カルチャー

離婚後「わが子に会えない」と苦悩する片親たち。日本の離婚システムの欠陥とは/西牟田靖×枡野浩一トークイベントレポート

【この記事のキーワード】
【完成】子連れ離婚後「わが子に会えない」と苦悩する片親たち。日本の離婚システムの欠陥とは/西牟田靖×枡野浩一トークイベントレポートの画像1

(文禄堂高円寺店にて)

 片方の親が子どもを連れて去っていき、どうにか子どもと会おうとしても、「あなたをお子さんに会わせるわけにはいきません」と警察や行政機関や弁護士などから告げられてしまい、苦しみ悩む親たちがいる。そのような“わが子に会えない”父親たちの生の声を集めた本が西牟田靖さんの『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』(PHP研究所)だ。

 西牟田さんが本書を書く契機になったのは、まさに西牟田さん自身が、「離婚後に、わが子に会えない父親」になってしまったからだった。

西牟田「幼い娘に会えなくなったときは、まるで自分自身の両手両足がもがれたような気持ちになりました。自分の身体の一部分がどこか欠損してしまったような……。辛くて辛くて、体重も一挙に10キロ程落ちましたし、ショックからか、未だにその頃の記憶が部分的に消えているほどです」

 西牟田さんは、「わが子に会えない親たち」の集う「交流会」の存在を知り、参加する。そこには「なぜ、自分の子どもに会うことが許されないんだ? なぜこんな理不尽がまかり通っているのか」と訴える多くの親たちがいた。そしてその多く――8割から9割は「父親」だった。

 この状況に違和感を覚えた西牟田さんは、2年半の年月をかけ、わが子に会えなくなってしまった多くの父親たちを取材し、『わが子に会えない』を書き上げた。同書の中で、「わが子に会えない」理由として最も多く父親たちが語っているのは「DVえん罪」の問題だ。

 DVとは「ドメスティック・バイオレンス/家庭内暴力」のことである。DVには直接的な暴力行為だけでなく、精神的暴力や経済的暴力(=生活費を渡さない、ギャンブルや酒等に生活費を浪費する等)も含まれる。『わが子に~』の記述にもあるが、『配偶者暴力支援センター』に寄せられたDVの件数は2015年度において11万1630件あり、相談者の99.5%が女性である。つまりDV被害者のほとんどが女性であり、加害者が男性であるとされるのが、現在の日本での現状認識といえる。

 DVは被害者の心身を深く傷つける、決して許されない行為だ。その実状を踏まえたうえで、同書の取材を受けた父親たちが訴えているのは「我々はDV加害者ではない」ということだ。彼らは離婚に際し、身に覚えのないDV行為を妻側に捏造され、それを理由に離婚後の父子面会を拒否されていると主張する。本には次のような父親たちの言葉が生々しく記されている。

「DV夫だとか、そういったありもしないウソを実名入りで、弁護士会や警察、子どもらが通っている保育園や役所にばらまいたりするんです」(二戸敦さん/仮名/44歳)

「そのころ妻は私をDV夫として仕立て上げるべく様々な準備を行っていたことが後になってわかりました。DV等支援措置の申請相談書類を見たんですが、そこには陳述書と同様にありもしないことが書き連ねてありました。肉体的DV、精神的DVに経済的DVといった具合にDVのフルコースです。妻は保健所や警察署に相談に行き、ありもしない被害を口にしていたんです」
「『暴力を受けた』と言った者勝ちなんです」
「裁判でDVの認定が却下されたというのに、行政や警察は妻のいうことをすべて鵜呑みにして」
「本当に私が暴力を振るったんなら刑事事件として立件すればいいんですよ!」(長谷川圭佑さん/仮名/44歳)

 その他、元妻の親が絡むケースや、宗教団体が背後にいるケースもあった。

西牟田「父親に子どもを会わせない側の意見としては、『DVを振るう男、養育費を払わない男に子どもを会わせるなんてとんでもない!』というものがあります。それはわかりますが、一方でそうじゃない男が罪をでっち上げられて“会えない”状況もある。DVはしていない、養育費も払っている、けれど子どもに会えていない父親/男性というのも、確かにいるんです。
本の取材を受けてくれたのは、『なぜ自分の子どもなのに会えないんだ!』『この理不尽さを聞いてほしい!』という社会的意義・怒り・意識を強く持っている父親たちです。でも彼らの本心を突きつめれば、やはり『とにかく、わが子に会いたい!』の一心なんです」

1 2 3 4 5

枡野浩一

歌人。1968年東京生まれ。小説『ショートソング』(集英社文庫)ほか著書多数。短歌代表作が高校の国語教科書(明治書院)に掲載中。阿佐ヶ谷「枡野書店」店主。二村ヒトシさんとのニコニコ動画番組『男らしくナイト』(第1回は9/24夜)、中村うさぎさんとのトーク企画『ゆさぶりおしゃべり』(第1回は10/7夜)など、最新情報はツイッター【@toiimasunomo 】で。

@toiimasunomo

note

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち 愛のことはもう仕方ない