ゴシップ

魔性と呼ばれた女、葉月里緒奈 久しぶりの女優仕事が「痩せすぎて怖い」!!

【この記事のキーワード】
『刑事夫婦3』撮影時の葉月里緒菜(写真右)/鈴木砂羽Instagramより

『刑事夫婦3』撮影時の葉月里緒菜(写真右)/鈴木砂羽Instagramより

 魔性の女――芸能界にはそう呼ばれる女性たちがいる。誰の顔を思い浮かべるかは人それぞれであろうが、筆者の脳裏にはまず女優の高岡早紀(44)の顔とナイスバディがよぎる。過去に彼女と噂が立った男性は数多く、保阪尚希(元夫)、市川海老蔵、勝地涼、布袋寅泰、松尾スズキ……つい最近はあの松坂桃季との熱愛も報じられていた。松坂と高岡の年齢差は16歳だが、ありえない話ではないと思ってしまう。筆者も一度舞台で生の高岡早紀を拝見したことがあるのだが、もう透明感とオーラが半端ない!! その当時、高岡は30代だったはずなのだが、舞台の上で微笑む彼女はどうみても20代前半にしか見えない若々しさだった。

 ほかにも魔性の女といえば、女優の奥菜恵や蒼井優、演歌歌手の藤あや子などが名前を出される。だが、今でこそ“あの人は今?”の括りに入れられてしまうが、1990年代、伝説の魔性がいたことを忘れてはいけない。やはりこの人の名前無くしては魔性を語ることはできないだろう。葉月里緒奈(41)――90年代に一世を風靡した女優である。

 17歳の時に連続ドラマで芸能界デビューした葉月は、大きな瞳と白い肌、折れてしまいそうな華奢な体型で多くの若者を魅了し、アイドル的なポジションの清純派女優としてデビュー直後から数々のドラマや映画、CMなどに出演していく。順風満帆だった葉月が魔性の女と呼ばれた原因は、なんといっても俳優・真田広之(56)との不倫にあるだろう。1995年、葉月は映画『写楽』で初主演を果たしたが、共演した真田と不倫関係に陥った。当時、真田は女優の手塚理美と結婚しており子供もいたのだが、真田と葉月が恋愛関係になったのは手塚が第2子を妊娠している最中だったという。う~ん、それ人として一番ダメなパターンですよ、真田さん……。

1 2 3

[PR]
[PR]
20代、30代の痩せすぎのあなたが3ヶ月で健康でかつ、素敵な体型になるための10の方法。10分で読めるシリーズ