連載

京都・祇園のシングルスバーに潜入! いまいち奮わない関西の相席屋事情

【この記事のキーワード】

mihotantop

みなさんこんにちは、みほたんです。今回は京都のシングルスバーに行ってきました。ちょこちょこと関西のいわゆる男女の出会いを応援するようなスポットをチェックしているのですが、検索した限りでは、京都には相席バーは一店舗しかないようで、恐る恐る行ってみました。

お店は祇園にあり、店内は10席ほどのカウンター席とボックス席がひとつという、一見ごく普通のバー。平日だったので正直人が入っているのかめちゃくちゃ不安でしたが、男性客がひとり(この人はどれくらいひとりで待っていたんだろう……)入店していました。システムは女性が1000円、男性が3000円で飲み放題、店員さんの指示で相席して、だいたい20分ずつお喋りするそうです。特に会員登録などはなく、簡単なプロフィールシートを記入して、婚活パーティよろしくお話する前に相手の方とプロフィールシートを交換して会話するという流れ。

一通り説明されて飲み物を頼んだら、先ほどからずっとカウンターの片隅にいた男性が隣に案内されました。彼一択ですからね。お相手は26歳の公務員。どの辺りに住んでいるとか、お仕事の話を聞きながら会話が進みます。すごく人当たりの良い方で、別に嫌なことは何もなかったのですが……。あのですね……他にお客さんがいないと相席が永遠に続行するようでして。嫌ではない、嫌じゃないけど、盛り上がってるわけじゃない。相手もめちゃくちゃ気を使って喋っているのがひしひしと伝わる。さすがに耐えかねて店員さんに「ここのお店はいつからやってるんですか?」って普通のバーで話題に困った時みたいに話をふりました。

1 2

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 メンバーそれぞれが難点を持つアイドルOTAFUKUガールズの貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~

祇園豆爾 ちょっと昔の祇園町