インタビュー

女性器整形後進国だった日本で、名器づくりに心血を注いだ男/本田昌毅医師インタビュー

【この記事のキーワード】
格闘の日々を語る本田医師

格闘の日々を語る本田医師

 1月に公開した記事「女性器整形でイキまくるボディを手に入れたグラドル、ノーハンドオナニー成功体験を語る!」で紹介し、一部で静かな話題となった、女性器整形。

 グラドルの雨宮瑠菜さんは一体、どんな施術を受けたのか。ベールに包まれたその実態を、日本初の女性器専門美容外科医である、本田ヒルズタワークリニックの本田昌毅総院長が明かした。それは、女性器の歴史との対峙だった――。

なぜ日本には女性器整形がなかったのか

 本田ヒルズタワークリニックは、「日本初 性器専門クリニック」を標榜し、男性専門の形成外科・泌尿器科として開院。男性器の包茎治療をメインに行い、多くの悩める男性たちを救ってきた。そんな本田氏の元に、約10年前、女性からの問い合わせ電話がかかってくるようになった。電話の主たちは、ただただ、真剣だった。

「私、小陰唇が大きいから、小さくしたいんです」
「アソコの色が黒くて、恥ずかしくて……」
「ビラビラが左右非対称で、これって変じゃないですか!?」

 当時、すでに女性器の手術を行っていた美容外科はいくつもあった。ところが、

「美容外科は、痩身やアンチエイジング、豊胸がメインで、女性器の縮小手術は、“その他”扱いだったんですよ。本気で悩んでいる患者さんたちからすると、“その他”を謳う病院には足を向けにくいわけです」

 と、本田氏は振り返る。女性からの問い合わせは年々増えていき、「本田医師のところでできないのなら、他に専門病院はないのか。紹介してほしい」という切望も混ざっていった。

 彼女たちは、口をそろえてこう言ったという。

「なぜ男性器は包茎手術などいろいろやってくれるのに、女性器はやってくれないのだ」

 無視できぬほど大きくなった女性たちの声に背中を押された本田氏は、スタッフ総出で女性器専門医を探した。しかし。

「日本にはいませんでした。その最中、女性器専門のアメリカ人医師のHPに辿り着いたのです」

 彼の名はDr.マトロック。ビバリーヒルズに医院を構える、女性器の美容整形手術では世界一の医師だった。本田氏は一縷の望みをかけ、彼にメールを送った。

<日本はいま、このような状態です。先生、どうか、日本の女性器専門医をご存じないでしょうか?>

 返事はすぐに来た。<バッドニュースですまない。僕は知らない>と。そして、こう続いた。

<ところで、てっきり日本人女性は、女性器で悩んでいないのかと思っていたよ。いやあ何、アメリカはもちろん、他のアジア各国、中国に韓国、台湾だって、女性器専門医がいるのに、日本にはなぜいないんだろう? 悩んでいる女性がいないからなのか? と不思議に思っていたところだったんだ。でも、やはりいたんだな、女性器の悩みを抱えた女性たちが>

 さらに読み進めると、意外な展開を見せた。

<Dr.本田よ、普通は広告宣伝してやっと患者さんに来てもらえるものを、あなたのところには、宣伝なしで問い合わせがあるというんだな。ならば話はシンプルだ。あなたがやればいいじゃないか。その気になればいつでも教えてやるから、ビバリーヒルズにcome on!>

 誘われるがまま、本田氏は一路アメリカへ。小陰唇縮小手術等、男性器でいえば包茎手術に該当する“見た目のコンプレックスを解消する整形手術”を教わるつもりでDrマトロックの元を訪れたのだが、彼が教えるのは、本田氏の発想をゆうに超えるものだった。

「彼が編み出しやっていたのは、『Gショット』という、Gスポットにヒアルロン酸を注入して膨らませ、感度を上げる施術でした。膨らむと男性器との密着度が上がる=感度が上がる、という図式ですね。男性器が小さくても女性が快感を感じられる、ということです。目からウロコだった、こんな治療があるのか、と。日本では、そういう発想はありませんでしたからね」

 発想がなかったのには理由がある。アメリカ人女性が、セックスを“自分が気持ちよくなるためのスポーツ”と捉える一方、日本人女性は“相手に気持ちよくなってもらうもの”という概念が根強いのだ。

 こうして本田氏は、日本にGショットを輸入し、さっそく広告宣伝を打った。

<感度が上がります。※副作用的な効果として、密着度が増しますので相手も気持ちよくなります>

 すると多く訪れたのは、<※副作用>の効果を期待した女性たちだった。

「自分に自信をつけ、パートナーに気持ちよくなってもらいたい」

 そうなると、自分の感度を上げるGショットが、必ずしもベストな施術ではないのでは?……という疑問符が本田氏の脳裏によぎる。

「僕は男性だからわかるのですが、男性器が気持ち良いポイントは“そこ”じゃないんですよね。じゃあ、どうすればいいのか」

 この日から本田氏は、永い永い、女性器探究の旅に出ることとなった。

1 2 3

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。

SVAKOM Nova 膣トレボール 究極の締まり ワインレッド アイマスク無料贈呈