恋愛・セックス

餌を撒くだけで不倫希望男がみるみる寄ってくる!既婚者同士の合コン現場がアツかった

【この記事のキーワード】

「100発100中、喰えるんスよ! マジでウテウテの入れ食い状態! 熱い! ヤバイ! 間違いない!」

 昨年、知り合いの既婚男性Y氏(40代前半)が、テニサーのようなテンションで教えてくれたのが、“既婚者合コン”なる出会いの場を斡旋するサイト『X』でした。一応サイト名は伏せますが、別に怪しい雰囲気のサイトでも、知る人ぞ知る的なサイトでもなく、Google検索窓に「既婚者 合コン」と打ち込めばすぐに出てくる、明るく健全な雰囲気のサイトです。表面上、背徳的要素を醸して不倫を煽るようなことは一切していません。

 不倫の出会い系といえば、数年前に既婚者向け出会いサイト『アシュレイ・マディソン』が大流行&登録者の個人情報流出で大混乱、ブームが下火になったことは記憶に新しいところです。海外からやって来た不倫推奨サイトが沈没した後、男性を中心にふつふつとその名を知らしめていたのが『X』でした。

 システムは非常にシンプルで、月に数回開催される飲み会に申し込み、参加するだけ。当日は、男女各3人ずつが座るテーブルがいくつかがあり、30分ごとに男性陣が各テーブルを順繰りに回るというもの。お見合パーティーの“回転寿司”の、グループバージョンと想像していただけたらわかりやすいかと思います。

 価格は男性約7000円、女性約3000円。開催日は平日や土曜の昼か夜、日曜の昼が多く、「30代から40代前半の日」や、「45歳以上の日」、「年上女性と年下男性の日」、「年収800万円以上の男性の日」といったように、年齢や趣味嗜好により選べるようになっています。

 まず苦労するのが、「申し込むこと」だと、T氏は言います。男性参加枠の約15席を巡り、予約の時点から水面下での戦いが繰り広げられているというのです。

「人気がありすぎて、男性枠は申し込み開始と共に即満員になってしまうんですよ。いつ予約が開始されるかわからないから、毎日30分おきに『X』のサイトを見て、新規申し込みが開始していないかをチェックしていた時期もあります。ここで知り合ったIT系の技術者には、『申し込みが開始したら、自動で申し込みができるプログラムを作った』という猛者もいたほどです」(T氏)

 それほどまでの人気の理由はほかでもない、冒頭にもある通り、「とにかくヤレる。魚影が厚い濃い」(T氏)の一点に尽きるといいます。昨今のお見合いパーティーなどの婚活市場では、男性不足が深刻化しているといった報道もありますが、逆転現象がここでは起こっているのです。いや、逆転ではありません、『X』をチェックしてみると、女性側も開催日の1週間前には埋まってしまいますから、男女ともに人気の高さがうかがえます。

「僕の印象では、子どもも手が離れ、純粋な飲み友達を探しにきた女性50%、夫の浮気の腹いせに自分もヤッてしまおうと企む女性40%、残り10%は、継続的な不倫パートナーを欲している女性です。既婚者同士だから、こういうところに参加している=ヤリ目と認識してOKなんで、話が早いんスよね」(Y氏)

 ギラつき系40代のY氏はそう言いますが、本当にそうなんでしょうか。マジでみんな、そんなにヤリたがっているものなんでしょうか? そこで、既婚・1歳と3歳の2児持ち30代女性である筆者が真偽を確かめるべく、ある土曜の昼下がり、既婚者合コンに参加してみました。

1 2 3

有屋町はる

AVメーカー広報、実話誌編集を経てフリーライターに。現在は週刊誌にて、中年男性目線の芸能記事やピンク記事を中心に執筆中。U15アイドル周辺が好き。

[PR]
[PR]
2050年 衝撃の未来予想