連載

メンタリスト・DaiGo監修のマッチングアプリを使ってみた。私にぴったりなのは「餃子男子」らしい…

【この記事のキーワード】

mihotantop

みなさんこんにちは、みほたんです。最近周りにオススメされて、メンタリスト・DaiGo監修のマッチングアプリ『with』を使い始めてみました。前々から存在は知っていたのですが、HPを開くと早速DaiGoが現れ『3つの中からひとつ、好きなボールをタップしてください』なんてページが出て来るんですね。いやぁ、何となく「心理学? メンタリズム? 胡散臭くない?」って感じでダウンロードを踏みとどまっていたのですが、友人に「心理テストやるだけでも面白いから!」と言われて渋々やってみると……他のアプリとの差が結構あって面白かったです!

基本的には普通のマッチングアプリと同じく、プロフィールを検索したり、相手から「いいね」をもらったりして異性を探すのですが、プロフィールの共通点や性格分析の結果から“アプリがはじき出した相性が合う人”を特にオススメしてくれます。共通点の項目は、自分が入力したプロフィールの他に「好み」という「好きな映画」「英語勉強中」「インドア派」とか自分のアピールしたい好みや趣味をチョイスすることも可能です。この「好み」とはPairsにも似たような機能がありますが、mixiのコミュニティみたいなグループを作れるシステムです。

「好み」のグループについては「少ない順」に表示させて、参加者がひとりのものを見るとなかなか楽しいです。「キャストパズルが好き」とかニッチすぎません? 「人生が好き」とか深すぎません? っていうか、参加者ひとりのグループに突っ込んで行くなんてめっちゃ勇気いりますよね。「2人しかいませんし、仲良くしましょう」って擦り寄られるのも怖いし、逆に何のアクションもなかったらちょっとショックかも……などと考えながら、入る気もない少数派の「好み」を眺めるだけでも十分楽しめちゃったり。ちなみに、やっぱり心理学や占い系が人気です。

そして最大の特徴である「性格分析」! いくつかの質問に答えることで自分の性格タイプがわかります。常に表示されている基本分析の他にも、ちょこちょこイベント的に新しい診断が更新されます。私がやった時は「食べ物診断」というものがあって、草食系肉食系から派生した「ロールキャベツ男子」などの中で、自分に合う男性のタイプを教えてくれるのです。ちなみに、私にぴったりなのは「餃子男子」でした。「中を開けてみても肉なのか野菜なのかよくわからない雰囲気の男性」らしいです。なんか、あんまり幸せになれそうにないな、おい。

1 2

みほたん

自分の恋にはとびっきり不器用な自称恋愛マスター。 これまで恋愛についてあれこれネット上に書き散らかし気付けばアラサーになっていた。趣味はネットサーフィン、特技はネットストーキング。 難ありアイドル『オタフクガールズ』の貧乏担当としても活動中なので、そろそろ玉の輿永久就職をきめるべく日々出会いを探している。

twitter:@fukumoco

上京しました~お貧乏で大都会~

当たりすぎてつい眠れなくなる心理テスト: 大事なこと全部! 自分もあの人も見抜ける50問 (王様文庫)