ゴシップ

「ガチムチ女子好き」 有吉弘行、「恋人の尻を叩きたい」アンガ田中、「自慰を応援されたい」チュート徳井。芸人それぞれの性癖カミングアウト

【この記事のキーワード】
有吉弘行Twitterより

有吉弘行Twitterより

 2月28日放送の『有吉弘行のダレトク!?』(フジテレビ系)で、アンガールズの田中卓志(41)が特殊な性癖を告白していたが、田中だけでなく芸人には変わった性癖の持ち主が多い。売れっ子芸人のド変態な裏の顔を紹介しよう。

 番組で田中は「彼女ができたらお尻を叩きたい」と熱弁。どの程度の強さかを説明するため、その場にいたバイきんぐ・小峠英二(40)のお尻を叩くが、直前に食べたテキーラ入りのラーメンで酔っ払っていたのか、思わず有吉弘行(42)が「おい! 飲みすぎだぞ!」とツッコミをするほどの快音がスタジオに響いた。

 ちなみに有吉も「でっかい女が好き」というマニアックな性癖の持ち主だ。『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)でアメリカのB級映画を特集した時には、たくましい体のヒロイン女優ブルック・ホーガン(父親はハルク・ホーガン)をいたくお気に召していた。学生の頃はプロレスラーの北斗晶(49)やブル中野(49)に女を感じていたとも語っている。「でっかい女が好き」と言っても単に背の高い女性ということではなく、筋肉質で体格がよく全体的に自分(男)よりも大きい女性に性的な魅力を感じるようだ。

 また、現在、未成年との交際(淫行)発覚により活動自粛中の狩野英孝(35)は、同事件に関連して「首締めプレイ」好きであることや、「リスカ痕に興奮する」ことなどが暴露された。

1 2

[PR]
[PR]
アンガールズ単独ライブ「~ゴミにも息づく生命がある~」 DVD