カルチャー

脳裏に焼きつく…遠藤憲一の金髪&ツインテール!!/『バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第九話レビュー

【この記事のキーワード】
脳裏に焼きつく…遠藤憲一の金髪&ツインテール!!/『バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第九話レビューの画像1

『バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』オフィシャルHPより

遠藤憲一(55)、大杉漣(65)、田口トモロヲ(59)、寺島進(53)、松重豊(54)、光石研(55)<※50音順>のバイプレイヤー6名が本人役で登場している、“渋くて可愛い”が詰まったドラマ、『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』(毎週金曜日00時12分~テレビ東京系で放送中)。

 大杉漣さんがフイルム探しにこだわる理由は、『バイプレイヤーズ』の監督、鬼屋敷さんのためでした。消息不明の鬼屋敷さんでしたが、ある日ソックリな岩松了さんの証言で居場所を突き止めた遠藤憲一さんと田口トモロヲさん。2人が向かった先は、有名人に激似な人が集まる村。やっと見つけた鬼屋敷は今の日本映画界をバカにし未練などない様子ですが、その真意は? やっとフイルムの在りかも判明しますが、一体どこで発見されたのでしょうか。

▼第一話レビュー:やっぱり可愛い大杉漣!おじさんたちのテラスハウスが濃くてハァハァする

▼第二話レビュー:とっくりセーター姿に萌え…遠藤憲一VS松重豊“かぶりキャラ”2人のわだかまりが気になる

▼第三話レビュー:勃つ・勃たないで盛り上がるおじさまたちにニヤけが止まらない! 光石研が文春砲の餌食に!?

▼第四話レビュー:寺島進の股間を握る田口トモロヲ、おじさま達の戯れ!

▼第五話レビュー:大杉漣たち名俳優6人の学生服ダンスが可愛すぎる

▼第六話レビュー:今週の萌えポイントはお揃いの白いガウン

▼第七話レビュー:椎名桔平と北野たけしも参戦!? 名悪役の「バカヤロウ」「コノヤロウ」にシビれる

▼第八話レビュー:ションボリLINEスタンプ連打する大杉漣さんが愛おしい・・・

第九話レビュー

 なぜ、大杉さんは『バイプレイヤーズ』のラストを鬼屋敷監督に撮ってほしいとこだわるのか不思議に思うメンバーですが、大杉さんは1年前の出来事を説明します。飲み屋でバッタリ鬼屋敷監督に会った際、「バイプレイヤーズのラストシーンを撮って、映画を完成させないか」と問いかけた大杉さんの言葉に、戸惑った表情で違う監督に頼むよう返答したといいます。ただ、大杉さんは『バイプレイヤーズ』撮影以降、監督業をしていない鬼屋敷監督に最後までやらせてやりたい、という気持ちは今も変わらないようです。

 大杉さんの話を聞いて「最初から言ってくれればいいのに」と返すメンバーの中でひとり、寺島進さんは「なに言ってんだよ……、聞いたら協力したか? するわけねぇよな。あの人がバイプレイヤーズを終わらせた張本人なんだからよ」と納得いかない様子。寺島さんの言葉で「確かに……」とメンバー。

 10年前、『バイプレイヤーズ』撮影時に記念撮影した鬼屋敷監督とメンバーの写真を見ながら「どう見ても岩松了だろ?」というジャスミン(北香那)。確かに、鬼屋敷監督は映画監督・俳優として活躍中の岩松了さんと瓜二つ。写真を眺めながらメンバーは鬼屋敷監督を思い出します。「周囲を気遣う優しい性格と誠実な仕事っぷりが重宝され、助監督として高く評価されていた」「重宝されすぎてしまい監督になるチャンスに巡り合えないまま50代を迎えていた」という鬼屋敷さん。映画を愛し、誰からも愛されていた彼に映画を撮らせてあげたいと思っていたメンバーは『バイプレイヤーズ』の監督を依頼したという経緯だったようです。当初は「最高の作品にしてみせます!」と意気込んでいた鬼屋敷監督ですが突然、“鬼”と化して、偉そうな態度になり、ラストシーンを変えると言い出して以来、メンバー間でもギクシャクしはじめたといいます。

 ある日、同じ撮影現場にいる遠藤さんと田口さん。現場に居合わせた岩松了さんに「岩松さんにソックリな人がいるんですよ」と話を振ります。どうやら岩松さんは鬼屋敷さんを知っているようで「同じ現場の時は、どっちが役者でどっちが助監督か間違えられた」と過去の想いでを語ります。さらに「あれでしょ? 田舎に引っ込んだとか」と鬼屋敷監督の居場所を知っているらしい岩松さんの情報を元に、遠藤さんと田口さんは、大杉さんの願いを叶えるため“鬼屋敷探し”に向かうのでした。

豪華キャストがチョイと出てくる

 辿り着いたのは、富士山ソックリの山“富似山”のふもとにあるのは、村の人口310人の「栗卒村(くりそつむら)」。急にファンタジーな展開です。タクシーを降りた2人の前を横切った軽トラックを止めて運転手に話を聞こうとしますが、運転席から降りてきたのは……俳優の安田顕さん。遠藤さんは「ヤスケンじゃないかよ! こんな所でなにやってんの?」と驚きますが軽トラのヤスケンは「あ、本物のエンケンさんと田口トモロヲ!」と握手を求めながら、「俺、ヤスケンに似てるって言われんのよ」と返します。激似すぎて「な~に言ってんのよ」と安田さん本人だと疑わない遠藤さんと田口さん。会話の最中、目を向けた先には俳優・村上淳さんと芸人・ダンディ坂野にクリソツな警察官の姿。まだ目の前の出来事を飲み込めない2人は「ねぇ、みんななにやってんの? 芝居の稽古?」と聞きますが、安田さんは「なんか多いんだよね、この村……クリソツが」と。

脳裏に焼きつく…遠藤憲一の金髪&ツインテール!!/『バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』第九話レビューの画像2

『バイプレイヤーズヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』オフィシャルHPより

 にわかに信じがたい状況の中、安田顕さん(似男性)の軽トラックに乗せてもらい、食品サンプルを作る仕事をしているという鬼屋敷さんの元に連れてきてもらった遠藤さんと田口さん。2人に向かって「日本を代表する職人技として認められている」「世界に誇る芸術品を作り出している」と今の自分の仕事に誇りを持っていることを伝えながら「日本の映画はチマチマと……興行収入なんて大人用紙おむつの市場規模とほとんど変わらないって話じゃないですか」「主役ならまだしも、バイプレイヤーって……それを続けてるなんて」と悪態をつき、「あんな仕事はもうイヤなんですよ。私は生き甲斐を見つけましたから」と鬼屋敷さんは立ち去ってしまいます。

1 2

劇を隠す: 岩松了論