恋愛・セックス

生殖にセックスが必要なくなったら、人はセックスをするのか? 「知っているようで知らない性の健康セミナー」レポート

【この記事のキーワード】
SexSeminar01

「My body is my choice」Photo by Bryan Brenneman from Flickr

“女性らしさ”とはなんなのか? “性”とはなんなのか? 3月8日の国際女性デー前後で多くのメディアが女性に関する情報を発信しました。私もそれらの情報を目にしていましたが、より専門的な視点で語られる“性”に興味を覚え、去る2月26日に開催された、第5回「知っているようで知らない性の健康セミナー」にお邪魔することにいたしました。

 医師や看護師を対象に「現代社会の性問題の最新事情」をテーマに開催されたセミナーでしたが、会場には200名以上が集まり満席状態。“性の悩み”への関心の高さがうかがえました。同セミナーは、一般社団法人日本家族計画協会理事長・北村邦夫氏による、コンドームメーカージェクス株式会社が実施したジャパン・セックスサーベイの解説からスタート。

 同サーベイは全国約5,000人の男女を対象にした、性に関する調査です。セックスの回数から、セックスにかけた時間、マスターベーションの頻度といった性行動の実態から、オカズや前戯の部位など性の嗜好に関することまで幅広くリサーチしています。

SexSeminar02

北村邦夫医師

 今回の調査で特徴的だったのは、セックス経験の割合が20代で男性が57.0%だったのに対して、女性は73.3%。男性の草食化はもはやいうまでもないですが、女性がより活発になっている点です。

 しかしながらセックスをする目的に関しては、男性は「性的な快楽のため」69.2%が最も多かった一方で、女性は62.5%もの人が「愛情を表現するため」と回答しています。また「相手に求められるから」と回答した男性は4.5%でしたが、女性は26%。まだまだ男性主体としたセックスが主流であるように見受けられます

男女間ですれ違う“悩み”

 セックスの悩みについては、男性は「挿入から射精までの時間が短いこと」が最も多い回答に。調査結果をみるかぎりだと女性は挿入時間の短さは気にしておらず、それよりも自身が「オーガズムに達することができない」と悩んでいました。

 たしかに私も周囲の男性からも早漏だから苦労しているという話を聞きますが、男性が気にするべきはそこではないということですね。早漏を気にするのは女性への配慮なのか、はたまた男性のプライドなのかは定かではないですが、男性の皆さまは、自身の息子ばかりを気にするのではなく、もう少し目の前にいる女性の状況を見る余裕を持っていただきたいものです。

 かたや女性の悩みについてですが、個人的にはオーガズムに達する=素敵なセックスかというとそうじゃないと思います。ただ女性が悩んでいるということは、セックスに対しての満足度が低いということ。女性の皆さまはもっと自分の体の状況をオープンに伝えられるといいのかもしれませんね。

 続いて、セックスサーベイおなじみの「セックスの頻度」に関する設問。男性の約4割、女性の約5割が特定の相手にかぎらず1年間まったくセックスをしていないそうです。

 マスターベーションの頻度に関しては、男性は変わらずですが、20代女性の約3割が週に1回以上マスターベーションを行っているという結果が。女性のマスターベーションも決して稀な行為ではなくなってきていることがわかります。素敵な傾向でございます。

あなたの“性”は何ですか?

 サーベイ報告の後は、「誤解だらけ!間違いだらけ!の男女の性」と題した講義です。私がこのセミナーで一番楽しみにしていたもので、第一部は産婦人科医である早乙女智子先生が女性の体について講義し、第二部では川崎医科大学泌尿器科学教室教授・永井敦先生が男性の体についてお話しされました。

SexSeminar03

早乙女智子医師

「mybody is my choice。私の体は私のものなんだ。自分の体のことは自分で決めるんだという、その一言を伝えたくて今日はきました」

と始まった早乙女先生の講義では、社会的な背景にとらわれず、自分自身で自分の性を選択していくことの必要性が語られました。

 昨今、性の多様性については多く語られていますが、「あなたの性はどういうものですか?」と質問をされたら、みなさんはどのような回答をしますか?

 フランスではこの“性”について、200通り以上の回答があったと言います。早乙女先生の回答はこうです。

「性自認は女だと思っています。それを証明したくて子どもも産みました。自分の性的対象は男性に向いています。社会的な役割は男役割でいたいと思っています。ですけれども服装としては女装。今日も究極の女装をしてまいりました。私だけでも4通りのことが表現できます」

 つまり、世間では肉体的な性別を見て「女性とはこういうものだよね?」と論じられがちですが、そうではないということです。子どもを産みたいという意味では女だが、社会としては男性としていきたいなど“性”は個々に存在しており、生まれつきの“性”だけで“性”を語ることなどできないと早乙女先生はいいます。

1 2 3

[PR]
[PR]
セックスレス時代の中高年「性」白書