紀
人気女優。既婚。かつて新人時代の名波と不倫関係になった。ゲストを招いてプレミアムなトークを引き出す新番組『ココロシアター』の司会を名波とペアですることになり、久々に再会。夫はゲス不倫で家から出て行ってしまった。

■莉央/中村アン
銀行員。あすかの先輩でいつもつるんでいる。小野と交際開始。

■桃子/岸井ゆきの
銀行員。あすかの同期でいつもつるんでいる。

■小野/森田甘路
銀行員。あすかの先輩。金持ち一家の御曹司で、タワマン最上階の立派な部屋に住み(お家賃180万円/月)、名波を居候させている。莉央に7年越しで好意を抱き続け、ついに交際開始。

スキャンダル対策はどうした

 夜までかかった仕事の打ち合わせを終えたあすかは、小野宅でいつものメンバー(小野、莉央、桃子、名波)とお好み焼きパーティーをする予定でタクシーで乗り付けます。すると同乗していた神谷も降車し、あすかに不意打ちキス! 神谷は、帰宅途中の名波がすぐそばにいることに気付いて“わざと”キスシーンを見せつけたのでした。名波が近くにいると気付いていないあすかでしたが、怒りを滲ませた目で「二度としないでください」と言い残し毅然と去っていきます。そこはビンタしよ! ビンタくらいしないと! 強制わいせつで訴えてもいいくらいなんですが、あすかはこの強引なキスを名波にも誰にも伝えません。言うと不安にさせるだけだと思ってるんでしょうね。

 お好み焼きをたらふく食べ、名波はあすかを「送っていく」と言いまた東京湾沿いの舗道を二人で歩きます。驚いたことに、名波「間に合う?」あすか「うん、終電には」って、電車で通う距離だったんだ!? 電車に乗ってるシーンなんてこれまでありませんでしたし、序盤であすか実家近所の赤い橋に名波が登場したりしてたから、てっきり小野マンションとあすか実家は徒歩数分の距離なんだと思ってました! 空間歪んでるよ! そしてもうひとつ、朝の情報番組(帯)司会をしている名波は早朝2時起きでテレビ局に出社するわけですが、しょっちゅうこんなふうに夜(つまり終電間際の時間帯)まで小野たちやあすかと飲んで食ってしてるんですよ。ちゃんと寝てる? あすかもそこんとこ、気遣ったらどうすかね。

 こういう野暮は言わないのがドラマのお約束なんですけど、「テレビ局の人気アナウンサー」という業態の男を主人公の相手役にしちゃった以上、設定ちゃんとしてほしいわけです。さらに舗道で昂ってあすかを抱きしめる名波、背中に腕を回すあすか、きつく抱きしめあいキス……という流れがあるんですが、一応、名波は人気アナとして「スキャンダルに気をつけろよ」的なことを局で言われてるんですよ。路上でイチャこくなんて、どうぞ撮ってくださいって感じじゃないですか。第四話のバレンタインチョコ渡すシーンも街中で(通行人は皆無)堂々キスしてたし。

 あくる日、いずみ証券とのAIを使った販促プロジェクトで成果が上がっているので、次に3年越しの共同プロジェクトをやることになった、として、あすかはそのプロジェクトへの参加を要請されます。すごく社内で買われている有能な社員であるということですね。ただ3年越しのプロジェクトということは、正式にメンバーとなれば少なくとも3年はあすかの夢である「寿退社」が不可能になるため、あすかは悩みます。「本当は専業主婦になりたいのに仕事に熱中して、10年ぐらい経って『本当は何がしたかったの?』ってなるのもなあ」って。いや、だから、結婚と退社を=で結び付けなくてもいいんじゃないかな……。話の通じないおばちゃんでごめんね。

 一方、小野は莉央と正式に交際することになり、しかもいきなり同棲開始。小野が莉央の住む家に行くため、名波は超豪華な小野のタワマン最上階ペントハウスに一人になります(家賃180万!)。「ここで高梨と住めば?」と提案する小野、太っ腹すぎます。名波も多少は家賃払うとか家事やるとかしろよ……一切何もしてなさそうですけど。ていうか自分の部屋を借りればいいのに。

 テレビ局では名波と神谷が対面し会話する機会が生まれ、名波は先日の「神谷からあすかへの強引なキス」について憤りをぶつけます。すると神谷は逆ギレ。

神谷「あなたに、高梨さんを束縛する権利はあるのかな? 結婚はしないが手放しもしない。都合がいいよね。彼女の立場にたってみたら飼い殺しみたいなもんだよね。だって彼女は結婚を望んでるんだよ? 自由にしてあげなよ」
名波「あんたには関係ない」

 ほんとそれな~。関係ないよ~。「自由にしてあげる」ってなんだよ。誰と交際していようがあすかは自由ですし、自分が好きで名波と付き合ってるわけじゃないですか。神谷の価値観が謎すぎて、恋のライバルとしての魅力が全然見えてきません。

1 2

【早期購入特典あり】Motion(DVD付)(カードカレンダー付)