ゴシップ

櫻井翔「結婚はリスク」発言の真意は? 小川彩佳アナとの密会が“無防備すぎる”という不可思議

【この記事のキーワード】
櫻井翔

ワキ毛は切る派なのかな

 2月27日発売の「週刊ポスト」(小学館)が、嵐・櫻井翔(35)とテレビ朝日の小川彩佳アナウンサー(32)の熱愛を報じている。それによれば、二人は主に、双方の自宅マンションや六本木のテレ朝付近で密会。「ポスト」は11日間にわたって張り込みを続け、2月14日の深夜、仕事を終えた小川アナがテレ朝近くの路地裏に停車していた櫻井の運転する乗用車に乗り込んだこと、翌15日夕方に同じく櫻井の運転する車で出勤したこと、16日夜の飲み会後に小川アナが帰宅すると数分後に櫻井がタクシーで彼女の自宅に乗りつけたことなどを詳報。さらに17日深夜、六本木のテレビ朝日に面する「けやき坂」にて、小川アナと櫻井がほんの一瞬だけの密会をしたという逢瀬現場を押さえツーショット写真を掲載した。

 このスクープの発端は、同誌が小川アナのスキャンダルを追っていたことだったという。すると相手が櫻井という大物だったため、人員を投入し粘り強く追ったようだ。櫻井が決定的な恋愛の“証拠”を撮られたのは初めてではないだろうか。過去、堀北真希らとウワサになったときも、あくまでもウワサであり、証拠写真は流出しなかった。

 小川アナは『報道ステーション』を担当しており、バラエティやワイドショー担当の女子アナとは一線を画すエリートだという。小川アナの父親は慶應義塾大学医学部教授で、櫻井も幼稚舎から慶應で、そのまま同大学に進学・卒業。アイドルではあるが『NEWS ZERO』(日本テレビ系)でキャスターを務めるなど、櫻井もまた、他のジャニーズタレントとは次元の違う存在だといわれている。

 それゆえ互いの家柄を考慮してもお似合いのカップルであること、また、テレ朝が広報を通じて交際を認める異例のコメントを出したこと、さらにどちらも30代であることなどから、結婚を視野に入れた交際なのではないか――と見る向きは強い。SMAP・TOKIO・V6以降のジャニーズグループで既婚者はまだおらず、赤西仁は結婚を機に退所した。しかし前例と照らし合わせれば、嵐や関ジャニ∞はもう、一人くらい既婚者がいても“アリ”なはずの年齢だ。

 櫻井は昨年6月放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)で、嵐の大ファンだと公言する森三中の大島美幸から「結婚はいいものだよ」「アイドルだから結婚できないと言うけど、本当の嵐ファンなら結婚を祝福してくれるはず」「ファンを見くびるんじゃねえ」と、熱心に結婚をすすめられるも、「結婚は仕事にとってリスクだからしたくない」と断言していた。言葉通り受け止めるなら、小川アナとの結婚はまだ無いだろう。まして、SMAP解散を経た今、ジャニーズ事務所を支えるトップタレントといえば、国民的アイドル・嵐以外にない。結婚によるファン離れは必然だからである。ただ、逆に、結婚が仕事にとって「リスク」ではなく「メリット」多き行動に転じるならば、結婚の可能性はあるということでもある。一部のファン離れを容認したうえで、これまでのアイドル像から脱皮して落ち着いた既婚の知性派タレントへ階段を昇るべく、「結婚」というカードを切る……櫻井がそんな計算をしているとも考えられる。

 これまで、強い警戒心でマスコミの追撃をかわしてきた櫻井が、小川アナ宅のベランダに顔を出すという迂闊な行動をしたことや、櫻井に会うまではマスク姿だった小川アナが直後にわざわざマスクを外して週刊誌カメラに顔を向けていることなど、“敢えて”撮らせているように見える節もあり、不可解なこのたびの熱愛報道。嵐でもっとも結婚に近いのは松本潤だと予想されていただけに、ノーマークだった櫻井熱愛にショックを受けているファンも多い様子だが、果たして……。

[PR]
[PR]
anan (アンアン) 2017/01/04ありがとう 2016-17